土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 日記的なもの | main | 俺のケツを舐めろ >>
雑記的なモノ
0

    吉野家「超特盛」ヒットを生んだ陰の主役とは?P&G出身の「マーケティングのプロ」が大活躍

     

    以前、吉野家の赤字について書いた事がありますが…その時に「どこその流通ウォッチャーとやらが書いた記事」も今回のリンク先の「東洋経済オンライン」じゃなかったっけな。でもその流通ウォッチャーとやらが指摘した「お持ち帰りに力を入れる」「券売機の導入」「紅ショウガ等の有料化」を掲げてましたが、最初の「お持ち帰り」については指摘される前から冬季の人気限定メニューの牛すき鍋を持ち帰り対応にするなどやってましたし、後の「券売機」も「紅ショウガ有料化」もやらずに業績回復している訳でね、流通ウォッチャーの見識がずれていた、という事ですな。

     

    起爆剤は超特盛のヒットと、店舗対応だった小盛の標準メニュー化、との事ですが、超特盛は発売されて早々試しに食べてみましたが…正直40過ぎにはキツイ。胃にもたれます。やっぱり大盛のバランスが個人的にはベストに思えます。

     

    …若い頃はココイチの1300gとかも余裕で食えたんだけどなぁ…。

     

    まぁ、3大牛丼チェーンでも吉野家さんのファンなので、今回の業績回復にはおめでとうと言いたいです。

     

     

    さて、今日もすりよって行きますかぁ!!(笑)

     

    ガノタはいったいガンダムで何を学んだんだよ

     

    スレッドタイトルだけで思わず笑ってしまいました。(笑)

    まぁ、ニュータイプ論だの何だの色々持ち出しても結局の所人が分かり合えない様を描いている気がしなくもない「ガンダム」ですから、それを実践しているガノタ(蔑称)はファンの鏡と言えるかもしれませんね。

     

    …いや、勿論嫌味です。

     

    と、言うか自分が信奉するモノ以外にはひたすら噛みつき全方位に喧嘩売りまくりな彼らはガンダムというよりむしろ

     

    カミューラ・ランバンの…仇ぃぃぃぃぃぃぃッ!!…でお馴染みイデオンの全方位ミサイル

     

    コレですわ。(笑)

    いや…健全に「ガンダム」を楽しんでいる人も多いとは思いますよ?ただ残念ながら、ネットでも現実でも、無駄に声がデカい奴が目立っちゃうんですね。そして匿名だからと油断してつい気持ちが大きくなってしまう。

     

    そんなガノタ(蔑称)の悪癖の最たるものと言えば、自分が支持する作品について語っている時よりも、自分が否定している作品について罵倒している時の方がどう考えても生き生きとしている…という点に尽きると思いますわ。最早何の為に作品見てるの?文句言う為?と思わざるを得ませんし、そうなると作品愛じゃなく作品愛を隠れ蓑にした自己愛…「コレ理解できるオレかっけー」「アレ批判するオレかっけー」という奴ですわ。そんなガノタ(蔑称)の皆さんに似合うワードは、彼らが日々実践する「人は分かり合えない」より、やっぱりコレも「イデオン」の

     

    「バカは死ななきゃなおらない」

     

    だよ、相応しいのは。

    そんな事言ってお前も「ガンダム批判するオレかっけー」だろ!!という反論もあろうかと思います…が!!違うんだな…いうなれば私は「ガノタ(蔑称)批判するオレかっけー」です。(笑)

     

    勘違いしている方も多いみたいですが、「ガンダム」に限らず、今まで見てきて好きになった作品群をわざわざ嫌いになる訳がないんですよ。考えても見てごらんなさい、結婚したら初恋の人をわざわざ嫌いになるんですか?良い思い出として時に懐かしんだりするだけでしょ?私自身、そういう歳になった、という事ですわ。

     

    余談ですが、「スパロボ」とかでも使われている「イデオン」で戦闘シーンに流れるBGM「弦がとぶ」ですが、イデオンの全方位ミサイル発射シーンのミサイルの軌跡がまるで弦楽器の弦みたいに見える事から、「弦がとぶ」というタイトルがつけられたんだとか。

    | 零哭堂 | 雑記 | 21:29 | comments(4) | - |
    コンスタントにシリーズを継続してる作品って基本どれも新旧の軋轢ありますが、ガノタはホント頭一つ抜けて民度の低さが顕著というか(笑)

    原作者たる富野氏もガノタに苦言を呈する一方、畑違いのヒット作にまで毎度噛みつく始末なのでこの辺も影響してそうですね

    初代のブームを原体験する世代の著書でも当時のロボットアニメに対する評価は酷かったとありますが、未だ四十年近く続いてるって異常だと思いますよ、ホント
    | デスニート | 2019/07/25 7:23 PM |
    感想感謝です。
    >頭一つ抜けて民度の低さが…
    いや、殆どの人は健全に楽しんでいるんだと思うんですよ。でも、一部の声がデカいガノタ(蔑称)のせいで同列に見られてしまうという…。

    親でも殺されたのか?というレベルで攻撃的なガノタ(蔑称)もいますが…あれは一種の病気なんじゃないかとさえ思う時があります。未だにガンダムオタクはアニメファンのエリートだという思い込みがあるのかも知れません。

    …確かにエリートかも知れません。自分の意見に固執して内ゲバを繰り返す様なんざ特に。(苦笑)


    | 零哭堂 | 2019/07/25 9:45 PM |
    自分は産まれてから初めて本格的に観たロボアニメが初代ガンダムだったので、なんやかんやで他のガノタと同じく『ガンダム』という概念が大きい物を占めているという自覚はありますね
    ただ自分の好きなものを熱く語るのなら分かるのですが、それ以外の気に入らない物を排他的に攻撃するってのは未だに理解出来ないんですよねぇ
    勿論気に入らない作品があるのは分かりますし、どこが嫌いかを話すのも分かります
    けれど、そこから飛躍して「自分が嫌いな物を好んでいる人はクソ!」って理論に至るのはやっぱり分らんな……と
    (ガンダムシリーズ内においても認める・認めない、面白い・クソに分かれて対立している所がありますし)

    えーと、長々と書いたので自分でも何が言いたかったのか良く分からなくなりましたが……w
    「自分の理想や主張を攻撃的に押し付け合うのはろくな結果にならないよ」って事をガンダムから学んだって事で一つ

    関係無いですが、そういえば今秋にGレコの劇場版がようやく公開されるみたいですね
    自分は勿論行くつもりです
    やはり富野監督が作るガンダムはどこか癖になる……
    (そしてエヴァもようやく完結しそうな雰囲気でワクワクしています)
    | KS | 2019/07/26 4:14 PM |
    感想感謝です。

    私の場合…「恋」という歌…いや、少し前ブームだた星野源さんのではなく松山千春さんのですが、この歌い出し

    ♪愛する〜事に〜疲れ〜た〜みた〜い〜
    ♪嫌いに〜なった〜訳じゃ〜な〜い〜

    という心情ですかね。
    それ故、率先して付き合わなくなった今でもそういった連中の行動というモノは否定したくなるんです、どうしようもなく。
    | 零哭堂 | 2019/07/28 8:37 PM |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE