土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< S&TM870シリーズ ミディアム編 | main | あけましておめでとうございます。 >>
粉末そばつゆ
0

    以前、ヒガシマルの「うどんスープ」を紹介しましたよね。

    関西風のだしの味が強いスープでうどん以外にも出し汁的に様々な料理に応用が利くんじゃないかな、と書いたんですが、いや、自分は関西風のうどんより醤油味が強くて真っ黒なうどん汁の方が好きなんだ!!という人もいる事でしょう。

     

    そんな人にはこんなのもありますよ、と。

     

    富士食品 江戸前の味そばつゆ 一袋に5袋入り

     

    これもヒガシマルのうどんスープと同じく日持ちがして携帯しやすい粉末タイプ。

    ヒガシマルのうどんスープとは違い、関東風の真っ黒いそばつゆですが、商品に記載されている分量だとやや辛めというか、しょっぱさが強い汁になります。かけそば等のあったかいそばだとやや強過ぎる印象があるのでちょっと水を多くして薄目に作った方が良いかと思います。まぁ、好みもあるんでしょうが。

     

    もりそばのつけ汁として使うなら、所謂「藪」系のそばの様に箸で取ったそばの先端のみを汁につけて食べるか、やはり汁自体をやや薄目で作る方がベターかな?個人的には先っちょのみに汁をつけて食べるスタイルが好きですが。

     

    味の方は…ヒガシマルのうどんスープが出汁の味が強く出ていますが、こちらの富士そばつゆは関東風の醤油の味が強くなっています。色も金色に透き通ったうどんスープに対し、こちらは真っ黒。関東育ちにはお馴染みの色です。かけそば…といっても私も流石に記載されているのよりかなり薄めて使いましたが、市販されている希釈タイプのめんつゆの中途半端な甘ったるさがない、そば屋でお馴染みなあの汁の味に近く感じました。

     

    惜しむらくは、うどんスープより汎用性が少なそうな点ですかね。

    ちなみにAmazonとかで売っていて、値段は5袋入りの大袋が5袋…25食分でやはり千円ちょっとです。

    勿論、このそばつゆにうどん入れてもいいし、逆にうどんスープにそば入れても面白いですし、セットで如何でしょう。(笑)

     

    希釈タイプではめんつゆがどうも合わない人、関東系の黒いそばつゆをこよなく愛する人におススメです。

    | 零哭堂 | 食い物、飲み物 | 21:02 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE