土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 説教等妨害罪ってのがあるんです、日本には | main | 時事ネタ >>
刑事モノはテレ朝系がいい
0

    昨日、ジャニタレの中島健人さんと「湯けむりスナイパー」以降コミカルな役にも定評がある遠藤憲一さんがコンビを組むドラマ「ドロ刑 警視庁捜査3課」が始まりました。コレ、知っている人は知っているかと思いますが

     

    福田秀 古谷謙一 「ドロ刑」現在2巻まで発売中

     

    この漫画が原作です。この作品のドラマ化が決まった時点で、

     

    「アレ?話のストックがそんなに溜まってないのにどうするんだろ?まぁ基本1話完結型の刑事ドラマなら原作にないエピソードとかやり易そうだし大丈夫なのかね。」

     

    等と思っていたら…いやいやいや、ここまで原作崩してくるとは思いませんでしたよ。

    まぁ、ドラマの方は見ようと思ってみた訳ではなく、風呂が沸くのを待っているのにテレビつけていたらたまたまやっていて、煙鴉の正体を班目が匂いで看破して高橋克己さん演じる泥棒が行動開始…という所までしか見てないんですが。

     

    …というか、面白かったら最後まで見ようかとも思ってたんですが…ダメでしたね、私には。

     

    原作の方では班目は割と熱血系の新米刑事で、煙鴉の方ももっと飄々としたキャラクターです。それで、煙鴉は班目を気に入って色々とアドバイスをする訳ですが、班目の方はそのアドバイスで泥棒を逮捕するものの隙あらば煙鴉をも逮捕してやろうと思っていて、それを煙鴉がひらりと躱す…という、銭形のとっつぁんに協力するルパン、的な構図だったんですが…何だろ、ドラマと原作が共通する部分って名前なんかの基本設定と、班目が匂いで煙鴉を看破、とかそんなモンだけだった様な…最後までドラマ見てないんで私が切った後に何があったのかは分からないんですけどね。

     

    しっかし…なんで班目のキャラクター設定をあんな感じにしちゃったんですかね?

    私がこのドラマを最後まで見る事より風呂に入る事を選んだ理由の9割がコレが原因。あれじゃあこのドラマ見ても

     

    「中島健人クン、チョーカッコイイーッ!!」

     

    という感想しか持たないであろう人達以外への求心力があるのか甚だ疑問。もし脚本や演出が班目を「今時の若者」として描いた、というのなら、現実に頑張っている若者達に失礼な話ではないか…そんな風にさえ思える程、ただひたすらに不快なキャラクターに仕上がってしまってます。脚本や演出は今までにない刑事ドラマ、という奴を目指してああいった改変をしたのかも知れませんが、だとしたら

     

                 /  ̄ \
                | , '⌒ヽ |
                | |    | |
    .               | ヽ_/ .|                        / ̄ \
    .            ト、 ____,.イ                     | __∧_ |
    .        ___ ノ  \ / l                       |ヽ  /|
    .     /    `ヽr--、ー、,,└-‐―- 、                 ||/\| |
        /        /ニニ\          \                ト、___ ,イ
    .    {         ,  `⌒` <\  ,ィ―'⌒ヽ.`ー 、          /\.ノ ゙、 /└-‐―-、
        ',      /        `Y´     ./⌒ヽ ヘ.     /  ̄  ー 、, -‐/ニヽ    \
         ヽ、                 /    \}   /             /二ミ/      i
    .     | {> 、   `ー--        /      ヽ  ./ / ̄7 ̄ ̄ ̄`´         .|
    .      | V  `> 、____    , く `ー'   ノ /  ´⌒ヽ'              /  /
    .       |  V         `ー '  `7ー――'   {      \ヽ       ./   ∧
         |    \             /|      〈      _> 、__/    /.ハ
          |      |              /.|      `ー―<´ { i  }        /  ハ
    .    |    /―― '  ̄ ̄ ̄`ー/   |        | V ∧ --!--        /\V  ハ
    .     |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  |         |V ./  〉 { !   }      〈  \V ハ
    .      |   ./             ハ  |          | /  /           ハ   V ハ
    .      |  /, -―- 、           }  .|          し'  /           ハ    \リ

     

    よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
    大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ。
    王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は作れないぞ!

     

    という4次元殺法コンビの名言を捧げたいと思います。(笑)

    ちなみにネットで拾った話なので真偽は分かりかねますが、中村さん自身は原作を読んで原作の班目よりの演技をしたらしいんですが、監督に「もっと可愛く」とダメ出しを喰らったんだとか。この話が本当なら、このキャラクターの改変は監督が主犯、という事になりますな。

     

    「太陽にほえろ」や「西部警察」の時代から刑事ドラマと言えば日テレとテレ朝…だったんですが、「刑事貴族」辺りで刑事ドラマの系譜が単発としてはともかく、シリーズとしては途切れている印象の日テレ。

    一方「西部警察」以降もコンスタントに単発モノ含めて刑事ドラマを続けているテレ朝は、その分ノウハウも蓄積されているのか堅調と言うか、悪い言い方をしてしまえば「マンネリ」な訳ですが…私などはその手堅いドラマとしての面白さの方に強く惹かれるんですね。

    ドラマのスジで凝るのならまだしも、キャラクター設定とかで奇をてらった形にされる事へのキャパシティは割と少ないみたいです、ええ。

     

    人気ジャニタレ主演のドラマですから、数字的にはそれなりの結果を最終的には維持するのかも知れませんし、、遠藤憲一さんは実力、人気とも高い俳優さんですからこれからの巻き返しがあるのかも知れませんが…私はもう見ません。原作漫画に拘りがある訳ではない作品なんですが…途中までしか見てないのにヒドイ、という感想しか持てなかったので。

    | 零哭堂 | ドラマ・映画 | 21:15 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE