土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 基本クソゲーでしたが | main | Waltersons 1/24RC戦車 4号D型改H型仕様 あんこうチームその2 >>
Waltersons 1/24RC戦車 4号D型改H型仕様 あんこうチーム その1
0

    と、いう事でWaltersons1/24RCの「ガールズ&パンツァー」仕様より、主人公達が駆る4号D型改H型仕様です。

     

     

    キャラクタープレートはさおりんでした。あんこうチームでは一番好きな娘なので良かったです。(笑)

    数量限定で付属するらしい免許証は入っていませんでした。残念。(まぁ、要らないんだけどね)

     

    後述するシュルツェンの新造等、同シリーズの「ガルパン仕様」では一番力が入っている車両ではあるんですが、それでも細部は結構違います。例えば目立つところで前面についているバーの様なもの…コレは予備履帯ホルダーだと思うんですが、劇中でのあんこう号にはついていません。

    まぁ、それでもプラウダ仕様のT-34/85やサンダース仕様のM4シャーマンよりはマシなのでしょうが、せっかくなのだからもう少しこの辺に関しては頑張って欲しかったところ。ちなみに通常版では履帯が茶色でしたが、「ガルパン仕様」の車両はグレーになっています。

     

    余談ですが、案の定履帯は逆に取り付けられていました…というか、通常版も逆でしたが気が付かずにそのまま写真撮ってました。(笑)

    ついでに、履帯直そうと思い、取り外そうとした際に1コマ割ってしまいました。(泣)

    こうなってくると予備も貴重だなぁ…。

     

     

    シュルツェンが新造されています。

    通常版は四角っぽい形状ですが、あんこう号のは角を落とした様な形状になっています。

    シュルツェンや砲塔の大洗学園校章やあんこうマークはシールにて処理されています。流石にプリントは高望みし過ぎかな。

    シール部がテカってしまうのが気になる人は、つや消しクリア吹けば多少は改善されます。

     

    こうしてみると、車体色がやや明るすぎるかな、とも。

    もうちょっと赤茶けた感じの方がイメージに合うかな?と。

     

     

    プロポはこんな感じ。以前、「ガルパン仕様」のプロポはピンク、なんて書いてしまってますが、車体色と同じ茶色でした。

    ネットの写真で色を見間違えてしまっていたようです。

    プロポに関しては色意外特に語るべきポイントはなし。

     

     

    で、今回は撮影しておいたボッシュライトの箱出し状態の惨状。

    これでは悪名高きヘンロン1/16のLEDむき出し処理と大差ないです。

    コレは要改修ですね。

     

    そこそこ似せてはいるけれど、詰めが甘い…そんな印象です。

    まぁそれでもファンアイテムとしては及第点かな?気に入らなければ改修すればいい、という考え方もありますしね。こういうホビーよりなトイラジコンの場合は。ただ予備パーツとかが出回ていないのも難点と言えば難点かも。気軽に修理出来なきゃ白熱した赤外線バトル…とは行きにくいよね、と。

     

    と、いう事で今回はここまで。

    次回はボッシュライトの回収と、ちょっとした小ネタを挟もうかと思ってます。

    | 零哭堂 | RC戦車 | 10:37 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE