土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 自己責任って便利な言葉だよね | main | 前略、宿の部屋より >>
お父さんはフェストゥムとどう違うの?
0

    「蒼穹のファフナー」という作品…劇場版「HEAVEN AND EARTH」の続編「EXODUS」に続き、来年から劇場版作品として最新シリーズ「THE BEYOND」始まるらしいんですが、最近このシリーズのヒロイン的位置づけのキャラクターである遠見真矢の声を担当していた松本まりかさんの名前をネットでよく見るので、なんでだろ…と思っていたら、テレビ朝日のドラマ「ホリディラブ」の演技が話題になっていて一躍時の人、みたいになっていたんですねぇ…。

     

    声優としてはナレーションとかが多く、アニメ等で名前を見るのは稀だった…と言い切れる程近年のアニメを見てはいないんですが、この方は元々俳優業をメインにしている方で、専業声優ではないんですね。大御所声優となった人がよく「昔は声優なんて職業は無く、俳優志望の若手が食い詰めてバイト的にアニメ等の声の仕事をしていた」というパターンの人なのかも。

     

    ただ…ワタクシ、結構「蒼穹のファフナー」という作品…といっても「EXODUS」を途中まで見て、なんか違う、と離れてしまったので「HEAVEN AND EARTH」までの話しかできないんですが、遠見真矢というキャラクターはかなり好きなキャラクターだったりするんです。一部のファンからの受けが非常に悪く、男にとって都合の良い女、的な批判をされる事もある彼女…でも私は主人公の一騎に想いを寄せつつも親友の件などがあって一歩踏み出せないビミョーな関係とか、割と…いやかなり好きなんですわ、ええ。鼻にかかったちょっとくぐもったような松本さんの声も、何とも彼女にマッチしていて実質彼女が主役だった無印18話なぞ、もうゾクゾクしっぱなしでしたよ。

     

    さて、そんな松本まりかさんですが、こんなドラマにも出ているんです。

     

    オダギリジョー主演 「リバースエッジ 大川端探偵社」

     

    テレ東の深夜枠でやっていた30分ドラマで、ひじかた憂峰&たなか亜希夫コンビの同名漫画を原作とした作品です。監督は「モテキ」の大根仁さんで、ひじかた氏の原作のドラマ化は「湯けむりスナイパー」に続いて2作目になります。

     

    登場するのは9話「命もらいます」で、あるオタク青年がある遊園地の園内アナウンスの声に惚れてしまい、声の持ち主に会いたい、と大川端探偵社に依頼する…というモノ。ちなみに松本さんの役どころはその園内アナウンスの声の主。ネタバレしたら面白くないので詳しくは書けませんが、彼女の出演シーンでのある言葉は、俳優を志していて声優はある意味副業、という彼女のスタンスを考慮すると、何とも複雑な気持ちにさせられるんです。特に、彼女が声を当てた遠見真矢のファンと致しましては。(苦笑)

     

    このドラマ、元々原作漫画のファンだったんですが、主人公・村木を演じるオダギリジョーさんがあまりにも漫画を読んでの脳内イメージにピッタリだったので思わず見てしまった作品なのです。若いのに何だかくたびれている様な、枯れたような感じが正にはまり役だと思います。ドラマとしても基本1話完結式で見やすいタイプの作風ですし、原作を結構脚色はしているんですが、原作のイメージ自体はかなり大事にしている作風なのが好感が持てる隠れた名作だと思います。

     

    個人的ベストエピソードは3話の「ある結婚」。コレ…何だか泣けるんです。

    30分枠ですが、余韻の心地よい作品ですよ。

    | 零哭堂 | ドラマ・映画 | 21:33 | comments(4) | - |
    初めまして、記事自体はホームページ時代から読まさせて頂いておりました

    ファフナーは一時期エヴァのパクり的な扱いでしたが、上手く調理して独自の路線を確立したように思えます

    ただ、劇場版までならともかくEXODUSは切って正解だたかと
    投げっぱなしな上に前作の結末に泥を塗るような展開ばかりになってますしね....
    終わるべきときに終われない悲しい作品に落ちぶれてしまったと思います
    | デスニート | 2018/10/29 2:51 PM |
    初めまして、零哭堂です。
    感想感謝です。

    「ファフナー」は実は劇場版公開直前にやっていた地方局…MXだったっけ?が一挙再放送やっていたのを出張先で見てハマったんですよ。「EXODUS」に関しては…劇場版の出来も良かったので期待してはいたんてだすが…途中で「何かが違う」と違和感が出て来て切っちゃったんです。

    それ以降、「ファフナー」には食指伸びない作品になってしまいましたが、願わくばその後唯一と言っていいレベルでマトモに視聴している「ガルパン」の「最終章」が、蛇足とか止めとけばよかったのに…なんて言われないことを祈るばかりです。

    「けものフレンズ」の一連の騒動然り、アニメも諸行無常な所がありますからね。
    | 零哭堂 | 2018/10/29 10:49 PM |
    表沙汰にはなっていませんが、ガルパンの続編は揉めてるらしいと言われてますね
    まあ、1クールを6分割という時点でイヤな予感はしていましたが
    制作会社の遅れ作業の悪癖がもう限界なのかもしれませんね
    監督は痺れを切らしたのか、来年自身の手掛けた業界アニメのスピンオフっぽいのに逃げちゃってますし

    けもフレも酷い有り様でしたねえ
    一般的に監督のおもらしツイートでKADOKAWAが悪の組織みたくなっちゃってますが
    後から出てきた情報見ると切られた制作サイドがホウレンソウ出来てないという.......
    | デスニート | 2018/10/30 9:32 PM |
    >「ガルパン」
    アニメの情報とかに無頓着なのでよく分かりませんが、時間を置けば置くほどファン側のモチベーションは下がってしまう訳で、流石に11、12話を待てても1年以上の感覚を待てなくなってしまうファンは出てきそうな気がしますね。

    まぁ、私は漫画の方で長期休載とか割と耐性がついているので全然平気ですが。(笑)

    >「けもフレ」
    詳しくは分かりませんが、アニメ監督らデザイナーやらスポンサーやらといった確執みたいなものは、視聴者からすれば興醒めする要素な訳ですが、SNSでの制作者サイドの何気ない情報があっという間に広まった事で必要以上に大事になってしまった気がします。これはもう誰が悪いとかいう問題ではないのかも知れません。
    | 零哭堂 | 2018/11/01 7:05 PM |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE