土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 懐かしい | main | File1 オペラ座館殺人事件 >>
ブログのタイトルとか
0

    母親が好きだったせいか、ガキの頃から2時間サスペンスを結構見ていたんですよ。特に今じゃ考えられないでしょうが、小学校が半ドンで終わる土曜、家に帰ると「土曜ワイド劇場」とかがやってる訳です。んで、そのドラマに古谷一行さんとか木の実ナナさん、火野正平さんなんかが出てる混浴温泉モノなんかは、お姉さんがおっぱい丸出しで温泉に入っていて古谷さんや火野さん演じるキャラクターにちょっかい出したり出されたり…なんてシーンが必ずありましてね、はい。その節はお世話になりました、はい。(笑)

     

    他にも、小林圭樹さんと薬丸裕英さんの親子のやりとりが楽しい「弁護士・朝日岳之助」とか、今も再放送が頻繁にやってる「赤い霊柩車シリーズ」、先日亡くなられた渡瀬恒彦さん主演の「タクシードライバーの推理日誌」、麻生祐未さん演じるおどおどしたキャラが可愛い「税務調査官・窓辺太郎の事件簿」とか、2時間ドラマキング・船越英一郎さんが熱血火災調査官を演じる「火災調査官・紅連次郎」とか…他にも「浅見光彦シリーズ」とか「十津川警部シリーズ」とかも結構見てましたね、ええ。

     

    そんな訳で、当ブログのタイトルはそういった2時間サスペンスをリスペクトして名付けていて、一応、脳内キャラクター設定とか脳内配役設定はあったりします。(笑)

     

     

    さて、漫画でこの手の2時間サスペンスといったら

     

    「名探偵金田一少年の事件簿」

     

    ですかね。同じカテゴリでは「名探偵コナン」もあってコチラの方が人気もあると思いますが、あちらは推理モノの皮を被った活劇ですからね。その点、一見怪しげな怪人物とかホラーっぽい演出が、本作主人公の祖父が活躍する横溝正史作品みたいなイメージを受けるものの、やってる中身ってミステリーというよりサスペンス寄りなんですよね。だから私は「名探偵コナン」にはあんまり惹かれないんです。

     

    実は最近、気まぐれで中古本を探し回って読み直しているんですが…すんごい種類あるのね、このシリーズ。

    私が学生だった頃スタートした最初のシリーズが「Fileシリーズ」で、それを単行本1冊か2冊で1エピソードが終わるよう構成をリニューアルした「caseシリーズ」、続いて「新シリーズ」、「Rシリーズ」…他にも「20周年記念シリーズ」やら短編、明智警視や高遠が主役のスピンオフやらセルフパロディの「1泊2日小旅行」やら「犯人たちの事件簿」…

     

    …多過ぎだろ!!(笑)

     

    でもまぁ、今になって「ゴルゴ13」を全巻揃えるのよりは楽だろ、多分。

    スピンオフは除外するつもりだし…って、「犯人たちの事件簿」は読んでみたいな。(笑)

    今の所「Fileシリーズ」と「caseシリーズ」「20周年記念シリーズ」は揃いましたわ。

     

    そんな訳で、次回は「オペラ座館殺人事件」について…かも。

     

     

    | 零哭堂 | 雑記 | 20:02 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE