土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 「ファイアーエムブレムif」 暗夜編その3 | main | S&T M870シリーズ ソウドオフ編 >>
S&T M870シリーズ その1
0

    今回は中華トイガンの中でも3拍子揃っている…として人気のS&T M870シリーズのご紹介。

    何をもって3拍子、と言うのか?といいますと…

     

    1.フルメタル、リアルウッド

    2.意外と精度もいい

    3.それでいて値段が安い

     

    この3つになるんじゃないかと。

    1のフルメタル、リアルウッドですが、これは海外製トイガンとしては別に珍しくもない仕様ではありますが、やはり銃はオモチャと言えど持った時のずっしりとした感触は欲しい訳です。2の精度ですが、S&TのM870はマルゼンのCA870シリーズのコピー。元々CA870はショットガンとしては単発式で物足りなさがあるものの、APSシリーズのノウハウをつぎ込んだおかげで精度は折り紙付きだったんですが、このS&Tのものは随所に改良も加えられています。特にインナーバレルの固定は効果的だったんじゃないかと。遠距離では試してませんが、近距離の精度は私が撃ってみてもかなり優秀な印象でしたよ。

    そして3ですが…コレ、一番安いソウドオフなら実売1万円程度。ロングでもプラス5〜6千円で買えます。樹脂製グリップ&フォアエンドのものは更に安いんです。

     

    上:ミディアム 下:ソウドオフ

     

    私が所持しているのはこの2丁。中華エアガンですから、購入時からウッドストックには多少ヘコミ傷なんかはあります。ただ目立つ傷は少ないですし、木製ストックには多少傷があった方が"らしい"です。ホントに美術品、工芸品的な木製ストックのトイガンが欲しいんなら、頑張って最初からKTWやタナカワークスのを買えって話でしょうし。

     

    外観からしてCA870のコピーなのが丸分かりではありますが、フルメタル&リアルウッドの質感にも助けられて、十分に見栄えがする銃かと思います。

     

     

    実はフォアグリップの形状がソウドオフとそれ以外で違っています。

    こうしてみると、ソウドオフがかなり切り詰められているのが分かりますね。

     

    個人的に、ガキの頃「西部警察」の団長とか見て育ったのでポンプアクション式のショットガンには強い憧れがあります。ちなみに団長の愛銃はこのエアガンのモデルになった実銃レミントンM870の前身であるM31というショットガンです。ポンプアクション式のショットガンは、特にアメリカなんかでは警官ご用達でパトカーに積まれていたり、ホームディフェンス用とかで人気。ポンプアクションの「ガシャコンッ」という音が威圧効果があるとかないとか。

    ただ、その音のせいで日本国内の狩猟とかではあまり主流ではないんだそうで。

     

    …でも堪らなくカッコいいんだよなぁ…このポンアクションの動作って。

     

    マガジンとマガジン挿入部

     

    マルイのショットシェル式のものとは違い、単発で1マガジン22発。コピー元のCA870のマガジンは出っ張るので見栄えは悪いんですが1マガジン40発で、マガジン交換も容易。互換性があるのでサバゲーやる人の中にはCA870のマガジンを使う人もいるそうで。

    このマガジンはあまり評判が良くなく、フル装填すると不具合が起きやすいらしいです。ただS&Tは中華ですがロットごとに改良をしてくれる会社なので、最近のなら改善されてるのかも。

     

     

    S&TのM870で最大のダメポイントがココ。マガジン挿入口の前にs&Tの会社のロゴ、後ろにロット番号?がデカデカとプリントされてるんです。ホワイトで。でもコレ、マシになった方で、初期バージョンでは会社のロゴが銃の側面の目立つ所にあったんですよ。

     

    私のには何でないの?と思うかもしれませんが、私のはMr.カラーのマットブラックで塗りつぶした後、ウェザリングマスターの「スス」でぼかした上につや消しクリアーを吹いてるんです。ですから、よく見ると残ってます。(笑)

     

    こういう余計な事しなきゃいい中華トイガンメーカーなんだけどなぁ…S&Tって。

     

    さて、次はソウドオフとミディアム、それぞれのレビューです。

    | 零哭堂 | トイガン関係 | 20:18 | comments(0) | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE