土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 久々に1/24RC戦車ネタ | main | ち、違う!!…俺はその頃、シシリーでスパゲッティを食べていたんだ!! >>
プリン教授の出番はあるのか?
0

    「銃夢」が「アリータ:バトル・エンジェル」としてハリウッドで実写化

     

    もうすぐ公開になる「アリータ:バトル・エンジェル」という映画の原作が、木城ゆきと氏が1990年代に連載していた「銃夢」という漫画だ…という事は既に話題になっているのでご存知の方も多い筈。「銃夢」はその後も続編的位置づけの「ラストオーダー」や、その更に続編&「銃夢」の前日譚みたいな「火星戦記」もリリースされる等、大ヒット、とはいかないまでもその世界観やサイバネ的描写、アクションが支持を受けている作品です。実はハリウッドでの実写映画化以前に日本でOVAになっているんですね。

     

    これが原作の最近発売された新装版。

     

    この「銃夢」ですが、地味に後に続いた作品に影響を与えた部分ってのがあった作品なんだと思います。例えば私の大嫌いな「エヴァ」の影響が色濃い、とされるゲーム「ゼノギアス」に登場する、世界を支配する地上と隔離した空中国家・ソラリスに「銃夢」のザレムを連想した人は…私だけじゃないよね?(弱腰)

     

    ただ題材がサイバネ系SFな為なのか、日本国内では正直、好きな人はハマる…という作品の域を出てはいなかった印象が。むしろ国内より海外での人気や評価が高い様な気さえします。尤も漫画とかでは稀に国内では然程人気があった訳ではないのに、何故か海外では大人気…的な事は少なくない訳で、例えば日本では然程話題になった訳ではない気がする「乱飛乱外」という作品なんかも、コミックスの帯で「海外で大人気」みたいな事を書いてましたっけ。まぁ…忍者(くの一)モノだしね、受けるのかもね。

     

    …ただまぁ、私は「ラストオーダー」の途中で脱落しました。(笑)

    な〜んか違うんだよなぁ…トーナメントやりだしてからは。

     

    さて、この映画のCM見た人は多分違和感感じたでしょうし、リンク貼った記事内でも言及されてますが…映画版での主人公の大きすぎる目…コレは…正直どうなんですかね。

     

    記事によると、原作の漫画ではガリィの目が大きく描かれているので原作へのリスペクト…という事なのでしょうが、私個人の意見を言わせていただくと、コレやったら実写化して俳優さんに演じさせる意味なくないか?アニメでいいだろ…ってなっちゃわないか?と思ってしまうのです。例えば賛否は割れるのかもしれませんが、映画版の「X-MEN」はコミックスで主人公達が着るコスチューム…青とか黄色とかのド派手なピッチピチの全身タイツ、着てませんよね?私はアレは英断だと思うんです。邦画やテレビドラマでよく人気漫画とかの実写化に際して、俳優さんが漫画のキャラクターの恰好をする事に「文化祭レベル」とか「コスプレみたい」なんて批判が出ますが、まんまアニメやら漫画の恰好を実際に演者にさせてしまうと、いくら金の掛け方が日本の映画やドラマとはケタ違いなハリウッドの映像技術を持ってしても…やっぱり少なからずコスプレ感が出てしまうんじゃないかと。私自身アメコミに詳しくはないので分かりませんし、実はあのド派手なピッチピチ全身タイツを衣装を着用する事に、作劇上や設定上で何らかの意味があるのかも知れませんが、少なくとも見た目だけで言ってしまえば実写では「浮く」と思うんですよ。

     

    そんな訳で、今回の映画の目の大きさにしても…リスペクトはいいけどよりによってそこに注目するの?という気はしてしまいます。尤も原作をどのくらい変えて来るのか…可能性としては基本設定だけで中身は完全に別物、という事だって考えられる訳ですし、中身がどうなるのかは現状では分かりませんし、主人公はサイボーグですから、そりゃ目が大きかったりしてバランス的に変でも問題ないのかもしれませんが…う〜ん…。

     

    「スターウォーズ」然りでハリウッドは…というか、アメリカ人はある種の「神話化」が好きな傾向があるので、「アリータ:バトル・エンジェル」もヒットすれば続編が作られるのかもしれませんが…映画だとどの辺りまでやるんですかね。

    拾われてマカク倒して終わり…が一番収まりが良い気がしますが、出てる映像とかだとどうやらモーターボール編もやるっぽい雰囲気だし、だとしたらジャシュガン倒して終わり?まぁ、流石にTUNEDはネタとしては使われるかも知れませんが、ケイオスとか電は出ないと思いますし…いや、かなり改変して自殺装置破壊、とかまでやるのか…はてまた基本設定だけ引用で物語としては全くの別物に変えられてしまっているかも知れません。コレは蓋を開けてみなければ…でしょうね。

    それと、もしかしたら一番重要かもしれないポイントが、「銃夢」を代表する名物キャラクター、ディスティ・ノヴァ教授をどう扱うのか…う〜ん…コレは気になるなぁ。出しても出さなくても批判起きそうな感じが。(笑)

     

    まぁ、もうすぐ公開ですし、評判良かったらもしかしたら…劇場に行くかも。

     

    ただなぁ…ワタクシ、「銃夢」のモーターボール編が大好きなんですよ、ええ。それこそ、「銃夢」本編よりモーターボールだけで1本映画とか作って欲しい位…もっと言えば、まかり間違ってPS4で「『銃夢』モーターボール編」みたいなゲームがリリースされたら大画面テレビとPS4本体ごと買っちゃうレベルで…です。いや、絶対出ないからデカい事言いました、はい。(笑)

    でもこのモーターボール…昔流行っていたローラーゲームとかを更に暴力的にして、モータースポーツ的な要素もぷっこんだ最高のエンターティメント興行だと思いますわ!!

     

    こんなん実写映画で見られたらもう、サイコーでしょ!!(笑)

    | 零哭堂 | ドラマ・映画 | 20:17 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE