土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 嘘だと言ってよバーニィ | main | 自己責任って便利な言葉だよね >>
戦車ゲーム
0

    現在、出張中でしてホテルで夜1人、かなりヒマな訳です。

    でもテレビつけても趣味の合わないバラエティ番組とかばっかりで見る気も起きないし、仕方なくyoutubeで動画とか見ている訳です。

    それで、最近よく見るのが「World of Tank」のプレイ動画…本人の実況の奴は何だか声が聞き取り難かったりするので、いわゆる「ゆっくり実況」という奴を見てるんですが…やっぱり動画アップする様な人は上手い人が多いですね。

     

    …まぁ私、「World of Tank」やった事ねぇんだけどな。(苦笑)

     

    いや、「ガールズ&パンツァー」の人気でタイアップしてた頃から興味はあったんですが、ウチのパソコン君はネット通信タイプのゲームをやるには通信環境含め、聊かポンコツ過ぎます。スマートホン版の「ブリッツ」もありますが、戦車の数なんかが少ないらしいですし、何より

     

    「スマホゲーには手を出さない」

     

    という自らに課した御法度に触れてしまうので何とも…かといってPS4版はPS4買っても他にやりたいゲームが無いという…。

    史実やら架空、色々な戦車が出てて楽しそうなんですが、自分でプレイするのは…やりたいのはやまやまなれど、現実的ではないな、というのが現状だったり。まぁ、仕方ないね。プレイ動画見てるだけでも楽しいし。

     

    ちなみにプレイ動画でお気に入りなのがmondo moso氏、kitakitsune氏、 drums heppoko氏の3人の動画です。

    mondo moso氏はかなりの実力者で勲章とかバンバン取ってます。実際「WoT」プレイしている人には参考になるんじゃないかと。kitakitsune氏はPS4版での実況ですが、現在は引退している様です。実況が操作している車両の搭乗員で会話をしながら…という設定で、動画の作り方が大変にユニークで、かつ実力者でもあります。最後のdrums heppoko氏は先の2人よりは実力が落ちますが、むらっ気がるのか安定しないのが大変に面白く、大口径榴弾搭載の日本重戦車が得意な模様。コチラは小隊組んだ場合小隊メンバーとの会話が面白かったりします。

     

    さて、そんな訳で今回は戦車ゲーム

     

    マイルストーン ニンテンドーDSソフト「タンクビート2 激突!ドイツ軍vs連合軍」

     

    このゲーム、「2」とある様に「1」もあるんですが、「1」の方は架空の世界が舞台で登場するのも架空の戦車…バトルモード等では実在の戦車も使えましたし、架空の戦車もコレはコレで面白かったんです。私などはストーリーモード開始後2番目に入手するコッキネルという小型快速で一番弱い戦車砲と普通の機銃装備の戦車で殆どのステージをクリアしました。どこぞの少佐の

     

    「当たらなければどうということはない」

     

    を地で行く戦い方でした。(笑)

    そして「2」の方は舞台がWW2となり、難易度の低い順からアメリカ、ソ連、ドイツ…最後に隠しストーリーで日本それぞれの物語を追っていく形に。なんにせよグラフィックはビミョーではあるものの史実の戦車が使えて、戦記モノとしてもそこそこ面白いものだったんですよ。まぁ、日本は何故か連合軍側に組してソ連の手下としてドイツと戦う…という不思議な形態になってましたが。

     

    さて、このゲームのキモはそのシステム。DSの下画面にある自車や僚車の進行をタッチペンのスライドで決定し、射撃は狙う位置をタッチペンで指示しながらボタンで発射…というもので、上手くタッチペン機能をゲームに生かしているんです。「2」ではバック走行や仰角の変更なんかも出来て、戦車砲やりゅう弾砲といった搭載砲の違いも再現できていました。基本、タッチ操作する下画面ばかり注視してしまいがちなんですが、意外に自車の背後からの視点が映る上画面から得られる情報も少なくなくて、上画面を確認できる余裕が持てるようになると稜線を生かした戦闘とかも出来る様になるんですよ。色々な部分でプレイを重ねていくにつれ上手くなっていくのが自覚できるゲームで、何気に対戦ツールとしても優秀だったんです。マイナーで決して売れたゲームではなかったんですが、ネットで対戦用の掲示板なんかもあったんですよ

     

    登場する車両もいい感じで有名どころは抑えてありますし、T-34系なんかはバリエーションも豊富です。日本の車両は実車は少なめですがクセのある戦車が多くて使っていて楽しかったりします。ストーリーモードでは使えないものの「1」で登場した架空戦車も使えますし、自車としては使えませんが日本編のラスボスがゴリアテを飛ばしてくるマウスで、通信対戦で階級を上げていくとポルシェティーガーやティーガー2ポルシェ砲塔が入手できたりします。テレビ版の「ガールズ&パンツァー」に出ていた大半を網羅していたので、私は密かに「タンクビート3 戦車道全国大会」なんて「ガールズ&パンツァー」とのタイアップを密かに期待してたんですよね。(笑)

     

    今でも、システム面はほぼそのままで、グラフィックやマップをもっと凝ったものにした新作が出ないもんかな…と思っていたりするんですよ。でもこの開発元のマイルストーンって会社、バイオエタノール事業に手を出した挙句、詐欺まがいの事をして金融商品取引法違反で逮捕されてしまって活動休止しちゃってるんですよね。

     

    …勿体ないなぁ…いいゲームなのに。

    | 零哭堂 | ゲーム | 20:38 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE