土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
<< 時事ネタ | main | BookLive!コミックのCMでコレを思い出した人は多い筈 >>
非人型の架空メカって良いよね
0

    HP由来のゲストの方は、私が人型ロボットに並々ならぬ思い入れがある…というのは何となく分かっていただけるかと思うんですが、ココ最近は然程でもありません。(苦笑)

    いや、個々の好きな作品ってのは好きなまんまなんですが、新作とかをわざわざ追いかける気にはならないし、アクションフィギュアやプラモデル、超合金的なトイにも全く食指が動かなくなっています。

     

    最近では人型以外のメカにキョーミが映ってまして、「ティーガー戦車隊 第502重戦車大隊オットー・カリウス回顧録」を読んで戦車にハマり、その直後に始まった「ガールズ&パンツァー」にトドメを刺され…って、実の所ガキの頃から「ZOIDS」とか集めてたし、クルマとか重機なんかが好きだったんです。

     

    …バイクと電車には全くハマりませんでしたが。(笑)

     

    そんな訳で、コレ。

     

    ロケットモデルズというメーカーがリリースしている「フィスト・オブ・ウォー」シリーズの、「ドイツ軍E75ビエラフースラー128mm戦車砲」というプラモデルです。

     

    詳しくは分からないんですが、WW2が1947年まで続いていた…という設定で、オーバーテクノロジーを得たドイツ軍が多脚戦車を開発し…という世界観の様です。E75というと「World of Tanks」ではティーガー2の後に開発できるドイツの重戦車、通称イナゴとして登場している様で。(プレイしてないけど関連動画とかよく見てるんです/笑)

    この多脚戦車、WW2末期のドイツのE計画の車両がモデルで、そう考えると砲塔はティーガー2のヘンシェル砲塔の面影がありますね。レトロな感じと近未来な感じが良い感じに混ざり合っていて中々好きなデザインです。

     

    多脚戦車って面白いですよね。「攻殻機動隊」のタチコマだのフチコマにはあんまり惹かれないんですが、「太陽の牙ダグラム」のクラブガンナーとかデザートガンナーなんか好きですし、「フロントミッション」シリーズにも、この写真の奴みたいな奴が出てきますね。地味な所で「蒼き鋼のアルペジオ」の原作には自衛隊の多脚戦車・岩蟹なんてのが出てきて以外にカッコ良かったんです。

     

    他にもロケットモデルズさんからは「フィスト・オブ・ウォー」シリーズとして色々出るみたいです。

    自分じゃ最早プラモデルとか作る気にそうそうならないんですが、リリース情報は楽しみだったりします。

    | 零哭堂 | 雑記 | 20:55 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE