土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 久々に食ったらやっぱり旨かった | main | 嘘だと言ってよバーニィ >>
よく分からんよな、結局の所
0

    もうすぐハロウィンです。

     

    ただ、正直昭和生まれのオッサンには未だ「ハロウィン」と言われても、結局何なのかが良く分かっていなかったりします。

    昔は正直、日本人には殆ど馴染みが無かったイベントだった筈なんですが、最初はディズニーランド辺りがパレードのネタかなんかにして、それに製菓会社が乗っかってあれよあれよと広まりまして、今ではドン・キホーテとかでハロウィン用のコスプレ衣装とかパーティグッズ売られたり、スーパーとかコンビニでも乗っかった企画や商品が置かれるようになりました。

     

    ニュースなんかでも親子でコスプレしたり若い連中が盛り上がったりする様が放送されますが…正直、何の為にやっている祭りなのかすら私には分かりません。(笑)

     

    まぁ、日本の場合は盛り上がる事がメインで、その風習の起源だとか行う理由とかに関しては無関心で、取り合えず集まってコスプレとかして

     

    「Trick or Treat」

     

    とか言いあう…という一種のコスプレイベントみたいな様相を呈していますが、どうしてもワタクシ、古い人間なので馴染めません。

    若いカノジョとか結婚してて娘とか息子がいれば違ってたかも知れませんが、あいにく私は独り身なのでね。(苦笑)

    そんな訳で、そのハロウィンの風習だとか、象徴的な存在であるジャック・オー・ランタンとかについて知りたい!という人にはコレなんかオススメかも。

     

    染屋カイコ 「かみあり」 現在8巻まで発売中

     

    島根県の出雲に引っ越してきたコッテコテの関西少女・千林幸子が神在月(出雲での10月、神無月の呼称)に出雲に集まる八百万の神々の存在を知り、神様たちと過ごす日常を描いた作品。基本はコメディ作品ですが、所々に登場する神様の解説や、それに付随する伝説、伝承を幸子らの日常生活に絡めて描いているのが面白い作品なのです。

     

    本作の面白い所は、日本の島根県が舞台と言うことで日本の文化にかなり神々も影響を受けている…というのも神々の存在は信仰などの人間の認識とかそういったものに多分に影響を受けてしまうので、アニメや漫画、ゲームなどの影響で海外から顕現した神々はかなり変質している上、本来神々と相反する悪魔まで顕現しており、果てはゲームやアニメ等のフィクション世界の神々…つまりはアニメやゲームのキャラクターすら顕現してしまう…というカオスっぷり。そして現代を生きる日本人をベースとした形で「実はこうなんだ」というウンチクがあり、そこが楽しいのです。ユニコーンの件なんか凄く面白いネタでしたよ、ええ。

     

    そして主人公の幸子は「神様ホイホイ」という特性はあるもののかなりフラットな視点の持ち主なのが良いんですよ。神々に対しても神在月に馴染みがあるクラスメイト達に比べて畏怖も偏見もない…早い話、良く分かっていないというか神々への知識とかが割と薄いのが、読んでいる読者の神々への認識とかイメージに重なってくれるんですね。まぁ、視点こそ重なるものの幸子は行動力の塊のでそこそこ読者も置いてけぼりな行動を取ってしまうのも漫画としては面白い訳で。

     

    ただ、神々をテーマというか、題材にしてはいるもののミョーに人間臭いというか…そこが何気に興味深いんです。例えばアニメから顕現したガブリエルが、本家ガブリエルに連れられ「主」に会うエピソードではキリスト教の内輪もめを「古参の多い大手人気ジャンル」と評したり、顕現した海外の悪魔達が日本におけるゲームや漫画等でのイメージや使われ方に対し本音を吐露したり、結構考えさせられたりする部分もあったり、と何気に深み感じる描写もあったりと侮れない作品なのです。

     

    この作品、実はアニメ化とかしたら実に面白い題材な気がするんですよね。神々やら宗教ネタはタブーと言えるのかもしれませんが、ネガティブな描写はそんなにないのですし、ウンチク漫画的な要素もあって良いんじゃないかなぁ…と。

     

    そんな訳で今日はここまで。

    …え?この漫画でハロウィンについて分かったのかって?

    ジャック・オー・ランタンが自業自得な奴だという事だけは分かりました、ええ。(笑)

     

    | 零哭堂 | 漫画 | 19:39 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE