土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 「ファイアーエムブレムif」 透魔編 その1 | main | オレンジの看板 >>
和風架空戦記
0

    ご存知の通り、今更ながら「ファイアーエムブレムif」をプレイしている訳ですが、このゲームに白夜王国という国がありまして、基本今までの「ファイアーエムブレム」は舞台は作品毎に違うものの基本的には西洋風なファンタジー世界のシミュレーションロールプレイングゲーム…架空戦記なのですが、この白夜王国は和風の設定がされていて、騎士や魔導士ではなく侍や忍、陰陽師なんてクラスもある訳です。

     

    その白夜王国の世界観で、私がガキの頃にあったある漫画を思い出したんですね。

     

    島崎譲 「覇王伝説 驍」 全20巻

     

    コレです。1990年代前半…「週刊少年マガジン」がまだスポーツ漫画とヤンキー漫画にまみれていて、ページをめくるとインク臭ではなく血と汗の匂いが感じられた(笑)頃の作品です。

     

    舞台は日本によく似た島国。時は戦国、領地と富、名誉の為に武将がせめぎ合っていた時代に、「北の覇者」と称される典膳は、武将としての勇猛さだけではなくその民衆を思いやる政治で称えられる存在。そんな彼の息子・驍は争いごとを嫌う心優しい少年だったが、不思議と人を引き付ける魅力を持っていた。しかし乱世はそんな彼をも戦乱の渦に巻き込んでいく。

     

    …という内容で、1部は驍と家臣達が仇敵・八朶冥鬼や渡割雷甲らを打ち破り天下統一を果たすまで、2部は簒奪者・冠達武頼から重税と圧制で苦しむ鳳国を解放する為に立ち上がった驍の遺児・タケルの活躍を描くという2部構成で、何となく「ファイアーエムブレム」の「聖戦の系譜」的な感じ。いや、世に出たのは「覇王伝説 驍」の方が先だけどね。

     

    中身はもう王道中の王道、とでもいうべき展開で、信頼する家臣達と共に苦難を乗り越えていく骨太な物語です。学生時代、この漫画の大ファンがいましてね、私もこの漫画は気に入っていたのでよく誰某がカッコイイ、なんてネタにしたもんです。歴史モノ…日本の戦国時代や三国志なんかが好きな人は結構気に入る作品だったんじゃないかと。その友人も、戦国武将好きだった私につられて「信長の野望」とかやり始めてどっぷり浸かってました。そういえば彼、「紋章の謎」とか「聖戦の系譜」もやり込んでたっけ。

     

    さて、上の表紙絵見て感じた人もいると思いますが、この漫画、作風に比して絵柄はかなり少女漫画風なタッチ。描いている島崎譲さんは女流漫画家でして、この作品を連載する前はやはりマガジンにて「THE STAR」という作品を連載していたんです。こちらは、主人公が舞台俳優を目指していくという「ガラスの仮面」の男版、みたいな作品…だった筈なんですが、マガジンという連載誌の業ひ引きずられたのが、俳優の筈の主人公が武術の達人とかとリアルファイトを始めてしまったりと荒唐無稽な展開になってしまったんですね。それでも、当時のマガジンの連載作品としては一際異彩を放っていましたね、ええ。

     

    島崎センセ、この「覇王伝説 驍」以降は歴史漫画を多く手掛けていましたが、「征神記ヴァルナス」という架空戦記的な作品も描いていました。結構好きだったんですが、話題にはならなかったですね。それと最近では松本零士作品のリメイク的なものを手掛けている様です。

     

    基本的に大まかな流れは王道…悪く言えばありがちな気がしますが、それを吹き飛ばす熱い展開が多く、熱量のある作品になっています。例えば「アルスラーン戦記」とかがそうですが、この手の架空戦記で原作としてラノベも含む小説がない、史実等をベースにしている訳でもない漫画独自のモノで、脱線や方向転換せず描き切った作品って希少な気がします。

     

    それも、設定面に比重を置かなかったからなのかも。ありがちな、自身で広げた筈の世界観や設定をたたみ切れず、裁き聞けずに脱線…というパターンに陥らなかったのも、変な自己設定とかで物語を進める前に硬め過ぎなかったからなんじゃないかと。何せ魔法じみた技とか技術は基本的に登場しませんし、不思議な求心力という形でしか驍やタケルに主人公特権を与えていないんですね。架空戦記と言いながら、基本シンプルなんです。そこが物語が破綻しなかった根本なのかも知れませんね。

    | 零哭堂 | 漫画紹介 | 19:34 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE