土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
昭和の巨星、逝く
0

    モンキーパンチさん死去 肺炎のため 81歳「ルパン三世」原作者

     

    アニメは70年代からスタートし、未だにTVスペシャルや新作映画、アニメが作られる、ある意味国民的アニメといえるかもしれない「ルパン三世」の生みの親、モンキーパンチさんが亡くなられたとの事。実はアニメ版は原作版とは結構違っていて、例えばアニメ版ではあまり有能に見えない気がする銭形のとっつあん、原作ではかなりのキレ者でルパンもかなわないレベル。しかもアニメではルパンの事をどこか認めている様な部分があり、馴れ合い的に協力する事もありましたが、原作の銭形警部はルパンをむしろ憎悪し逮捕の為に卑劣な手も厭わなかったり…実はモンキーパンチさん、アニメの銭形警部の扱いに不満を持っていたんだとか。

     

    「ルパン三世」と言えば、少し前に小栗旬さん主演で実写化されて話題になりましたが、それ以前にも…

     

    「ルパン三世 念力珍作戦」

     

    こんなのが。(笑)

    でもこの作品、原作はもちろんモンキーパンチさんですが、企画で赤塚不二夫さんの名前がクレジットされているんです。どういう経緯なんでしょ。

     

    ともあれ、お悔やみ申し上げます。

     

    更に…

     

    漫画原作者の小池一夫さん逝く…

     

    実はモンキーパンチさンとはかつて「漫画アクション」で「子連れ狼」と「ルパン三世」で人気を競い合っていたンだそうです。そンな2人が平成を跨いで令和が始まる直前に、ほぼ同時期に亡くなる…というのは何だか時代というものを感じてしまいます。

     

    小池一夫さンは「子連れ狼」「実験人形ダミー・オスカー」「傷追い人」「クライングフリーマン」といった数多くの傑作劇画を世に送り出した事で知られますが、麻雀やゴルフもプロ級だったンです。麻雀では「夜王」の井上紀良さンが描いた「脱衣転生」という麻雀漫画で本人了承の元、ラスボスとして登場するンですッ。

     

    こんな感じです。(よくオッケーだしたよね/笑)

     

    ゴルフでは自身が創業した出版社からゴルフレッスン誌「ALBA」を刊行して自身も叶精作さんとのコンビで「新上ってなンボ!!太一よ泣くな」という漫画を連載していました。この漫画、すンごい面白いんですよ、ええ。ゴルフに多少興味あったりする人は是非読ンで欲しい作品ですッ。

     

    他にも、「小池劇画村塾」にて今も一線級で活躍するクリエイターを多数育てた事でも知られますッ。

    個人的には、最近の作品とかにも積極的にアンテナを伸ばしていたのが凄く印象的でしたッ。もう大御所と呼ばれる存在なのに、まだ先を見据えていると言いますか…生涯勉強、というのを地でいった人、という印象がありますッ。

     

    先生の原作漫画、私の本棚には沢山並ンでいますッ。

    素晴らしい作品の数々、ありがとうございましたッ。

     

    この場を借りて、お悔やみ申し上げます。

    | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:59 | comments(3) | - |
    時事ネタ
    0

      先日、何気なくホテルでテレビをつけていたら、芸人のカズレーザーさんが自衛隊のファンで、憧れのCH-47チヌークを見に行く…という企画がやってたんですが…いいなぁ…芸能人は特例とか通って。

       

      …でも、私だって木更津で仕事した時にチヌークが地上でブンブンローターを回しているすぐ隣で仕事した事があるんだい!!

      対戦車ヘリのAH-1Sコブラとか、タグテッド式のテールローターが特徴の観測ヘリ・OH-1が訓練で低空飛行やホバリングしてるところも間近でみたんだい!!(笑)

       

      仕事で自衛隊とかの基地関連施設に行くとこういうのが楽しくってなぁ…でも最近、あんまりそういう物件に当たらなくてなぁ…。

       

      で、テレビ関連で言えば、ジブリの「風立ちぬ」が地上波初放送だったんだそうで。

      …いや、やるのは知ってましたが、見ませんでしたよ、ええ。

       

      宮崎駿「風立ちぬ」が"戦争賛美""最高傑作"と物議…百田尚樹は「嘘ばかり」と酷評

       

      …ん〜、戦争賛美とかそういう意見はどーでもいいんですが、主人公の声に庵野氏を起用…という時点で、「何考えてんだ?」という感想しか持てなかったので、いくらホテルに戻ってしまったらヒマ…とはいえ、わざわざ見る気は起きませんでしたね、ええ。そもそもワタクシ、ジブリの作風はなんだか根本的に合わず、「紅の豚」以降の作品は1つも視聴してないんですけどね。

       

      まぁ、劇場公開時に喫煙シーンが多いせいで嫌煙家から叩かれた…という話を聞いた時は正直、呆れたのは覚えています。

      世の嫌煙家…いや、嫌煙家に限らず、例えば、何かというとすぐに女性蔑視とか女性差別と騒ぎ立てる人達とか、漫画やアニメ等の規制推進に熱心な人達とか、自衛隊に対して憲法違反、即時解体とか叫んでる人達たちとか…類型が沢山いるんですが

       

      「この人達は対象に親でも殺害されたのだろうか…」

       

      なんて事を率直に思ってしまいます。

      確かに、喫煙行為と言うのは本人のみならず受動喫煙により他者にも健康被害を与えかねないものではあるんですが、アニメや映画、ドラマで登場人物がタバコを吸った所で誰も健康被害を受ける訳ではない…さらに言えば、映画にある大学生が「タバコをくれ」というシーンが未成年者の喫煙を助長していて未成年者喫煙禁止法に抵触する云々、という日本禁煙学会とやらが出したコメントには何と言いますか…ひたすら頭悪いなぁ…と。

       

      よくyoutubeなんかで、イスラム教徒だったり黒人だったりの外国人が日本へ来た際に、みな平等に差別なく自分を扱ってくれて嬉しかった、日本は差別のない素晴らしい国だ…みたいな日本賛美動画がありますよね。

       

      …どこが?と思います、ハイ。

       

      女は何かというと女性蔑視」だ「男尊女卑だと騒ぎ、対する男も混雑時に女性専用車両とか優遇し過ぎだと反発。

      喫煙者は、百害あって一利なしの歩く公害とされ不当に税金を搾取され、若者はゆとりだなんだと老人から理不尽な言動を浴びせられ、老人は老人で老害だのと非難され…誰もかれもが攻撃できる対象を探しているかのようです。

       

      こんな日本の現状のどこら辺が、「差別のない素晴らしい国」なんだろうか、と。

      | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:24 | comments(2) | - |
      時事ネタ
      0

        こんなのが話題に。

         

        「国籍変えろ」クイズ番組で徳光和夫、回答者に暴言を吐き物議に またも"若者を馬鹿にしている"の声

         

        出張先でやる事があんまりないので、普段見ないテレビとか時計代わりにつけているんですが、件の番組もちらっとだけですが、見ました。まぁ…徳光氏の発言は見ていないんですが、例えば「24時間テレビ」なんかで感極まって泣いている姿とかが印象的なので、涙もろい、情に厚い人…という印象を持っている人もいるのかも知れませんが、結構な頻度で暴言まがいの発言をする人、という一面も結構有名かと思います。

         

        絶対に許せない!徳光和夫の暴言集

         

        …こんなまとめもある位です。主に狂信的な巨人、長嶋愛からの発言が多いですが。

        まぁ、最近は旅番組などでもしょーもない地の一面が出ちゃってるみたいですが、しばしその発言がネットを中心に騒がれるテレ朝の玉川徹氏然り、日本維新の会所属の元フジテレビアナウンサー長谷川豊氏然り…いい大学出てテレビ局という一流企業に入社している…言わばエリートの筈なんですが、その発言の節々が「お里が知れる」と言いますか…そういう人は少なくない訳です。マスコミ各社は政治家の失言とかよくネタにいますが、そういう報道が出る度に、そういうしょーもない発言をする奴等はお前らの仲間にも沢山いるけどな…と思ってしまいます。

         

        言うなれば、「頭は良いけどバカ」といった所でしょうか。

         

        特に長谷川氏など…あんな発言した奴をよく日本維新の会は公認したよな、と。世を憂う思いからだ、問題提起だった、悪意はないとか色々擁護もされているみたいですが、自身の発言の真意がちゃんと伝わらない、という時点で政治家としての資質に疑問符が付くだろうに。強い言葉のみを抽出され誇張されたのが原因…というならそれはアンタがいたマスコミの常とう手段だろ、という話ですし、そもそも威勢よくカッコつけた物言いしている割に、最後は論点ずらして誤魔化したり幼稚な言い訳してる態度からしても、仮に当選したところで何らかの不祥事起こすんじゃないか…なんて危惧してしまうんですが、私は。

         

        さて、本題ですが…

        「若者を馬鹿にしている」という件ですが…知らないことは罪ではないし、知らなければ知っていく努力をすればいいだけの話。知らないからと言って一々バカにする必要はない訳で。多分番組に参加していた芸能人は別の意味合いで言っていたんだと思いますが、なんでこんな番組が成立したのかが疑問。

         

        そもそも、「平成生まれ」が「昭和生まれ」の常識に疎いのと同じくらい、「昭和生まれ」が「平成生まれ」の常識を知らない、分からないってケースはある筈。実際、甥っ子とかがスマホとか達者に使いこなしてるのを見て私なんか「スゲェな」…と思いますから。私のスマホなんて、アプリを1つも追加インストールしてない状態で「月々通信料がとられる目覚まし時計」ですから。(笑)

         

        仕方なくガラケーからスマホにはしたものの…キョーミないんだもの、スマホに。ケータイなんて緊急時に電話掛けられればそれでいいんで。ですから番組内で「そんな事考えた事無かったから知らない」という若者を、私は笑えません。一緒ですからね、キョーミないから鶏肉が何の肉か知らなかった若者も、キョーミないからスマホが目覚まし時計な私も。ましてやそれを

         

        「今時の若いもんは」

         

        なんて言ってるんじゃあ、少なくとも「尊敬される年上」ではないよな、と。

        若者を、未熟な者を馬鹿にして笑う前に、自身が敬意を持たれる年長者でありたいな、と私などは思うのです。

        | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:12 | comments(0) | - |
        訃報
        0

          医療ネタ漫談に下ネタ駆使/ケーシー高峰さん略歴

           

          医事漫談でお馴染みのケーシー高峰さんがお亡くなりになりました。

          私はお笑いファンではないですし、最近のお笑い芸人は良く分かりません。ですからM-1グランプリだのR-1グランプリだのには関心がないですし、ましてや人気芸人をひな壇に座らせる系統のバラエティーにも魅力を感じません。好きなのは「初笑い」的な正月の演芸特番とかで出て来る様な…松鶴家千とせさん、堺すすむさん、マギー司郎さん、昭和のいる・こいるさんとかですかね。

           

          あ、余談ですが昭和のいる・こいるのボケ…気のない相槌でお馴染みの昭和こいるさんは日本大学芸術学部音楽科中退ですが、実はガンダムオタクには「哀戦士」でお馴染みの井上大輔さんと同期だったりするんだそうで。

           

          ネタが好きなのは…もう20年、いや30年前から「笑点」の大喜利の前でネタを披露している様なベテラン、古典的なネタをやる芸人さん。その中でもケーシー高峰さんの、黒板、もしくはホワイトボードに書きなぐりながら、独特の間で展開する医療に時事ネタや下ネタを取り込んだ漫談…凄く好きだったんですよね。

           

          失礼な物言いですが、胡散臭い風貌のおっさんが白衣を着て…それだけでもう、マトモな医者のイメージは皆無。そんなニセ医者なのかヤブ医者なのか…という風体からしょーもない下ネタやら意外に切り口鋭い時事ネタ、社会批判的なネタが医療用語に引っ掛けて語られる…もう、ケーシー高峰さんでしかありえない、真似できないオンリーワンの芸風だと思います。

           

          そういえば「笑点」の大喜利の方でもしばし…やはりヤブ医者的なイメージとしてケーシー高峰さんの名前が割と出ているんですから、コレ…考えてみれば凄い事ですよね。医事漫談のケーシー高峰、というイメージが完全に定着しているって証拠な訳ですから。

           

           

          間違いなく、昭和を代表する芸人の1人でしょうね。

          ケーシー高峰さん、あなたのネタが大好きでした。

           

          この場を借りて、お悔やみ申し上げます。

          | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:12 | comments(0) | - |
          時事ネタ
          0

            先ずは業務連絡。

            また出張が入りますので、明日以降は更新がおろそかになると思います。

             

            明日は早いので今日は軽めに

             

            「自分で運転しろ」「時間に余裕を」タクシー運転手にクレームも批判された芸能人3人

             

            まぁ、タクシーの運転手に対して不満とかがあったんなら、SNSとかでつぶやく前に個人でもなければ大抵顧客アンケートとかがあるから、それに不平不満書いてその会社に出す方が建設的でしょうね。特に人一倍「見られている」のが芸能人な訳ですからね。

             

            ただ、文句言うな、とかいうのは違うと思いますわ。

            特に、遠回りに関しては料金を不当に釣り上げていた可能性だってある訳ですし、会社に所属しているとはいえ基本的に1人で業務に就くタクシーですから、客と運転手の間でいかな問題が起きているか…なんて事は言わなければ会社は分からない部分もある訳で。SNSやテレビで発信してしまう…というとまた話は若干変わってくるかもしれませんが、別に運転手の実名やタクシーの会社名出して批判してる訳ではないのなら、業界全体に対する不満として、今後のサービス向上に繋がる部分もあるでしょうし。

             

            もっとも自分が文句書いておいてそれを批判されたから今度は「彼氏だけに言おう」等と書き込んだ大島さんという方は、正直対応が…タクシー運転手に対して「タメ口」なんて礼儀に関するクレームを入れる割に、稚拙といいますか、ガキっぽいなとは思いますが…まぁ、元秋元軍団の構成員みたいなので、二十歳そこそこなのかも知れませんから…まぁやむなしかもなぁ…。ただ愚痴聞かされる彼氏もたまったもんじゃないだろうに。女の愚痴程男にとって面倒なものはないですから。

             

            私自身はタクシーは殆ど使いません。でも、タクシーに不満はあります。

            特に都内で夜の時間帯に走っているタクシーに多い気がしますが…割と頻繁に遭遇するのが路上駐車をしている車の横にハザードランプつけて停車し、客を拾うタクシーです。コレ、後続車にとっては迷惑&危険でしかありません。その路上駐車した車をパスしてから歩道に寄せて停車…とかではなく、只でさえ路上駐車で1車線塞がっている状態で更に車線を塞ぐような停め方をするんです。他にも、交差点過ぎてすぐ…横断歩道のある辺りでイキナリ客を拾おうとしたり…ちょっと自分本位な運転と言うか、客の拾い方をするドライバーが目立つ気がするんですよ。

             

            しかもコレ、客に気づいてイキナリブレーキ&ハザードランプ…というケースも多くて、後続の車は軽く急ブレーキ踏む羽目になったりして危ないんですよね。只でさえ交通量が多く、路上駐車とかも多い土地柄なんですからコレは勘弁願いたい。まがりなりにも運転のプロな訳ですから。

             

            まぁ、すぐ停まらなかったらそれはそれで今度は客からのクレームが来て、自分達の客であるそういった客のニーズを優先しているのかも知れませんが…それで事故になったらおしまいですからね。

            | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:55 | comments(0) | - |
            時事ネタ
            0

              世間では新しい元号が話題ですが、私はコッチの方が気になります。

               

              【東京五輪】東京五輪で首都高渋滞1.8倍 物流業界「時間変更厳しい」 都と組織委「対策なければ」

               

              だ〜か〜ら〜私は東京の五輪誘致反対だったんです。こうなるの分かり切ってましたもの。

              「在宅勤務の推進」とか「勤務時間の変更」とか…簡単に言いますが、ホワイトカラーは良いですよ?でも工事現場とかのブルーカラー系の仕事は「在宅勤務」なんて出来る訳がないし、「勤務時間の変更」とか…重機使っての工事はそうそう夜勤なんか出来ませんわ。道路工事とかならまだしも、民間の建築物件なんかでは夜勤体制で仕事すれば照明設備等の設置やら、勤務時間変更による人件費とか、諸々かかる費用は誰が持ってくれるの?って話でしょ。施主が東京五輪に工期が重なるからってその分上乗せしてくれる筈もなく、だったら都や組織委が補填してくれるのか?そんな訳ないでしょ。

               

              そうすると、工事に携わる企業が分担して負担する羽目になるのが目に見えてるんだよね。それに、「夏季休暇の取得」とか言うけど、工事を請け負う業者で働く職人とかは、ホワイトカラーとは違って日給月給制…一日幾ら、という雇用形態が多い訳で、働かなきゃ金にならん訳で、無理やり休まされても会社は職人にその分の給料面倒見る事は…よっぽどの事が無い限りないです。そうしたら生活が立ち行かなくなるのよ、オリンピックのせいで。

               

              実際、長野出身の知り合いは長野の冬季五輪の時は仕事を強制的に休みにさせられた…なんて話も。その期間の給料が補填されていたのか…多分、されてないんでしょうね。

               

              あ〜、やだやだ。

              目先の経済効果だの色々言われてますが、お祭り騒ぎの浮かれた世論と裏腹に、私みたいな末端の人間は確実に実害を被る羽目になりそうです。

               

               

              萩原健一さん死去「呼吸音が今も耳に」「少年の頃の憧れ」…悲しみのコメント続々と

               

              萩原健一さんは、正直世代ではないんですが、それでも「太陽にほえろ」の再放送とかで見たマカロニ刑事の何とも言えない抜群の存在感は印象的でした。この場を借りてお悔やみ申し上げます。

               

              合わせてこんなのが

               

              乙武洋匡、マスコミに「素朴な疑問」萩原さん死去で「『カリスマ』と持ち上げ…」

               

              まぁ、これは「それがマスコミのやり口」だからでしょう。

              ベッキーから始まる不倫騒動もそうだし、ピエール瀧容疑者や新井浩文容疑者にしても、マスコミが「国民の代弁者」気取って身勝手な正義を振りかざし扇動するのはいつものこってすわ。コイツとかそういう勘違い、驕りの最たる例でしょ。少なくとも新聞記記者は選挙で国民に選ばれた訳ではないんですから。

               

              それと、神道仏教とか関係なく、故人を冒涜するような行為や発言をする事が日本人の美徳とか精神とか…そういったものに反する事だから、故人を必要以上に貶める事はしない、言わないんだと思います。

               

               

              声優白石冬美さん死去 82歳 「巨人の星」星明子役

               

              「巨人の星」の明子姉ちゃん、「機動戦士ガンダム」のミライさん等、数多くのキャラクターの声を担当した大御所声優さんがまた一人、亡くなられました。

              優し気なお姉さん風のキャラクターが印象的ですが、「無敵鋼ダイターン3」のトッポや「怪物くん」の怪物くんといった少年役もやったりと幅広い役柄を演じた方ですが、個人的に印象に残っているのは「伝説巨神イデオン」のイフホム・カーシャですかね。白石さんの声というとミライさんの印象が強かったので、我と気が強いヒロイン格のキャラクターで、あの声でギジェに対して等はかなり辛辣な物言いをするので、妙に印象に残ったんですよね。イデオンに搭乗して死んだ…というキャラクターが多い中、カーシャは最終局面で逆にイデオンを降りて、ソロシップの中にある林でカララやその子供・メシアを守って死亡したのも印象的でした。しかも…蜂の巣ですからね、ええ。

               

              この場を借りてお悔やみ申し上げます。

              | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:45 | comments(0) | - |
              時事ネタ
              0

                コレ。

                 

                胸に刺さりまくるマツコ・デラックス金言集「自分を貫けば、愛や恋と同じくらい満たされる」

                 

                「ヨイトマケの唄」で知られる美輪明宏さんもそうですが、自分自身のどうしようもない根本の様な部分が原因で、世間から好奇の目で見られ、差別や迫害に近いものを経験してきた人な訳ですよね、同性愛を公言なさっている方々は。こういう人達の弱い立場の人、悩みを持つ人へのアドバイスというのは、やっぱり重みがある気がします。

                 

                考えてみれば、よく本なんかで「年商何億の成功者が語る人生の成功させる秘訣」みたいな奴がありますが、個人的な意見、と前置きしますがこんな類の本読んだところで大した意味はないし参考にもならないと思うんですよ。成功したが推す成功する手法、なんてものは、結局はその人が成功したやり方でしかない訳で、そんなもの、その著者と生まれも育ちも資本力も環境、時代背景…更にはコネやら能力やら性格やら…それぞれ全部違っている訳で、一概に「こうすれば必ず成功する」なんて事を言える筈がないんです。ですから、私はこの手の本を人に勧められて数冊読んだ事があるんですが…感想は「だから何なんだ」というものしかなかったんですよね。

                 

                その点、自身が同性愛…に限りませんが、どうしようもない部分から虐げられた経験のある人達の言葉というのは、同じく弱かったり、人知れず悩んでいたりする人にとっては「自分に寄り添ってくれた言葉」と受け止められるのではないかな、と。だからこそ大学教授だの敏腕経営者だのスポーツ選手だのの言葉より、響くんじゃないかと。

                 

                そんな訳で、私は新卒の時に先輩にキャバクラに連れていかれた事があったんですが、正直「高い金払ってこんなもの…何が面白いんだ?」という感想しか持てず、ありがちな夜の街でホステスとかホストが繰り広げる類のドラマとか、全く無関心なんですが…所謂「ニューハーフパブ」とか「オカマバー」的な所にはキョーミがあったりします。話とか絶対面白いと思うんですよね。(笑)

                 

                それはともかく、記事内にもありますが、

                 

                「やらずに後悔するより、やって後悔する方が良い」

                 

                という奴…よくドラマとかでさ…例えば転校したり余命いくばくもない女の子に、告白しようと決心した男が言ったりする台詞ですが、この言葉…私は大嫌いなのです。

                「買わずに後悔より買って後悔」という言葉は逆に大好きで、よく散在する自分への言い訳に使わせてもらってますけれども。(笑)

                 

                だって、結局何やったって後悔はするんですよ、絶対。人間は欲深い生き物。一時選択により幸福を得たとしても、またすぐ次の欲求が生じてそれは不満として跳ね返ります。そして順風満帆全てが順調な道などある筈もない訳ですから、やる事を選ぼうがやらない事を選ぼうが…後悔ってのは絶対について回るんですよ。

                 

                仮に「やらずに後悔よりやって後悔」と恋人にプロポーズをしたとします。

                 

                …彼女に結婚申し込まず、結局独り身で燻り、仕事から深夜、真っ暗なアパートに帰宅して、途中のスーパーの見切り品の弁当と缶チューハイでも飲みながら…「あの時彼女に告白しておけば違う人生になっていたのかも知れない」と…こんな後悔は嫌だ、とプロポーズしたものの、現実は甘くなく、結婚はしたものの些細な事で喧嘩ばかり。好き合って結婚した筈なのに今となっては相手の悪い面ばかりが目に付いてくる…今日も喧嘩して夕食を1人で済ます羽目になり、カップ麺すすりながら思うんですよ。「プロポーズなんてしなきゃ良かった」って。

                 

                どっち選んだって、絶対後悔しないなんてのはあり得ないんです。そしてどちらを選んだ時の方が公開の度合いが重いか、軽いかなんてのは、その時になんなきゃ分る筈もないんですわ。そういう意味ではマツコ・デラックスさんの「どっちでもいい」という結論は理にかなっていると思うんです。

                 

                 

                それともう1つ、記事内の「ネットの書き込みとほぼ変わらない事を、大きなメディアがし始めちゃった」という奴…コレ、分かります、ええ。例えば最近巷で再び巻き起こっている不謹慎動画…バカッター、バカスタグラムって奴ですが、以前も書きましたが、コレを盛んに顔をモザイク処理した奴を繰り返しテレビ等が流す必要性を私は感じません。

                 

                そして、「ツイッターやインスタグラム、ブログで芸能人がこんな事書いて炎上」というのも最近…そんなにテレビみていないつもりの私ですら目につくレベルですし、ネットに至っては同様の記事の他、「タレントの誰々がテレビ番組でなにがしと発言」みたいなものまで一々記事にする…この必要性も、私は感じないんです。「坂上某、松本某の発言を逐一チェック」なんて売り文句のネット記事もありましたが…だから何だ?って話ですわ、正直。

                 

                コレ…ある意味「マスコミが炎上に加担」している事に他ならない訳で、人気タレントに関しての暴露をネタに知名度を上げようと画策するグラビアアイドルやら、政治的な頓珍漢発言とかを連発して批判されれば無駄にいきり立つ炎上芸人みたいな奴等が出て来る跳梁になっている訳でしょ。ただただ不快感を世間でまき散らす事が、一種の「芸」みたいになっちゃってる…昨今のワイドショーやらネットや雑誌のゴシップ記事のありようが。

                 

                そしてネット記事に関して言えば、タイトル詐欺みたいなものまで最近増えてます。例えばコレ。

                 

                月9「トレース」最終回直前!関ジャニ・錦戸の"超肉食系"秘話

                 

                このタイトル読んだら、ジャニーズは山口メンバーの件然り、そして肉食系と言われている金髪チャラ男の度重なる不祥事とかから、女性関係のトラブルとかを連想してしまう人も多い筈。でもタイトルから抱きがちなイメージとは違い、記事の内容はスキャンダラスさの欠片もない、割とほのぼのとした逸話だったりする訳で。

                 

                …往年の東スポかよ!!ってなりますよね、ええ。

                まぁ、この記事の場合はまだネタに出来るだけいいんですが、いい加減「ネット普及による情報媒体の過渡期」なんて言い訳は出来ないと思うんですよ。

                 

                今のマスコミ、芸能界…「矜持」を見失っている気がしますわ。

                | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:42 | comments(0) | - |
                条件反射的に書いちまった
                0

                  農水省係長、高校生のスカート盗撮で逮捕・埼玉

                   

                  注目して欲しいのは容疑者の名前。

                  エスカレーターで自分の前にスカートの短いJKを見つけて

                   

                  「私もよくよく運のない男だな。仕事が終わっての帰り道であんな獲物に出会うとは…」

                   

                  なんて言いつつ、スマホをスカートの中に突っ込みながら

                   

                  「見せてもらおうか。JKのスカートの中身とやらを」

                   

                  とか思ってたんですかね。

                  それで今は拘置所で

                   

                  「認めたくないものだな…自分自身の、エロさ故の過ちというものは…」

                   

                  なんて言って、それで怒った警官に叱られて、

                   

                  「サボテンが…花をつけている…」

                   

                  とか言い出したりして。(笑)

                   

                  ちなみにホンモノ…というか、シャアを演じた池田秀一さん、飲み会で電話で泣きながら男と会話している女の子に遭遇し、酔っ払っていた池田さんがその女性から携帯を奪い取って「俺はシャアだが…」と相手に説教を始めた…というエピソード、凄い好きです。(笑)

                  | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:42 | comments(0) | - |
                  久々の時事ネタ
                  0

                    先ずはコレ。

                     

                    なぜ埼玉県民はディスにれても平気?源流はなんと古墳時代に

                     

                    確かに埼玉県民は他県からのディスリスペクトに対しては寛容かもしれません。でも、身内同士の抗争は激しいんですよ。(笑)

                     

                    与野を含め3市で合併し、後に岩槻も加わった政令指定都市の「さいたま市」ですが、合併した後も「片や元県庁所在地、もう一方は新幹線の停車駅」という浦和と大宮の対立は実は今も結構根深かったりしますし、さいたま市が「埼玉市」でないのも、埼玉と言う地名の発祥の地である行田の商工会が「埼玉を使うな」と横やりを入れた為。

                     

                    そして東京に接する南埼玉出身者にしばしみられる、他県の人に出身地を聞かれ「埼玉」と答えず「東京」と偽る行為を嫌悪します。もしかしたら南北の交通アクセスは便利なのに東西への交通アクセスが極めて不便…というのも、昔から埼玉全域を治める様な有力者とかが現れないった土地だからなのかも。

                     

                    ただまぁ、昔の「武蔵」という地名には東京や横浜、川崎の一部も含まれていましたから、東京などに対しては対抗心とかは薄いんでしょうね。東京とか神奈川(の一部ですが)は「武蔵」という大きなくくりで、立派になった兄弟的な感覚なんですね。だから東京の人が埼玉をディスってもおおらかな…「やんちゃな兄弟」を見守るような心持なのですよ。

                     

                    んで、他の近県に対しては…例えば群馬や栃木には有名温泉や世界遺産がある事を羨ましく思い、茨城は海があるから羨ましい。千葉に対しては草加せんべいが名産になったのは千葉の醤油のおかげ、という恩義があったりするので、自然と妬み嫉みの類は身内に向かい、結果的に地元への愛着が薄くなっているのかも。

                     

                    ある意味、自身の出身地に強烈なプライドを持つ京都人とかとは対極の人種、なのかも知れません。

                     

                     

                    次。

                    【新日本】ライガー「平成に生まれ平成に潔く散る」万感の引退の心境を本紙に激白

                     

                    日テレもデストロイヤーさん慎む「雄姿忘れません」

                     

                    かの力道山と激闘を繰り広げ、代名詞でもあり今現在も一線級で使われる「必殺技」4の字固めでお馴染みの覆面レスラー、ザ・デストロイヤーさんがお亡くなりになったとの事。

                    私は世代的にデストロイヤーさんの試合は記録映像とかでしか見た事がありませんが、氏の代名詞たる4の字固めと言えば、Uインターと新日の全面抗争での武藤啓司選手と高田延彦選手の試合でしょうか。度重なる酷使で膝が悪化していた武藤選手は派手なフィニッシュが困難となっており、この大舞台(メインイベントでしたっけ)でドラゴンスクリューからの足4の字…という古典ともいえる「プロレス技」でリアル格闘技を標榜とするUインターのエースを打ち破ったのが印象的です。

                     

                    引退発表のライガー選手は、永井豪原作のアニメ「獣神ライガー」とのタイアップで登場したレスラー(中の人は「リバプールの風になった」んだそうな/笑)だったんですが、ライガーの偉い所はこの時からずっと入場テーマに「怒りの獣神」を使い続けている…という点でしょうか。実はアニメの主題歌が「奇跡の獣神」に変わった際、アニメに合わせて入場曲も変えた事があるんだそうですが「ノリが悪くなる」と短時間で「怒りの獣神」に戻したんだそうです。

                     

                    ともあれ、お悔やみ申し上げます。

                     

                    特撮マニアでフィギュアを自作したりと多趣味で、かつバラエティ番組などテレビでの露出も多い人でしたから、プロレスを知らない人でも知っているレスラーの1人、と言えるかもしれません。大の新日ファンとして絶大なプロレス知識を持つ博多大吉さんとローカル局の番組で共演していた事があって、その際大吉さんを「新日のクイズで唯一負かした」のが、ライガー選手の奥さんなんだそうで。ちなみにその奥さん、スペル・デルフィン選手の大ファンなんだとか。(笑)

                     

                    しかし、昭和は遠くなりにけり…そして平成も終わり…というのが、身に沁みます。

                    | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:50 | comments(0) | - |
                    同じ41歳のオッサンだけどな
                    0

                      【不適切コラム】「バカッター」「バカスタグラム」バイトテロ騒動におっさんが思うこと

                       

                      私はこの記事を書いた人と同じ41歳のオッサンですが、記事で同意できるのは「不適切動画の内容は全部すべってるから」という一文だけですね。順番が違う。「もっと寛容になれないものか」じゃなくて、今まで寛容であった結果がこの現状…いや惨状だろ、と。

                       

                      参考記事

                      【大炎上】人生が終了したバカッター7名のその後

                       

                      やった本人は解雇処分で済む…まぁ特定されて晒されるとかはあるんでしょうが、結局それだけ。バカッターなりバカスタグラムで追い込まれて自殺した、なんて話は少なくとも聞こえてこない訳でね。でも、現実問題としてこういった騒動から閉店に追い込まれた店舗もある訳です。そこで働いていた他の人達の事を考えれば、「もっと寛容に」なんて思えませんわ、私には。

                       

                      銃が人を殺すんじゃない。人が人を殺す…なんて有名な言葉がありますが、ネットそのものの存在に責任を転嫁しているかのような物言いに見えますが、結局は

                       

                      ですよね!?鰐淵サン。(笑)

                       

                      …試しにやってみたんだけど、想像以上にメンドクサイ。(苦笑)

                       

                      飲酒運転と同じですわ。本人は軽〜い気持ち、浅〜い考えでついついやっちゃうんけど、本人以外にとっては大迷惑以外の何物でもない、という。でも本人は危険性に関して甘く考えて「自分なら大丈夫」という根拠なき自信があるから、いざ事故を起こしてしまったり警察に検挙されるまで気が付けない。

                       

                      親の責任だとかも書いてますが、このバカッターなりバカスタグラムが何歳なのかは知りませんが…少なくとも彼等の親の世代よりはスマホなりネットなりに通じている筈の世代な訳でしょ?それより詳しくない傾向が強いであろう親の世代がバカッター達のネットでの行動とかに介入して注意する…なんて出来ないでしょ。そもそもそういうものに対しての理解度からして違うんですから。

                       

                      親云々言う前に、こういうツールがまずそのリテラシーについて各々考えていくのが筋かと。

                      それが日本人は出来ないから、この手のバカッター、バカスタグラム…他にも不謹慎狩りとかの独り善がりな正義が横行してしまうんでしょうけどね。

                       

                      でも、親の責任自体はまぁ、無くはないとは思います。でも結局は本人の問題ですし、賠償請求云々になった場合、ケツを拭かされるのは親御さんになる可能性は高い訳で、そちらには同情します。

                       

                      でも、公園の遊具だって、変な使い方して落っこちたりぶつかったりして痛い思いをして、「あ、こういう使い方は危ないんだ」と学んでいくものですわ。そして間違った使い方をしたから発生した事故なのに、「この遊具は危険だから撤去しましょう」というのは誰の為にもならんと思います。この手のバカッター、バカスタグラムは、そういう意味でも痛い目にあった方がいいんではないか、と。

                       

                      そういう意味でも、バカッター、バカスタグラムには同情の余地なんかないですわ。

                      | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:14 | comments(0) | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE