土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 何故異星の軍の装備がWW2の米軍兵装なのかは謎 | main | 時事ネタ集 >>
日本と言う国はつくづく…
0

    山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳児を、78歳ボランティアの男性が発見し、話題になっています。

    この炎天下、よくぞ無事で…と思いますし、発見し命に別条がないというのは大変喜ばしい事だと思います。

     

    …ですが!!発見、救助したボランティア男性に対してSNS等で批判が殺到しているんだそうで。

     

    2歳の子が発見されたニュースを読んでたら、「発見した男性が飴玉をあげるとこどもが噛み砕いて食べた」みたいなこと書いてあって、や、やめて……2歳児に飴玉あげないで……窒息したらどうすんねん……と思ってしもた。発見できたことは素晴らしいし無事でよかったけど。

     

    山口県の子見つかって良かったけど、詳細記事読んでると、見つけたボランティアの男性が発見当時飴玉を与えたって書いてて、2歳なったばかりの子に飴玉!?もっと他に何かなかったん!?って思ってしまった…

     

    コレが、ボランティア男性を批判しているSNSの一例です。

    何ていうのかなぁ…この件でこういう事を書いてしまう人と言うのは、仮に自分と幼い自分の子供が雪山で遭難した時、一応非常食として用意していたチョコレートを「歯も磨けないこんな状況で虫歯になったらどうするんだ」なんて言って子供に分け与えないで自分だけ食べるんだろうか…と。

     

    現実の状況と仮定の状況が違う?

    いやいや同じですよ。

    一番の問題は現実、仮定の状況だの何だのではなく、緊急時における判断、優先順位のズレですわ。

     

    このクソ暑い中、ロクに飲めず食えずの状態だった幼児に対し、手っ取り早くカロリーを摂取させる事は間違いではないでしょうし、そもそも飴をのどに詰まらせるかも…って、仮に詰まらせてもボランティア男性が傍で見守っていた訳でしょ。ボランティア男性にしても、飴を与えてその様子から幼児の健康状態…まだ気力、体力があるのか、それとも切羽詰まった状態なのかを確認する意図もあった訳で、そこでがっついて飴を喉に詰まらせたとしても吐き出させたり出来る可能性は高いでしょ。何も与えないで幼児の健康状態を悪化させるよりはマシ…正しい判断ではないかと。

    飴というチョイスにしたって、行動食の代名詞的なチョコレートなんかではこの炎天下、溶けてしまっていざと言う時に摂取しずらい状態になる可能性は高く、おにぎりなどに至っては痛む可能性があって論外でしょ。保冷バッグ等を用いれば…という意見もあるとは思いますが、草木をかき分けての山での捜索活動…そんなバッグなどは邪魔になるのは目に見えています。その点、飴だと携帯しやすいですよね。

     

    …しかもさ、聞くところによると飴とは言ってるけど渡したのは熱中症対策用の塩タブレットだという話も。これの真偽は分かりませんが、2歳の子供がボリボリかみ砕ける、という事からしても、比較的柔らかい飴を選んで携帯していたんじゃないか?

     

    そもそも、ボランティア男性の行動に対して批判、非難する資格があるのは幼児の親御さんを始めとする家族であって、パソコンやスマホ弄っている人にはないんですわ、根本的に。身勝手な正義振りかざした所で完全に部外者ですから。

     

    熊本の震災の時も一時期所謂「不謹慎狩り」とかの他に、例えば高額な義援金を寄付したタレントに対し「偽善」だの「売名」などといった批判が相次いだ事は知られていますが…今回の件もそうですが、こういう無軌道な批判が湧いてくるのはいつもインターネットやSNS。多分、書き込んでる奴は警察・消防や自衛隊、ボランティアが大汗流して活動するのをクーラーのきいた部屋でテレビを見ながら、歪んだ正義の拳をふるう訳です。この手の「自称・正義の味方」の自己陶酔ほど世の中で邪魔なものはないですよ、ええ。

     

    たとえ偽善でも手を差し伸べる事に変わりはなく、自身で動いた人を口先指先しか使ってない奴に批難する資格なし。

     

    日本と言う国はどうなっちまったんだろうね、ホントに。

     

     

    続いてコレ。

     

    声優・石塚運昇さん死去

     

    杉田智和さんがラジオかなにかの自己紹介で、

     

    「好きな哲章は玄田哲章、好きな万丈は銀河万丈、好きな運昇は石塚運昇」

     

    なんて言っていたのを思い出します。

    石塚さんの声と言えば、個人的には「マクロスプラス」のガルド・ゴア・ボーマンや「カウボーイビバップ」のジェットでしょうか。それと、海外ドラマ「CSI:マイアミ」のホレイショも印象的でした。この前記事書いた「デッドオアアライブ」シリーズでも酔拳使いのブラッドの声を当ててますね。低いトーンの大人の男の声の…思わず憧れてしまう渋い声の持ち主でした。

     

    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:10 | comments(2) | - |
    近年だと3部以降のジョセフ・ジョースターを演じてたりしていて、イベント等で顔出ししてた時も健康そうだったと聞きますが…


    しかも食道癌となると喉に関わるので切る訳にもいかなったという事でしょうかね


    ご冥福をお祈りします。
    | 進撃の無職 | 2018/08/18 9:50 PM |
    感想感謝です。

    つんくさんなんかも同様でしょうが、声(歌)で商売している人が喉の病気になる…とはやり切れませんね。

    しかし…最近この手の訃報が多い気がします。
    | 零哭堂 | 2018/08/19 10:54 PM |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE