土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖    夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
時事ネタ集
0

    オリンピックボランティアを集めるための工作ツイートが露骨だと話題

     

    無償の労働力として期待している若い世代は、日頃から会社で上の世代の理不尽とか安月給で散々酷使されていているんだから、ボランティアなんかしている余裕はない、ってのが現状でしょう。怠惰ではないんですよ、ボランティアが集まらない理由は。

     

    そもそも、"東京"オリンピックなのに東京だけで完結できていない時点で誘致自体に無理があった、という事でしょうよ。近隣県民としてはいい迷惑でしかないですわ。ボランティアは誘致の際に「取らぬ狸の皮算用」してた連中が責任取ってやったら宜しい。色々お題目は並べてましたが結局は承知の根源にあったのは経済効果云々という奴の筈。なのに金が足りませんからタダで働けとはどういうこった?

     

    行政がこんな顛末…支払うべき賃金をケチって社員を酷使するブラック企業と変わらん事をやっているのに何が「働き方改革」なんだか。

     

    ワタクシ、石原裕次郎のお兄ちゃんが誘致を言い出した時点から一貫して「東京オリンピック反対」です。

    元々サッカーワールドカップとかもそうですが、スポーツイベントに一切興味がないので。

    未だに「やめちまえ」と思ってる位です。

     

     

    太田光「週刊新潮テメェ」希代のバカみたいに書いて

     

    そもそもこの問題、当人たちが怒り狂ってる割に然程大きく取り沙汰されていない印象。まぁ、騒ぐ程のものでもない、というのもあるにはあるんですが、それでもベッキーから始まる不倫騒動とかより全然話題にはなってませんわな。

     

    この理由は簡単ですわ。今までだって、なべやかん氏の騒動後もアイドルとかが実態が良く分からないAO入試だの推薦入試とかでポンポン有名、名門大学に合格してるのを見ちゃってる訳です。

    そういった宣伝効果を期待した大学側とタレントの思惑が合致した裏口入学と然程変わらない特例的な合格が、既に当たり前的にまかり通ってる訳で、何を今更…という感覚が非芸能人にはあるんですよ、恐らく。

     

    そうなると本人と奥さんが訴訟云々までちらつかせて騒いでいる…これも一種の話題作り、宣伝工作としか映らないのかも。

     

     

    最後についでに思った事を。

     

    スマホとかインターネットのニュース記事のページなんかに、「松本人志、坂上忍の発言を毎日チェック」みたいなのが出る事があるのを見た事がある人も多いかと思いますが…コレって意味あるんですかね。

    多分、ワイドショーとかの発言を拾っているんでしょうが…コレ必要?

    他にも、例えば映画の試写会で誰某がこんな事を言った、とかそういうのならまだしも、最近はネットのニュース記事なんかでタレントの誰それがラジオの番組内でこういった、とか、テレビ番組内で誰某が何某の件でこうコメントした、とかいう芸能ニュースの記事…要る?要らないでしょ、別に。

     

    基本芸能界とかに関するワイドショー的な話題に私がキョーミがないからなのかも知れませんが、政治の番記者とかじゃないんだから、特定のタレントの発言をいちいち拾って発信する事にどれだけの意味があるの?発言している当人はそもそもそういうのも踏まえた上での発言をしてるの?とは思います。

     

    いや、この人達って思った事コメントしてるだけでしょ。それをその番組内だけでなくネットニュースの記事とかにして情報を拡散する必要性…言ってしまえばそこまでする程の価値、あると思います?

     

    そもそも…テレビのワイドショーでタレントをMCとかコメンテイターに使い過ぎでしょ。そういう連中ばっかり起用するから扱う内容も芸能界での醜聞ばっかりになってしまうんじゃなかろうか、と。

     

    そういうのを視聴者が求めているからだ、と言う人もいるんでしょうが…そもそもテレビ自体が何やっても数字取れてない時代なんじゃないの?と。それは「テレビはオワコン」と言ってしまえば終わりかも知れませんが、結局の所は局側の思惑と視聴者の見たい物がずれている、という事ではないのかな、と思う訳で。

     

    | 零哭堂 | 時事ネタ | 22:42 | comments(0) | - |
    日本と言う国はつくづく…
    0

      山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳児を、78歳ボランティアの男性が発見し、話題になっています。

      この炎天下、よくぞ無事で…と思いますし、発見し命に別条がないというのは大変喜ばしい事だと思います。

       

      …ですが!!発見、救助したボランティア男性に対してSNS等で批判が殺到しているんだそうで。

       

      2歳の子が発見されたニュースを読んでたら、「発見した男性が飴玉をあげるとこどもが噛み砕いて食べた」みたいなこと書いてあって、や、やめて……2歳児に飴玉あげないで……窒息したらどうすんねん……と思ってしもた。発見できたことは素晴らしいし無事でよかったけど。

       

      山口県の子見つかって良かったけど、詳細記事読んでると、見つけたボランティアの男性が発見当時飴玉を与えたって書いてて、2歳なったばかりの子に飴玉!?もっと他に何かなかったん!?って思ってしまった…

       

      コレが、ボランティア男性を批判しているSNSの一例です。

      何ていうのかなぁ…この件でこういう事を書いてしまう人と言うのは、仮に自分と幼い自分の子供が雪山で遭難した時、一応非常食として用意していたチョコレートを「歯も磨けないこんな状況で虫歯になったらどうするんだ」なんて言って子供に分け与えないで自分だけ食べるんだろうか…と。

       

      現実の状況と仮定の状況が違う?

      いやいや同じですよ。

      一番の問題は現実、仮定の状況だの何だのではなく、緊急時における判断、優先順位のズレですわ。

       

      このクソ暑い中、ロクに飲めず食えずの状態だった幼児に対し、手っ取り早くカロリーを摂取させる事は間違いではないでしょうし、そもそも飴をのどに詰まらせるかも…って、仮に詰まらせてもボランティア男性が傍で見守っていた訳でしょ。ボランティア男性にしても、飴を与えてその様子から幼児の健康状態…まだ気力、体力があるのか、それとも切羽詰まった状態なのかを確認する意図もあった訳で、そこでがっついて飴を喉に詰まらせたとしても吐き出させたり出来る可能性は高いでしょ。何も与えないで幼児の健康状態を悪化させるよりはマシ…正しい判断ではないかと。

      飴というチョイスにしたって、行動食の代名詞的なチョコレートなんかではこの炎天下、溶けてしまっていざと言う時に摂取しずらい状態になる可能性は高く、おにぎりなどに至っては痛む可能性があって論外でしょ。保冷バッグ等を用いれば…という意見もあるとは思いますが、草木をかき分けての山での捜索活動…そんなバッグなどは邪魔になるのは目に見えています。その点、飴だと携帯しやすいですよね。

       

      …しかもさ、聞くところによると飴とは言ってるけど渡したのは熱中症対策用の塩タブレットだという話も。これの真偽は分かりませんが、2歳の子供がボリボリかみ砕ける、という事からしても、比較的柔らかい飴を選んで携帯していたんじゃないか?

       

      そもそも、ボランティア男性の行動に対して批判、非難する資格があるのは幼児の親御さんを始めとする家族であって、パソコンやスマホ弄っている人にはないんですわ、根本的に。身勝手な正義振りかざした所で完全に部外者ですから。

       

      熊本の震災の時も一時期所謂「不謹慎狩り」とかの他に、例えば高額な義援金を寄付したタレントに対し「偽善」だの「売名」などといった批判が相次いだ事は知られていますが…今回の件もそうですが、こういう無軌道な批判が湧いてくるのはいつもインターネットやSNS。多分、書き込んでる奴は警察・消防や自衛隊、ボランティアが大汗流して活動するのをクーラーのきいた部屋でテレビを見ながら、歪んだ正義の拳をふるう訳です。この手の「自称・正義の味方」の自己陶酔ほど世の中で邪魔なものはないですよ、ええ。

       

      たとえ偽善でも手を差し伸べる事に変わりはなく、自身で動いた人を口先指先しか使ってない奴に批難する資格なし。

       

      日本と言う国はどうなっちまったんだろうね、ホントに。

       

       

      続いてコレ。

       

      声優・石塚運昇さん死去

       

      杉田智和さんがラジオかなにかの自己紹介で、

       

      「好きな哲章は玄田哲章、好きな万丈は銀河万丈、好きな運昇は石塚運昇」

       

      なんて言っていたのを思い出します。

      石塚さんの声と言えば、個人的には「マクロスプラス」のガルド・ゴア・ボーマンや「カウボーイビバップ」のジェットでしょうか。それと、海外ドラマ「CSI:マイアミ」のホレイショも印象的でした。この前記事書いた「デッドオアアライブ」シリーズでも酔拳使いのブラッドの声を当ててますね。低いトーンの大人の男の声の…思わず憧れてしまう渋い声の持ち主でした。

       

      謹んでご冥福をお祈りいたします。

      | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:10 | comments(2) | - |
      ゲスは一体どっちなんだ
      0

        先日、フリーアナウンサーの小林麻耶さんが非芸能関係者とのご結婚を発表し、これを機にアナウンサーを引退した、という報道がされましたね。で、早速コレです。

         

        小林麻耶さん、収監し直撃に怒り。「怖くなり」逃げても追いかけられ

         

        ゲスの極み乙女のボーカルとベッキーの不倫騒動が週刊誌にすっぱ抜かれた際、「ゲス不倫」なんて言葉が流行りましたが…ゲスなのは不倫をした奴らなのか、それを面白おかしく書いて騒ぎ立てた連中なのか。小室哲哉氏の不倫騒動と引退記者会見後も不倫をすっぱ抜いた記者に対して批判が集中した訳ですが、今回は直後とはいえ小林さんは既に「引退」をしている訳でね、芸能界やら芸能人のルールはもう通用しない立場に行った人な訳ですよ。それをこうも執拗に追い回すと言うのは…これをゲスと言わずに何という。ゲスじゃなけれゃクズか?

         

        小林さんはこの際に動画などを撮影していたそうですが、週刊誌記者がSNSには上げないでくれ、と言ったから約束通りこの動画などは乗せなかったとの事ですが、芸能人のプライベートを侵している本人は顔出しNGって…何なんでしょ。職業上顔バレすると取材が出来ない、なんてのは知った事ではないし、そもそも肖像権云々含めてそういう点ではこの連中は何か言える立場じゃないでしょ。第一、さっきも書きましたが小林さんは既に芸能界からは足を洗った人な訳でしょ?まぁ、フリーアナウンサーは芸能人なのか?というのは置いておいてですが。つまりは芸能人ではなく一般人な訳ですわ。芸能人だから、という理屈は通らないでしょう。しかも取材意図が結婚、引退後の本人の生活とかならいざ知らず、小林さんのなき妹の旦那である市川海老蔵氏の件がある訳です。まっことスケベ根性丸出しの芸能記者的な行動です。

         

        …こいういモラルの欠如した行動を平気で取ってるクセに、いざ有名人の不倫だなんだというスキャンダルとなると、嬉々として「我々の記事は社会正義でござい」的な記事を展開するから余計に鬱陶しく感じます。

         

        んで、こういう意見を書くと「好きでこういう行動をとっている訳ではない。読者が知りたがっている事を記事にするのが我々の仕事なんだ」的な反論が出るんでしょうが…じゃあ何か?例えがやや過激かも知れませんが、友人が「死にたいから俺を殺してくれ」と言ってきてホントに殺しちゃっても罪に問われないんですか?と。そこには法律は当然の事として、モラルの問題もある訳でしょ、と。求められたからといって何でもやって良い訳でもなければ、求められた事が自分の行動を正当化してくれる訳でもないでしょ。コレは言わば責任転嫁してるだけですわ。

         

        そもそも、小林さんだって今回の件は流石に怒り心頭となって当たり前で、報復として週刊誌記者の顔が映った動画なり写真をブログに乗せる事は出来たのに、「約束だからこっちは出さなかった。だからそっちも書くな載せるな」という念押しに留めた訳ですよ。いくら腹が立ったとはいえブログとかに記者の顔を晒す様な事をしたら当然相手の記者やその家族に不利益が生じるのは容易に想像できますが、それをやったら自分が腹を立てている相手と同じになってしまう、という理性が働いた結果な訳で。コレは記者との約束云々ではなく人としてのモラルを守った、という事ですわ。

         

        …コレでこの記者が記事書いて週刊誌に載せちゃったら…自らをクソみたいな存在だと認めてしまう様なものですが、果たして。

         

        いやね、週刊誌の記者には報道に携わる者として、勿論人間としてのモラルに基づき取材活動をしている人はいるのだと思いますが、少なくとも今回の…引退して一般人になった小林さんを付け回した記者に関しては職業倫理が欠如した人間と言わざるを得ないでしょうね。

        | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:00 | comments(0) | - |
        詐欺は撲滅しよう
        0

          最近、「ISO日本総合審査機構」という所からしつこく「国家特別救済金で32億うけとってくれ、詳細はリンク先」というメールが届いています。まぁ、分かり易く詐欺メールな訳ですが、調べてみた所、このメールの送り主のサーバは韓国との事なので、そっち方面の詐欺グループなのでしょう。ちなみにパッと見文字化けしているようなメールで文章の中に,/*-~等の記号が混ざっているんだけど、毎回巧妙に記号の位置を変えてます。コレは同じ文面のメールをキーワードでフィルターかけられるのを防ぐとかそういう意図があるんだろうけど、そもそも32億なんてあまりに現実味の無い金額出してる時点でお察し…詐欺なのモロバレだと思うんだが…頭悪いんだろうか。

           

          少し前も、「セブンスター(株式会社HOLY)」という所から似たようなメールがしつこく送られてきましたが、いい加減にしてもらいたいもんです。

           

          余談ですが、携帯や自宅の電話、会社に聞いた事が無い会社から自分宛てに電話が来るケースってありますよね。まぁその多くは詐欺まがいの電話や迷惑なだけの勧誘、営業である事が多いんですが、そんな時、相手先の電話番号が分かったならそれを直接ネットで検索すると、その電話番号についての情報が分かったりします。

           

          他にもテレビで紹介していたみたいですが、迷惑電話番号の情報サイトってのが最近結構出ています。

           

          迷惑電話番号サーチズ

           

          電話番号@迷惑電話チェック

           

          jpnumber.com

           

          ウチの自宅番号に多いのが、光回線の接続云々と、携帯電話関連の詐欺電話ですね。後、私名指しでしつこいのが埼玉県越谷市の結婚相談所。この担当のババァ(多分)は如何にも知り合いでござい、的な態度で取り継がせようとするから鬱陶しいことこの上ないです。このババァからは

           

          「迷惑だから二度と電話すんな。今度かけてきたら然るべき措置とらせてもらうんでそのつもりで。勿論この電話も録音済みだからな。」

           

          と言ったところ、3年くらいかかってきてません。

          おいしい話、お得な情報というけれど、結局の所面識のない所からいきなり電話かけられたところで、そんなもん信用できませんわ。そもそもどこからこの電話番号見つけてきたんだって話でしょ。

           

          電話勧誘や電話での営業は「電話で」やってる時点で信用する価値など皆無、というのがワタクシの持論です。

          まぁ、だからといって日曜日に子供連れて来る某エホバみたいなのも迷惑極まりないですが。

           

          ともあれ、くそったれな詐欺から自衛の為、ご参考までに。

           

          迷惑勧誘&営業、詐欺師共に御仏の慈悲は無用!!

          | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:34 | comments(0) | - |
          零哭堂のナロウショー
          0

            今日は数点の時事ネタについて好き勝手に思ったところを書いていこうかと。

            散々騒がれているネタばかりなので、リンクとか貼りません。

             

            先ずはコレ。

            「剛力彩芽さんとZOZO社長の熱愛発覚とSNS炎上騒動」について

             

            コレについては何で騒いでいるのかが理解できません。熱愛発覚とそれに関連したSNS投稿に批判殺到…って、芸能人であるから「ファンの気持ちを考えて」というのなら、芸能人は結婚も恋愛もするな、という事なんですかね。アイドルがセックスしてる動画とかが流出してしまう様な現代社会に、昔ながらの「アイドルはウンコもオナラもしない」的論理はとっくに通用しない筈。そもそも、ファンがその人のファンだという理由で…暴論ではあるんですがその相手と付き合ったり結婚、もっと下種な話を言ってしまえば肉体関係とか持てる、なんて考えている訳ではまさかないだろうに。むしろファンだというならむしろ本人の幸せを素直に祝福してやれよ、と。

             

            コレはもう、ファン云々関係なしに嫉妬心から来る反発でしょ。「金に物言わせて若い女優捕まえやがって」とか、逆に「若くて美人だからって玉の輿乗りやがって」…なんていう醜い心理の賜物ではないかと。有名人のSNSとかブログ炎上騒動を見る度に、インターネットってのは日ごろの不満を誰かを批判、糾弾する事で発散して溜飲を下げる場所じゃあないんじゃねぇか?と思う次第で。

             

            次。

            「ボクシング連盟の山根会長糾弾」について

             

            日大アメフト部の監督と同じパターンですわな。無駄に強権的、高圧的な老人が権力の座について独裁状態になってしまった挙句のコレでしょう。その権力の座にしがみつこうとしょーもない言い訳を並び立てているところまで一緒ですわ。と、いうか社会に出ている人は何となく分かると思うんだけども、団塊からポスト団塊位の世代らが会社で無駄に傲慢なバカ殿様状態になっているケース、会社内では良くある話ですよね。現場だと現場で一番偉い所長がこういう輩だったりすると、もうみんなその一人のせいで戦々恐々としちゃって滅茶苦茶です。そういうケースの具体例なんか幾らでも書けますよ。(書かないけど/笑)

             

            と、いいますかね、ワタクシ仕事上、大きなトレーラーとかを使う事が多く手ですね、そこは狭い日本の国土、現場敷地にそういったトレーラーを入れるにも一苦労、なんてケースが多くなってしまう訳です。そうなるとどうしても他のクルマの交通を一時邪魔してしまう訳です。多分この記事を見ている人には工事現場の前でデカい車が中々入れなくて切り替えしていて大分待たされた、なんて経験をした人は多い筈です。

            コレはね…しょうがないんですわ。最近はトレーラーの荷台側のタイヤも舵が切れるタイプのものもあるんですが、絶対的に道が狭く、更には電柱だの標識だのがある訳で、だからといってそんな所に建物立てるな、とは言えない訳ですよ。私ら現場で働く人間だって、出来れば敷地に余裕がある現場で働きたいですよ。でも仕方ない訳です。根本的に国土が狭いんですから。

             

            そういった、ガードマンとかか一時的に歩行者やクルマの通行を止めている際に我々に食って掛かってくるのも、大体50〜60過ぎの年配男性なんですわ。そして、私の経験上の話でしかありませんが、コンビニでレジのバイトに食って掛かったり、牛丼チェーンとかで店員に横柄かつ横暴な態度取ったり、酔っ払って駅のホームで駅員に食って掛かったりするのって大体50〜60代の年配男性ですわ。一時期「キレる若者」なんて言葉が流行りましたが、最近ではむしろ「キレるオッサン」ですよ。しかもある調査によるとその傾向はただ単に全人口に対しての高齢者の割合が増えたから相対的にキレるオッサンが多くなった風に感じるだけ…ではない、という結果も出ているんだそうで。

             

            この世代の人達…もう少し上、山根氏辺りの団塊世代なんかも含めてですが、会社ではそれなりの地位にいたり間もなく定年を迎えたり、で今の日本の発展は自分達の業績だ!!という自負があるんだろうし、そういう自尊心が一種暴走してこういうケースになっているかも知れませんが、バブルの恩恵はガキの頃なので直接的なものではなかったし、ガッコ出た後は就職氷河期、会社に入れば今度は過去に好き勝手やっていた仕事のケツを拭かされるケースが多々あり、年とった未来を考えると今度は毎月高い金払わされているのに自分達の年金は貰えるかすら悲観的…50〜60、70代が過去の功績で威張り腐るというのなら、我々世代はアンタらに噛みつきまくっても文句言われる筋合いじゃねぇって事になるんだぜ、と。

             

            …今の40代周辺の世代って、口には出さずともそういう恨み節を心の奥底に抱えている奴はかなりいる筈だよ。

            自分達だけが特別だなんて思わないで頂きたいもんです。恨み節抱えている世代と致しましては。

             

            最後はコレ。

            「狂言師の野村萬斎氏が東京五輪パラの開会式、閉会式の企画、演出の総合統括に就任」

             

            某数の暴力的なアイドルグループのプロデューサーが安倍総理と懇意である、という事から、東京五輪パラの開閉会式をプロデュースする事になるのでは?という噂がありましたが、コレで何とか安心…と感じている人は少なくないんじゃないでしょうかね。

            ワタクシ個人としては、どこぞの冬季五輪の開会式では開催国のアイドルとか出しまくっていたそうですが、東京五輪は流行り廃りのアーティストとかで華やかに彩るより、もっと落ち着いた厳かなものにした方が日本らしいかと思います。

            | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:45 | comments(0) | - |
            生者必滅会者定離、とは言いますが
            0

              昨日放送された「笑点」が、先日亡くなられた桂歌丸師匠の追悼だったんですが、本日も悲しい訃報が。

               

              加藤剛さん死去 俳優座同期の横内正「未だに信じたくありません」

               

              胆のう願だったそうです。

              今の10代、20代の人はあまり馴染みのない俳優さんかもしれませんが、加藤剛さんと言えば、「水戸黄門」と並ぶTBSの人気時代劇「大岡越前」で大岡忠相を演じていた方。

              私的には「水戸黄門」より断然「大岡越前」派だったので、何とも残念。「水戸黄門」みたいに毎回お約束のお銀の入用シーンみたいなのは無かったですし、殺陣のシーンとかも捕物のシーンがある程度であまり派手さの無いドラマでした。でも、時に厳しく、時に人情味に厚い大岡裁きは毎回見どころで、加藤さん演じる大岡忠相のキャラクターも加藤さん自身のイメージにもラップして正にはまり役でした。故・竹脇無我さん演じる小石川療養所の榊原伊織とのやり取りとか、懐かしく思い出します。

               

              リンク先の記事でコメントを出している横内正さんは「暴れん坊将軍」の方で大岡忠相を演じてまして、俳優座の同期、というだけでなく同じ歴史上の人物を演じた仲間でもありますね。

               

              そういえば、竹脇さんが亡くなった際、加藤さんがマスコミ宛てに追悼メッセージを出しているんですが、その際に

               

              無我ちゃんとは三十年間親友役をつとめてきました。

              「大岡越前」で私が町奉行、無我ちゃんが小石川養生所の医師、榊原伊織役。ほんとうの親友より親しい親友役同志でした。

               

              と、祈んでいたのを思い出します。

              本当に仲が良かったのでしょう。

              きっと今頃、天国で親友の竹脇無我さんと再会し昔話に花を咲かせているのでしょうね。

               

               

              謹んでご冥福をお祈りいたします。

               

               

              | 零哭堂 | 時事ネタ | 22:10 | comments(0) | - |
              嫌な時代になったもんだ。
              0

                ワールドカップ決勝トーナメントで日本が惜敗した為、そろそろ鎮静化するであろうワールドカップ祭りですが、早くもこんな記事が。

                 

                w杯発言で迷走したタレントたち。炎上、逆ギレ、無知…

                 

                ん〜まぁなんといいますか、徳光氏は本人よりオファーを出したテレビ朝日側が責められて然るべきなんじゃないか?秋元軍団総選挙での長嶋一茂氏もそうですが。後、何なんだろうね、たかがtwItterのつぶやき如きでギャアギャア騒ぐのは。足立梨花さんの反論は逆ギレなどではなく正論だと思いますわ。

                 

                しっかし何なんだろうなぁ…人の発言に対していちいちギャアギャア喚く連中と言うのは。

                 

                私は前にも書いた通りサッカーが大嫌いなので、ニュースとかで流れてくる結果とか経緯を漠然と知っている程度ですが、監督の時間稼ぎ采配というのは、甲子園での松井の全打席敬遠みたいなもんでしょ?只の戦術の一つでしかない訳で、勝てば(決勝トーナメント進出)官軍だ、正々堂々としていない振る舞いだ、というのは試合を見た人それぞれが判断するべき事。それに日本を代表として戦った選手やスタッフに失礼、というのは、国を代表して大舞台で戦っている、というのなら不甲斐ない戦い方をしたら批判され、叩かれるのはむしろ当然ではないかと。サッカー興味ないんで詳しくは知らないけど、中東の独裁国家なんかだと、負けたら選手が鞭打ち刑…なんて話もあったらしいじゃないですかい。パス回しの件で戦術とスポーツマンシップ云々での意見の相違ならともかく、この件に対し「国の代表として戦った選手やスタッフに失礼」というのは、論点のすり替えではなかろうか、と。

                 

                まぁともあれ、SNSとかに限らず「こんなくだらない事にいちいちケチつけるか?」と言いたくなるケースは少なくないです。

                将棋の藤井4段が昼飯に上カツ丼食べただけで「生意気だ」とか言ってみたり、なんとも…しょーもないな、と。

                プロアマ戦での片山選手の件にしても、経緯は良く分かりませんが片山選手の態度は確かに悪かったのかもしれませんが、協会含め一方的に片山選手を悪者扱いにしている風に見えてしまうんですが…腹立てて帰っちゃった方も少々大人げなくないか?とも。

                 

                三波春夫さんの「お客様は神様です」って言葉がありますよね。クレーマーがクレームをつけるにあたっての常套句になっちゃってますが、三波春夫さんが本来意図したのとは違う使われ方なんですよ、コレ。

                 

                三波春夫オフィシャルブログ「お客様は神様です」について

                 

                まぁ、間違った使われ方の方でも、神様ってのは良い神様ばかりではなく、邪神、悪心ってのもいるのを踏まえると言い得て妙、なのかも。そして悪い神程権威や力を笠に着る。

                 

                 

                嫌な世の中ですね。

                でも、そういう度が過ぎるクレーマーやら荒らしなんかも居場所を奪われるとこんな事しでかしてしまう訳で。

                 

                はぁ、世知辛いというか、何というか…。

                 

                 

                | 零哭堂 | 時事ネタ | 22:40 | comments(0) | - |
                不干渉のすすめ
                0

                  サッカーワールドカップでの日本代表の活躍が話題になってます。

                  ただ、無類のサッカー嫌いな私としては、日本代表の試合を「見ていて当然」的な物言いで語るのはどうか止めていただきたい…というか、なんて言うんですかね…オリンピックとかWBCの時とかもそういうのあったんですが、雑談として話を振られて、見ていない事を正直に告げると、

                   

                  「なんで見てないの?見ようよ!!」

                   

                  という、同調圧力…ホント、勘弁願いたいです。

                  酒を飲めない部下に酒を強要するのとコレ、大して違わないよ。

                  今風に、大げさに言ってみればコレ、「ワールドカップハラスメント」ですよ、ええ。

                   

                  こっちは…というか、私自身はサッカーが大嫌いな理由と言うのがかなり私怨めいた、しかも坊主憎いけりゃ袈裟まで憎い、みたいなしょーもないモノである事は自覚しているんです。ですから、別に盛り上がっている人に冷や水浴びせるような事を言うつもりはないし、日本代表は頑張って良い結果を残せればよい、とも思っているんです。思っているんです…が!!如何せんキョーミが無い、キョーミが湧かないんです。

                   

                  別に、サッカーで日本代表を応援したり、オリンピックで日本人選手を応援しなきゃいけない義務がある訳でもなし…言わばせっかくのお祭りなんだから一緒に盛り上がった方が楽しい、というのも分かるんです。でも考えてみてよ、例えば彼女とか友達にさ、会ったこともないその人の知人なり親戚の話をず〜っとされてても何にも面白くないでしょ?薄ら笑い浮かべて相槌打つ位しか出来ないでしょ?それと一緒なんですよ。

                   

                  繰り返しますが、別にワールドカップで盛り上がっている人に文句なんか言う気はないんです。サッカーが好きな仲間内で盛り上がる分には他人が文句言う筋合いなんかこれっぽっちもないです。だから仕事仲間でワールドカップの話題が出ても、私は文句なんか言わないですよ、勿論。ただ、盛り上がる事を興味ない人にまで強要するのを勘弁願いたいんです。そつちの盛り上がりには干渉しないから、せめて「ワールドカップで盛り上がらない」という自由ぐらいは許してくれよ、と。

                   

                  確か、中崎タツヤさんの漫画だったと思うんですが、世界的イベントで世間が盛り上がる時には、それに興味も感心もない人が集まって好きな事をやれる施設が欲しい、なんてのがあったんですが、今の私の心情はまさにこんな感じですわ。

                  | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:44 | comments(0) | - |
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << August 2018 >>
                  + SELECTED ENTRIES
                  + RECENT COMMENTS
                  + CATEGORIES
                  + ARCHIVES
                  + MOBILE
                  qrcode
                  + LINKS
                  + PROFILE