土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 東京マルイ ステアーAUGスペシャルレシーバー その2 | main | 「スパロボ」与太話 >>
東京マルイ ステアーAUGスペシャルレシーバー その3
0

    はい、東京マルイのAUG最終章です。

    前回までで概ね説明と言うか、解説しきっちゃっていいるんですが…AUGといえば…という事で、コレ。

     

    何だかマウントリングとバトラーキャップ付きで¥2500位で売ってた怪しいスコープです。(笑)

     

    前回書いたように、ブルパップ式の銃は銃の構造上、フロントサイトとリアサイトの距離が短くなりがちで、アイアンサイトで正確な照準がし難い…故にAUGのミリタリーモデル(A1)にはキャリングハンドル兼スコープが本体に装備されているんですが、このスペシャルレシーバー(A2)には使い難いレールとそのレールにつけられる折り畳み式の簡易サイトがついているのみ。

     

    個人的にはAUGってスナイパーライフル的な運用をしているイメージがあるので、何でもいいからスコープ乗っけたいなぁ…と。

    そんな訳でコイツをつけてみました。

     

    中身はこんな感じ

     

    思ったよりデカいです。3-9×40タイプ。

    パッと見は、バトラーキャップがグラグラな点を除けば割とちゃんとしたスコープです。(笑)

    しかもいっちょ前に2色、光度調整可能なイルミネーション仕様。

     

    …コレでマトモに調整できる個体なら、大当たりなんじゃないか?

    スコープってホント、バカみたいに高い値段の物もありますし。

     

    650

    レティクルはこんな感じ。

     

    クロスラインではなく、照準店の下に線が入っているタイプ。どの程度正確で、調整可能かどうかはまともにゼロインしてないんで分かりませんが、近距離で撃った感じだと案外使えるかも…という感じ。

     

    取り付けるとこんな感じ。右側から。

     

    うん、カッコイイね。AUGにはこの位のサイズのスコープが似合います。

    スタイルだけならショートバレルのA1パラ仕様が好きなんだけども、A1のキャリングハンドル兼用スコープは細過ぎて顔がデカい私には聊か使い難い印象ですが、コレは割とスコープの径があるので見やすくなってます。

     

    ただ、スコープの搭載で只でさえ「重たい」と言われがちなAUGが更に重くなります。(苦笑)

    そりゃサバゲーとかでは使い勝手悪く感じるよなぁ…。

     

    左側。

     

    東京マルイの次世代ではないスタンダード電動ガンは、最近ではM14とか89式みたいに金属パーツ多用したものもありますが、基本的には樹脂…しかも初期のモデルは仕上げも簡素といいますか、プラスチッキーさが際立っている印象。売れはしませんでしたがトンプソンはかなり頑張ってた印象ですけどね。

     

    ただ、元の銃がプラスチックを多用している銃ですと、逆にリアリティ…にはそんなに繋がらないと思いますが、何となく自分の中で納得出来る気がします。そういう意味ではこのAUGは実銃もプラスチックパーツが多い銃なので、他の機種より好きなんですよね。G36も同じことが言えますが、あっちはあんまり実銃が好きではないので…。(苦笑)

     

    正直、AUGは東京マルイの電動ガンとしては問題児側の銃だと思います。まぁ、UZI程ではないと思いますが。ただ、故障してもノーマルで非分解ならある程度メーカーのアフターサービスが受けられるでしょうし、分解済みでメーカーのサービス不可でもミリタリーショップなんかで修理、調整してくれる所はある訳でね、

     

    そもそも、割と新しい機種のM14とかでも「タペットプレートの破損はつきもの」みたいに言われていたりするので、AUGも無駄に分解繰り返してガタガタにしてしまわない限り、海外製電動ガンをイキナリ買うよりは安心だと思いますわ。何だかんだ言いましたが、気に入ってます、AUG。

     

    でもまぁ、ブルパップならP-90とかの方が人気なんですかね?ドピンクに塗った奴が「ガンゲイルオンライン」でしたか?のコラボとしてリリースされていたりしてあっという間に完売&高値でオークション…というパターンになってましたし。

     

    そんな訳で、東京マルイのAUGでした。

    | 零哭堂 | トイガン関連 | 21:04 | comments(2) | - |
    ゲームに出る度にアサルトライフル枠だったりライトマシンガン枠だったりサブマシンガン枠だったりと、何というか安定しない中の印象がありますね……
    とりあえず銃のライセンスだけ取って、武器枠が少ない所に押し込んでいる気がしないでもないですが

    同じブルパップ式銃と言うとタボールとかファマスが有名ですが、それらと比べるとどうもAUGの造形ってあまり響かないんですよねぇ
    自分でも何故なのか分からないんですけども
    | KS | 2019/08/12 1:11 AM |
    感想感謝です。

    >アサルトライフル枠だったり…
    AUGの特徴でもあり、電動ガンの場合なまじ再現した結果ガタつきの原因にもなっている分解機能を生かし、例えばバレルや機関部を交換すれば短機関銃、パイポッドつけてロングマグに交換すれば文体支援火器…とシステムチックに仕様が変えられる為ではないかと。
    それと、AUGの特許は既に失効してますし、開発元は製造権を放棄しているので創作物に使ったりするにも公認とかが不要になっているのかも知れません。

    >タボール、ファマス
    タボールはともかく、ファマスは東京マルイの奴を所持していた事があるんですが…体格の問題なのかサイトとか覗き難かったりで良い印象が無いんです。(苦笑)
    タボールはイスラエル製というのがどうも…。

    私はブルパップといえばAUGのイメージが強いです。まぁでも、ブルパップより普通のスタイルの銃の方が好きかな、と。(笑)
    | 零哭堂 | 2019/08/12 1:29 AM |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE