土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 「ファイアーエムブレムif 」 白夜編 その2 | main | まだ わからんか・・・心じゃよッ! >>
File11 タロット山荘殺人事件
0

    久々の「金田一」、今回の舞台は雪深い青森県の山奥にある山荘。

    事件の経緯はこんな感じ。

     

    アイドル・速水玲香の失踪したという報道が流れる中、ハジメの元に一通の手紙が届く。手紙の送り主は何と失踪中の玲香で、「青森で父親が経営している山荘に来て欲しい」というもの。ムリヤリ同行してき美雪と山荘に向かう。山荘に着いた2人は玲香はただの静養だった事を知り安堵、山荘に宿泊する事にしたが、その晩、ある過去の一件が原因で玲香の父・雄一郎は宿泊者の1人で芸能記者の伊丹を殺害してしまう…。

     

    そう、今回のエピソードは「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」の様に犯人が最初から明かされます。こういう手法のミステリーは倒叙物、と言うんだそうで。ただ犯人当てがキモな「金田一少年」ですからそこから一ひねりありまして、第二の殺人から雄一郎を脅迫して意のままに動かし犯行を行う「陰の脅迫者」がいる、という構図に。

     

    今回のキモはやはり対抗ヒロイン・速水玲香の再登場ですね。

    まぁ再登場したのは

     

    この人もなんですが。(笑)

     

    しかもこのエピソードが美雪と玲香の初顔合わせ。そしてエピソードのラストには今後も準レギュラーとして玲香が登場する事がほのめかされています。

     

    しかしまぁ、今回のエピソードでもそうですが、玲香は登場する度に不幸度が増してしまっている気がします。

    初登場の「雪夜叉伝説殺人事件」では明智警視に容疑者にされてしまうもハジメに助けられますが、その際乙女の秘密(笑)がバラされてしまいます。でもこんなものはまだ可愛い方で、今回の「タロット山荘」では雄一郎は実の父親ではなく彼女が2歳の時に彼女と兄を誘拐した犯人で、2人の目の前で本当の父親を絞殺した殺人犯だという事が発覚。しかも雄一郎を操っていた「陰の脅迫者」が実の兄で、彼も妹…玲香を守る為に人を殺めてしまう…。

     

    他にも所属する芸能事務所社長から肉体関係を迫られてもいましたな。

    しかも今後も登場する都度に様々な不幸が…養子縁組が流れたり、誘拐されたり、殺人犯として拘束軟禁されたり…。

     

    それでも前向きに芸能界で頑張ってるのは凄いキャラクターと言わざるを得ませんな。

     

    ちなみに、前回書いた「37歳の事件簿」の方で、噂ではありますがハジメ37歳時点で速水玲香は既に死んでしまっている、という説がありますね。他にも実は殺人を犯してハジメの手で逮捕されている、みたいな噂も。ただどちらにしても、「37歳」版のハジメが推理する事を拒んでいる事や、美雪と未だくっついていない点にコレだと説明ついちゃうんですよね。

     

    う〜ん…気になる。

     

    今回の犯人

    小城拓也 犯人強度…50万パワー

    玲香の実の兄。自分と玲香を誘拐し、父を殺害した雄一郎を利用して玲香を守る為に赤間と雄一郎を殺害。

    ただ些細なミスといい、犯人としての力量は低いかと。

     

     

    | 零哭堂 | 金田一 | 12:23 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE