土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖    夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 好きな食べ物は炭水化物です | main | 「NEXT」はコケたらしい >>
よろしく俺にチューニング
0

    本日はコレ。

     

    次原隆二 「よろしくメカドック」 全12巻

     

    先日、クルマにて仕事場へ向かう途中、対向車線に今は懐かしいトヨタセリカXXが。

    あ〜懐かしいなぁ…等と見ていたら、何と!!そのボンネットには赤に白い文字で「メカドック」と書かれたステッカーがデカデカと貼ってあったのです。XXのボディカラーは白…おお、原作バージョンのキャノンボール仕様じゃないか!!アニメ版は赤だったからね、等と一人車中で喜んでしまいました。

     

    オーナーの方、相当な「メカドック」ファンなんだろうなぁ…セリカXX、これからも大切に乗ってあげてください。

     

    と、いう事で現在40歳以上の人が免許を取って最初に買ったクルマに少なからず影響を与えた、という話も聞く「よろしくメカドック」です。結構子供の頃の刷り込みとでもいいましょうか、鮮烈な印象を持ったクルマってのはクルマ好き少年なら後々まで引っ掛かってしまう…という事はある様でして、私の学生時代の友人の知り合いは大の「西部警察」好きで、遂にはマシーンRSに似た赤と黒のツートンのスカイラインRSを買った、なんて話をしておりました。実際、現在ワタクシの愛車であるホンダN-ONE ModuloXも、小学生の頃好きだったホンダシティターボ2に近い物を感じたから…というのもあったりします。

     

    …オトコにとっての初恋の人(クルマ)ってのは、永遠なんだよ、ウン。

     

    さて、この「よろしくメカドック」ですが、ジャンプでクルマ…というと、やはりスーパーカーブームを巻き起こした「サーキットの狼」がある訳ですが、華やかなスーパーカー目白押しな「サーキットの狼」とは違い、「メカドック」は基本的には国産車をチューンしたクルマがメイン。主人公の風さんこと風見潤も類まれなるドラテクの持ち主ではあるものの、目指すのはレーシングドライバーではなく、「国産のF-1マシンを作る」というのが夢。この辺は「サーキットの狼」はおろか、後に続く「頭文字D」とかにはない独特の要素かと。

     

    主人公がチューナー兼ドライバーだからこそ、例えばロータリーエンジンの利点、とかターボラグの解消法、なんてクルマの技術的な部分での開設が入ったりして、子供ながらに「何だかよくわかんねぇけど、すげぇ」となった訳で、ただ走っているだけのクルマ漫画とは一線を画したものになっていたのではないかと。ただ、キョーミ持っている人にはともかくキョーミ持ってない人にはツライ漫画、というのも残念ながら正解で、実際人気低迷で打ち切られかけた、という経緯を持つ作品でもあります。アニメ化が決まったおかげで復活したんですよね、確か。

     

    物語の構成はキャノンボールトライアル、ゼロヨングランプリ、東日本サーキットGP、水戸コンツェルン、と大まかに分けて4つのエピソード構成ですが、日常パートではコミカルなシーンも多く、ジャンプらしいメカドックの面々の友情を描いたエピソードもあったりして、クルマに然程キョーミがない人でも最低限読めるレベルにはなっています。また、国産チューンドカーがメインではありますが、ヒロイン達の愛車としてエンスー受けしそうなトヨタS800やホンダS800といった旧車、ライバルとしてFIAグループ5カテゴリ…所謂シルエットフォーミュラーや完全オリジナルマシンなんかも登場します。このオリジナルマシンが結構カッコよくて、五十嵐のボブキャットはカウンタックとかを更に近未来スタイルにした感じで、兵藤さんのペガサスは流麗なラインのクーペスタイル、ナベ7さんのSSはグループCカーの様な佇まいで個性的でした。特に兵藤さんのペガサス、大して活躍しなかった気がするけどかなり好きなんですよ、ワタクシ。

     

    実は本作、ワタクシが最初に買った漫画単行本でして、思い入れ一入なのです。

    一番好きなのはやっぱりゼロヨングランプリかな。CR-Xミッドのカッコよさも然ることながら、ゼロヨンなのでタイマンバトルで決着も早かったのがテンポ良くて好印象です。好きなキャラクターは何といってもハイギヤードの東條さん。好きな登場車は

     

    CR-Xミッド(ゼロヨン)

    ナベさんの240ZG(キャノンボール)

    紫電改のハイパーソアラ(ゼロヨン)

    兵藤さんの夢幻ペガサス(東日本)

    いっつぁんのブルドッグ(東日本)

    東條さんのピアッツァ(キャノンボール)&MR-2(東日本)

    小町のヨタハチ

     

    等々…うーん、書き切れない。(笑)

     

    あ〜、書いてたらまた読み直したくなっちゃったよ。

    ちなみに、ホンダのHPにて「よろしくメカドック STEP WGN ModoloX編」がアップされてます。何でもホンダの広報マンが「メカドック」の大ファンで、自分でネーム書いて次原先生に直談判したんだそうで。「メカドック」のイメージを崩さない、上手い広告漫画になっています。

     

    …どうせならN-ONE ModuloXでもやってくれないかなぁ…。(笑)

     

    後、こんなのもあるんですねぇ…買って愛車に貼ってみようかな。(笑)

     

    余談ですが、クルマ好きとかがネット上…多分2chとかでなんでしょうが、繰り広げているのであろうマウント合戦は正直見苦しいと思うのです。いい年して軽乗ってる男は貧乏人でみっともない、だとか、逆に軽をバカにしてる普通車乗りは経済観念が無い、とか、青のインプとか黄色のスイスポ乗ってる奴は童貞のオタク、とかそういう奴。

     

    実にくっだらねーな、と。

     

    あのクルマはデザインがダメ、とか足回りが弱い、とかってクルマそのものを評するのはいいのよ。例えばトヨタ派とホンダ派、とか、クルマに関する意見をぶつけ合うクチプロレスとかなら面白い話とか出て来るんだけども、それが乗っている人、好きな人に飛び火した物言いをしてしまうのは違うだろ、と。

    クルマに乗っている人間に勝手なレッテル貼ってバカにする…ってのは、クルマ好きのやるこっちゃねぇよ。こういう連中はさ、クルマが好きなんじゃなくて「世間的に評価が高い車に乗ってる自分」が好きなんだよ。そういうファッション野郎は、自分のチンケなプライドを一生後生大事に抱えて今後も生きていけばいい、と思うんですわ。

     

    | 零哭堂 | 漫画 | 21:16 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE