土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< ミニッツバギー その2 | main | ミニッツバギーをコミックレーサーにコンバート >>
関西人あるある?
0

    実はワタクシ、半年ばかり大阪…といっても京都に近い町でしたが、とにかく関西で暮らしたことがあるんです。

    それで、関東に戻ってきても関西出身の人とは仕事とかでも付き合いが多いんですが…ちょっと納得できない点がちらほら…。

     

    ワタクシが大阪…というか、関西で暮らしていた時の話なのですが…別に意固地になっていたとかそういう訳でもなく、日常生活では使い慣れた標準語…いや関東弁とでもいいましょうか、フツーにコッチの言葉を使っていたんです。そうすると関西出身の人から

     

    「何気取った喋り方しとんの。」

     

    等と言われるんですよ。そこで郷にいては郷に従え、と言いますから、見よう見まねで関西弁を使うと今度は

     

    「そんなん関西弁違う。おかしい。」

     

    …どうしろってんだよ。

    いや、コレ1人や2人ではなかったんですよ。結構な数…関西出身の先輩や同僚、事務員のお姉さん、寮のおばちゃん、定食屋のおっちゃん、スナックの姉ちゃん…少なくとも10人近い人から似たような事言われましたよ。(苦笑)

     

    それで、関東に戻ってきて今現在、関西出身の友人は関東に出てそれなりに経つというのに関西弁が抜けません。いや、この友人に限らず、関西の人は関東で暮らすようになっても頑なに関西弁を使い続けます。まぁ、テレビのお笑いタレントとかが普通に関西弁で喋っているのを見聞きしている訳ですから、関東の人間にも関西弁と言うのは別に珍しかったり聞き取れなかったりする訳でもなく、別に日常会話が成立しない、とかそういう事はないんです。

    そこで、何人かに「関東きて結構経ってるのに関西弁抜けないね」と聞くと、

     

    「俺は関西人やからええんや。直す気ない。」

     

     

    関西人の言動には決定的なムジュンがあります。

    おいおいおい…どうなってんだ?コレ。(苦笑)

     

    まぁ、関西の人は関西人であることに誇りを持っていて、それが関西弁を使い続ける理由なのでしょうし、関東から来た人間に関西弁を強要するのも、きっと自分が大好きな関西に早く馴染んで欲しい、好きになってもらいたい…そんなポジティブで人懐っこい心情からだとは思うんですけどね。

     

    いゆね、生まれた土地に誇りや愛着を持つのは良い事だと思うけどね、やり過ぎ、行き過ぎは反感持たれるよね。私が関西で暮らしていたのは20年近く前で半年程度だったんですが、

     

    「日本の首都は太閤さんの時代から大阪や。」

     

    という大阪出身の人や、

     

    「平安遷都からずっと日本の首都は京都や。」

     

    という京都出身の人は両方とも実在しました。(笑)

    で、大阪の人も京都の人も「滋賀には琵琶湖しかない」的な事を言って滋賀県出身の人をバカにするんですが、怒った滋賀出身の人が

     

    「お前ら滋賀バカにすると琵琶湖の水止めたるぞ。」

     

    と言って、大阪と京都の人を黙らせる…というコントの様なやりとりも見た事があります。

    コレも郷土あるある的なお約束なんですかね。

     

    ちなみにそんな私は埼玉人。埼玉には少しばかりは愛着はあるんですよ、やっぱり。

    例えば、川口市や草加市、所沢市、新座市辺りの人が、自分の出身地聞かれて「東京」ってウソつくのが許せない位には。(笑)

    | 零哭堂 | 雑記 | 23:01 | comments(0) | - |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ゴルゴムの仕業?
      零哭堂 (10/01)
    • ゴルゴムの仕業?
      1 (10/01)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      零哭堂 (09/24)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      進撃の無職 (09/24)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      零哭堂 (09/23)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      進撃の無職 (09/22)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      零哭堂 (09/22)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      進撃の無職 (09/22)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      零哭堂 (09/22)
    • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
      進撃の無職 (09/21)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE