土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 東京マルイ トンプソンM1A1 その2 | main | 東京マルイ トンプソンM1A1 その3 >>
ぴちぴちビッチ
0

    ヒロイン列伝の第二弾、という事で今回は書いていきます。

     

    「戦闘破壊学園ダンゲロス」という作品をご存知でしょうか?

    以前よく私が足繁く通っていた書店…当時、TBSラジオで平日の昼間にやっていた「大沢悠里のゆうゆうワイド」内の「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」…この番組は、毎回各地の店舗施設(ヨークマート率が高い)なんかにロケに出向いて、そこにいる客とふれあう…という番組だったんですが、この番組のロケでその店に毒蝮さんが来訪した事があったんですよ。今はその書店は閉店してしまって、から揚げ専門チェーンの「からやま」になってしまいましたが。

     

    その店で、店内ポップやポスターとかで本作の漫画版がオススメされていたんですね、この「戦闘破壊学園ダンゲロス」という作品。コレ、元々はネットコミュニティ内で定期的に催されている同名のウォーシミュレーションRPGのリプレイ…という体歳で架神恭介氏が描いたライトノベルです。「ロードス島戦記」とかと同じようなスタイル…という事でしょうか。

     

    この「ダンゲロス」、中身は魔人と呼ばれる異能者が現れた日本で、東京湾に作られた人工島・希望崎学園にて「生徒会」と「番長グループ」に魔人が別れ、殺し合いわわ繰り広げそこに謎の「転校生」が乱入する…という作品。基本設定は菊池秀行氏の「魔界学園シリーズ」に似ていて、バトルにエログロ要素が強いのは山田風太郎氏の作品群に似ているかも知れません。魔人が人類以上の力を持っているがそれ故迫害されている…というのはアメコミの「X-MEN」にも似ているかも知れません。

     

    で、本作は投稿されたキャラクターは創作者の同意の上で二次創作等で無償かつ無断で使用可能、というユニークな形態をとっていて、ライトノベルの作者である架神氏も例外ではないんだそうで。そしてライトノベル版以外は本人が関わらない二次創作には印税の分配が発生しないシステムになっていて、以前アニメ化の企画が立ち上がったものの、この辺のシステムにアニメ制作により制作委員会にグッズ化の権利を譲渡してしまうと自由な二次創作が阻害されるとの事で白紙になっているんだとか。

     

    …まぁ、色々書いてますが私もこの作品知ったのはコミカライズからなんですよね。(苦笑)

     

    横田卓馬&架神恭介 「戦闘破壊学園ダンゲロス」 全8巻

     

    その中から今回紹介するのはこの人。

     

    番長グループ所属の魔人、鏡子さんです。

    いいんちょ系の見た目と、慈愛に満ちた微笑みが魅力。(笑)

     

    彼女も実は投稿キャラクターみたいですが、架神氏をもって「『ダンゲロス』で恐らく最も有名なキャラクター」と言わしめる存在。彼女が有名になった理由と言うのが…

     

    …と、いう事なのです。(笑)

     

    そんな彼女の能力と言うのが、彼女が持つ鏡の中に半径2km以内の任意の場所を映し出し、鏡に映った人物やモノに対して「卑猥な目的のみ」で干渉が出来る…という、その名も「ぴちぴちビッチ」!!

     

    …抗争では全く役に立たない。そう思う人もいるでしょう。鏡に通せるのは彼女の腕一本分程度だし、ナイフで刺そうにも首を絞めようもそれは「卑猥な目的」ではないから干渉不可…暗殺とかには使えないんです、この能力。

     

    …但し、それはこの能力の保持者が彼女以外だった場合、です。

    何せ鏡子さん…上の漫画版のシーンで解説されている通り超絶技巧の性技の持ち主…故に1なですれば相手を射精に導き、更に時間をかければ無力化…文字通り精も根も尽き果てた状態にしてしまう事など造作もないのです。いや、それどころか彼女自身は過去の出来事から「不殺」を固く誓っているので実行する事はないですが、最終的には絞りに絞り切って衰弱死まで持っていく事も可能!!

    しかし彼女に襲われた生徒は彼女の超絶技巧とその快感から被害を訴え出る者は皆無。ちなみに、その超絶技巧な性技は魔人の能力とは一切関係なく、彼女の日々の研鑽と努力の賜物なんだそうで。

     

    …なんだこの中学生の妄想が爆発したようなキャラクター設定は!!もう完全無敵じゃねぇか!!(笑)

     

    そんな訳で、魔人ひしめく希望崎学園の中でも有数の実力者として知れ渡っている鏡子さんではありますが、本人はビッチ(というより痴女なんですけどね/笑)な点を除外してしまえば聡明、かつ包容力溢れる素晴らしい女の子…いや、その性癖込みでも男にとっては素晴らしい女の子だと思いますが。(笑)

     

    そんなカノジョ、実はかつては男を誘う為に派手な化粧や服装をしていたんだとか。ただある日、鏡に映った自分を見てその姿に疑問を抱き、それがきっかけで魔人へと覚醒。以降は現在の眼鏡に三つ編みおさげ…といういいんちょスタイルに。

     

    …ギャルギャルしい娘がエロエロ…というのより、一見真面目そうな…エッチなことなんて分かりません!ってタイプの娘が実はエロエロ、という方がやっぱクるものがあるでしょ、ええ。いや、私の趣味、性癖がそう思わせるだけかも知れませんが。(苦笑)

    ともあれ、「ダンゲロス」に登場する魔人の中でも群を抜いている…ある意味象徴するキャラクターと言えるかもしれません。物語的には別段ヒロイン的なポジションにいる訳ではないんですが、「ダンゲロス」という作品ではなく、作風としてのヒロインなら、間違いなく彼女でしょう。

     

    余談ですが、こんな商品も。

     

    「鏡子の一滴残らずおしぼりバスタオル」

     

    …商品説明までエロいな、ウン。(笑)

    こんなタオルで風呂上りに体拭こうもんなら、風呂入る前より汚れちゃうんじゃないか?(笑)

    | 零哭堂 | ヒロイン列伝 | 00:09 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE