土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
困った時の時事ネタ
0

    こんな記事見つけたんですが…

     

    元スーパー店員が激白!「半額商品を漁る常連についたあだ名」がすごい

     

    コレがホントの「お客様は神様」ってか?

    と、いうか…ウソ臭いです。コレ、ネタ考えてるの編集者本人なんじゃないの?

    でなけりゃスマホゲーとかの影響だろコレ。

     

     

    東京五輪でのサマータイム検討は「レガシーのため」

     

    …なんだレガシーって。スバルのセダン車か?

    最早「東京オリンピック絶対反対マン」になってますが、サマータイム導入して競技開始時間を早めた所でクライマックスの決勝とかが一番気温の上がる時間に当たっちゃうんじゃない?つーか、ここへ来てなんでサマータイムに拘っているかが理解できませんわ。あの酷暑の中でやる前提で動いている以上、サマータイムなんてやったって焼け石に水だよ。

     

    「お前建設業なんだから東京五輪の恩恵に預かってるだろ。グチグチ文句言うな」

     

    なんて言う人もいると思うんですが、新規建設した試合会場を請け負ったゼネコンとか、多分軒並み大赤字ですよ?

    只でさえ予算がキツイのに、JOCのお偉いさんが視察に来るからだの、報道陣に公開するからだの、なんたら省のお偉いさんが見に来るから、だの言われてこの時間仕事中断してくれ、だの、視察の人が来る前に現場を見栄え良くするのに協力してくれ(工事止めてでも)とか、無駄に工事を止められる機会が多いし、無駄に張り切った監理者だのが普段やる必要がない事まで強いて来たり、良く分からん理由で途中まで進んでた工事の計画ががらっと変わってそれまで作ってたものが無駄になったり…そんなんで工期も予算も想定よりオーバーしてるところばっかりだと思うんだよね。

     

    それこそ、その工事請け負った事で得られる宣伝効果でペイ出来るか分からないレベルでね。

    ですから、恩恵なんざ受けちゃいないし、むしろ五輪関連の工事に携わってなくともそれらの工事に人や資機材を引っ張られて迷惑被ってるレベルですわ。

     

    開催期間だって、もう各所渋滞で品物が時間通りに届かない、なんてのは当たり前で、更に言えばゼネコンによっては既に期間中は完全週休二日制にする、なんて所もあって、そのクセその分の余裕見て工期なんか決める訳ないんだからしわ寄せは全部現場にくるの、もう今から想像できてしまうんだよね。

     

    オリンピック誘致が成功した直後、「反対してる奴等何なの?日本人じゃないんじゃないの?」みたいに煽ってきた奴等がいたけど、こういう業務上の不都合を平気で「東京五輪の成功の為に我慢しろ」的に片づけられるってのが反対してた…いや、現在進行形でしてる理由ですよ。

     

    お祭り騒ぎも結構だけど、その上で普通に仕事をまわしてかなきゃならんのよ。

    東京五輪で生じた工事の遅延やそれに付随するカネ、誰も見てくれやしないでしょ、と。

    未来も結構だけど、それも生活している今現在があってでしょ。

    ボランティアが想定人数揃わない、なんてのも根っことしての理由は私の反対理由と同じだと思うんだよね、うん。

    | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:34 | comments(0) | - |
    時事ネタ
    0

      先ずはコレ。

       

      声優・能登麻美子、結婚と妊娠を報告「深い深い感謝を申し上げます」

       

      所謂声優オタクという人達や、声優やアニメ業界でも非常に人気のある能登さんがご結婚&ご懐妊との事。この方、周期的に「既に既婚だった」とかの噂が立っていた人で、実の所「ま〜た始まったか」と油断していたら、どうやら本人がパーソナリティを務めるラジオ番組内で、本人の口から発表されたので今度は間違いないようです。

       

      この人が声を当てたキャラクターといえば、やっぱりワタクシ的には「劇場版ガールズ&パンツァー」で鮮烈な印象を与えた継続高校のスナフキンこと隊長のミカでしょうか。劇中での彼女の活躍は、劇場版公開後にタミヤの1/35BT-42があっという間に品薄になった程でした。(笑)

      後、「うえきの法則」のビーズを爆弾に変える能力を持つ鈴子もこの人だったんですねぇ。

       

      ともあれ、おめでとうございます。

       

       

      東京ディズニーランドでパワハラ?「30歳以上のババァはいらない」「病気なら死んじまえ」夢も醒める暴言の内容

       

      はい、関東に長年住みながら生まれてこの方未だに東京ディズニーランドに行ったことが無い零哭堂です。

      中学の時、3年の最後に修学旅行とは別に卒業遠足みたいなのがあってこの時候補に東京ディズニーランドが挙がってたんですが、もしディズニーランドに決まってたら私ゃ当日休もうと思ってましたね、ええ。なんで好き好んであんな人ごみに行かにゃあならんのだ、という理由で。結局西武園になったんですが、私はず〜っと場内にあるゲームコーナーにいましたよ。(笑)

       

      まぁ、このパワハラに関しては、ウォルト・ディズニー自体がアニメ制作の際にアシスタントを「誰にでも出来る仕事をやってる奴に高いカネ払うのは馬鹿げている」と言って薄給でこき使った挙句ストライキ起こされたり、不満をこぼす従業員に「夢を与える素晴らしい仕事をしているのにこれ以上何を求める?」等と取り合わなかったりした人…なんて事を聞いた事があるので、ディズニーの生みの親がコレなので、まぁこうなるのも分からなくはない気がします。

       

      昔から「やりがい詐欺」みたいなバイトの酷使とかが横行している、なんて噂も耳にしますし、昔何かでディズニーランドでバイトしている人へのインタビューみたいなのを見た記憶があるんですが、そのインタビュー回答に、何だか洗脳でもされてるのか?と気持ち悪くなったのを覚えています。

       

      加藤浩次「外野がウダウダ言ってんじゃねぇよ」東京五輪ボランティア「ブラック」批判に持論

      東京五輪のボランティアが「ブラック」という説は大きな勘違い

       

      確かに「ボランティア」なんだから、交通費や宿泊費を求めるのは確かに勘違いですわな。

      ですから、仕事に穴開けてまで参加できない、とか、交通費や宿泊費を自費でまかなえない、とか、無償で長時間拘束されるのは御免被る、というのなら、参加しなくてもいい訳ですよ。

       

      だから、貴重な経験ややりがい、または大学とかでは単位の優遇とかがあるらしいんですが、そういうのに興味ない人60.1%がボランティアとしての参加にNoを表明している訳でしょ。別に応募要項がブラックだとかは関係なく、参加したくなきゃあ参加しなければいいんですよ。別に国民の義務という訳でもないんだからして。

       

      ついこの前やってた日テレのチャリティ番組「24時間テレビ」で「参加しているタレントがギャラ貰っているのはおかしい」って言ってたのと一緒でしょ?ボランティアなんだからカネ貰えると思っている方がおかしいんだよ。規約見てこれじゃあ参加できないって言うんなら文句言わずに参加しなきゃいいんですよ。もっと経済的に余裕のある人達や、是が非でも参加したい、という人に任せればいいんです。例え協会のボランティアの想定人数を大幅に割ってしまう事態になっても、です。

       

      非国民だの何だのと色々批判されてしまうかも知れませんが、私はそもそも東京五輪の成功云々に基本的に殆ど興味ありません。せいぜい、開閉会式で訳わからんアイドルとか出して恥ずかしい事になるのは勘弁…なんて思っている程度。その理由は、石原裕次郎のお兄ちゃんがオリンピック誘致した時点から一貫して東京オリンピック開催に反対だからです。

      ですから仮に私に東京五輪のボランティアに参加するかアンケートが来ても、「誰がするものか」で話は終了ですし、例え会社から出勤扱いでいいからボランティアに行け、なんて言われても絶対に行きません。(笑)

      | 零哭堂 | 時事ネタ | 21:23 | comments(0) | - |
      祝40日連続更新
      0

        今日も時事ネタです。

         

        川崎麻世「神経疑う」台風で悪ふざけする人に怒り

         

        吉野家のテラ豚丼とか、ホームから線路に降りて記念撮影する中学生とか、コンビニのおでんつんつんとか…SNSとかで炎上する悪ふざけ動画ですが…私は不謹慎だの何だのと思う以前に、そもそも面白くないだろ、と思うのです。

        目の前でやられたら、鼻で笑い飛ばすレベルです。本人はさも自分達は面白いことをやってるんだ!!的なノリなんでしょうが、一体全体何を「面白い」としてこの手の行動をとったのかが分かりません。別に私はお笑いの評論家とかではないのであまり偉そうなことは言えませんが、それでもこの手のSNS投稿をする連中は総じてお笑いのセンスがない、と思ってしまいます。そのセンスの無さを例えるなら、UFOやUMA、宇宙人を目撃したという人の画力並みですよ、ええ。

         

         

        HUNTER×HUNTER 5か月ぶり連載再開へ

         

        考えてみればコレ、凄いですよね。漫画誌に連載している作品なのに、ある意味「休載している事が当たり前」だからこんな記事が出て来る訳でしょ?コレはある意味凄い事ですよ、ええ。

        これだけ休載続きでも連載を切られない辺りは、流石…全盛期は人気作を多数描いてたとはいえ、今となっては人の作品にケチつけ、その割に自分が描くと下書きまがいで雑誌掲載やら途中で放り投げENDばかりな、自称漫画家でタレントの江川ナニガシとは格が違う、といった所なのでしょう。

         

        …でも、個人的な嗜好の話ではありますが、この人の漫画で好きだったのって「LEVEL E」だけなんだよなぁ…。「幽遊白書」は主人公が生き返るまでは面白かったけどそれ以降はよくあるバトル漫画、って印象だったし、「HUNTER×HUNTER」もハンター試験までで念だの出てきたら興味なくなっちゃったんですよね。

         

        まぁ、世代的に直撃な超人気作「ドラゴンボール」も天下一武闘会でマジュニア倒すまでがベストだと思ってますし、例の騒動で連載休止していたのが再開した「るろうに剣心」も御庭番と戦ってる辺りで興味がなくなってた様な人で、トドメに漫画を多く読んでいる割に「ONE PIECE」を1エピソードも読んだ事が無い、というへそ曲がりですから、私は。

         

         

        あのTENGAがまさかの立体ロボ化

         

        一体何を考えているんだ!?

        まぁ、SUPER GTで初音ミクの痛車みたいなレースカー参戦させてる会社だからなぁ…。

         

         

        「稼いだのは1ヵ月…」ブレークから10年経った鼠先輩は今

         

        「♪ぽっぽぽぽぽぽぽ〜ぽ〜」のフレーズで一躍ブレークしたものの後は鳴かず飛ばずだった鼠先輩…何故かyoutubeでオススメにMV動画が入っていて、久々に聞いたらちょっと気になりまして、調べていたらこんな記事が。

        1発屋だなんだとバカにされがちですが、そもそも魑魅魍魎が跋扈する芸能界で1発当てただけでも凄いんですよ、ええ。「あんなの1発屋じゃねえか」なんて言っているモニターの前の我々は大抵1発も当てられずに生きているのだからして。

         

        個人的に、「六本木 GIROPPON」ってポポポ連発でギャグ的にしか見られてない気がしますが、歌詞そのものは結構味があるいい曲だと思うんですよ。鼠先輩の歌自体だって上手くはないけど味はあるし、歌詞にもマッチしていて割と好きなんですよね。

         

        どんなだっけ?という人はこちら

         

         

        本日はここまで。

        | 零哭堂 | 時事ネタ | 18:10 | comments(4) | - |
        体育会系への恨み節
        0

          横綱日馬富士の暴行事件から、女子レスリングの伊調選手へのパワハラ問題、日大アメフト部の悪質タックル問題、日本ボクシング連盟の山根元会長を巡る一連の騒動、そして今回は体操リオ五輪代表の宮川紗江選手のパワハラ告発…と、スポーツ界全体にネガティブなイメージがついてしまう事件というか、騒動が最近頻繁に起きています。皆様も色々思う所があるのでしょうが、私はこう思うんです。

           

          出るべくして出てきた話だよな。

           

          と。

          そもそも、今回出てきた問題点ってのは、プロなり五輪選手なりの根本でもある日本の体育教育にある「体育会系」と呼ばれるシロモノへのネガティブなイメージがそのまんま具現化したような事件な訳です。日頃、体育会系と呼ばれるシロモノに対してネガティブなイメージしか持っていないワタクシです。偏見に満ちた意見、と言われてしまうのは半ば承知で書きますが、コレ全部

           

          上の者の言う事は絶対、という体育会系の鉄の掟

           

          が元凶でしょ。もちろん、全ての体育会系と呼ばれる人達を十把一絡げにして「悪しき慣習を持つ連中」なんて言うつもりはないんですよ、ただ、根本的な体育会系の体質が現在連続発生しているスポーツ界の諸問題に深く関わる要素であることは間違いないんじゃないかと。

           

          しかし、体育会系にはポジティブなイメージもありますよね。「礼儀正しい」「集団行動が得意」「就職に強い」とか、他にもたくさんあるんでしょう。こんな記事もありますからね。

           

          世間の体育会系イメージは誤解だ。就職に有利な「経験」がもっと見直されて欲しい。

           

          …まぁ、この記事には私は反対意見があるんですけどね。

          例えばココ

           

          前とび500回を3セットやれ!と言われたとき、頭デッカチに「理由は何ですか?意味はあるんですか?」と聞くだけで素直に練習をしない。

          ここには「自分が判断するのが最善だ」という考え方の欠陥があるんです。初心者の判断と熟練者の判断、どちらが効率的かは少し考えればわかりますよね。

          体育会系は無意識に「いまは理解できなくても、熟練者の判断を信じたほうが良い!」という判断を下します。なので、まずやってみる。繰り返す中で意味や理屈を平行して理解していく努力をするのです

          この部分…例えば通常の手順とは違う流れでの作業を先輩から指示された、なんてケースで、実はそのやり方が品質上とか法律上、安全上とかでかなり問題となるやり方だったとしても「熟練者の判断だから」と無意識に判断してしまったら…その方が怖くないかい?それで事故でも起きた日にゃあ、「熟練者の判断による指示だから問題はないと思った」なんてのは通らないんですぜ、と。

           

          そもそもさ…嫌な話ではあるんだけど、就職活動で体育会系が有利、というのはこの記事書いた人の意見も確かに一理あるんだけど、根本的な理由は体育会系にありがちな先輩後輩のコネクションと、もっとヒドイ話と言い方をしてしまえば、日本の多くの企業は「やれ」と言った理不尽を黙ってやる従順な奴隷を求めてるからであって、体育会系出身の人ってのは部活だのなんだのでそう調教されているから都合がいい…ってのが真相なんじゃないかい?

           

          今回上で挙げた一連の問題にしても、当該者が責任取れば終わり、という話ではなく体質そのものの問題。分かり易い所で日大アメフト部とか日本ボクシング連盟の件なんかは強権を握った独裁者に対して、下につく人間が「上の言う事は絶対」という体育会系的イエスマンばかりだった事にも原因がある訳でしょ。糾弾された人を処分したところで、下につく人間も独裁、強権を許してきたという事は、根本的に体育会系のシステムに染まっちゃった人だらけ、という事だからして、頭挿げ替えただけじゃ体質の根本的な改善には繋がらないでしょうね。相撲界なんかいい例でしょ。大分前にも「かわいがり」などと言う虐めまがいの行為が騒がれていた筈なのにこの顛末な訳ですから。はっきり言って自浄作用なんか期待できないでしょ。

           

          第一、根本的に糾弾された側に自分達の言動が異常だという認識がないのも問題ですわ。特に分かり易いのが山根元会長で、自身を糾弾する人に対してマイクの前で言い訳どころか当たり前のように罵詈雑言を飛ばしてしまうという…つまりは体育会系的な上下関係の中で自分の地位を勘違いしてしまっているんでしょうね。だからこそ、何故自分が糾弾されているのかすら理解できず、糾弾してきた相手に対し「俺が育ててやったんだ」的な態度をとってしまう訳で、挙句の果てには本人ではなく本来無関係な筈の妹だかなんだかまで出てきて平気で「善意でやってくれている」的な事を言ってのけてしまえる訳ですよ。

           

          そもそも、20年以上前は数多くの冠番組を持っていたとんねるずが、最早有名アスリートを集めて「帝京魂」とかファミリーマートの店内CMみたいな事を叫んでる特番くらいでしかめっきりテレビで見なくなったのも、彼らの芸風の根源であろう帝京の野球部とサッカー部の体育会系の部活的なノリ、という奴が視聴者にパワハラ的に見られて受け入れられなくなったから…なんてのはよく言われている訳です。たかが芸人の芸風ですら、このように指摘されて受け入れられなくなっている現在…スポーツ界の悪しき体育会系的慣習という奴は、今回騒動があった業界以外でも絶対に燻っている筈。今まではその強権に恐れおののいて何も言えなかった人たちが、今回の件でどんどん声を上げていく…という事態に発展していく可能性は高いでしょうね。

           

          …下手すりゃ呑気に東京オリンピックなんて言っていられる状況じゃなくなってしまうかも知れませんね。いやはや。

           

           

           

          以下は恨み節なのでスルーして頂いてもいいんですが…私が「体育会系」が嫌いな理由は、「上の言う事は絶対」というのが転じた「俺もやられてたんだ」という悪しき慣習をそのまま引き継ぐ思考停止なんですよ。

           

          仮に、部活で後輩に対する理不尽があったとしましょうよ。それも部活そのものとは関係ない…例えば「度胸試しで隣の女子部室から何かを拝借してくる」とか、そんな奴です。完全に悪しき慣習な訳ですが、それを自分達が先輩になった際に後輩にそれを強要する訳です。オドオドする後輩たちを見てニヤニヤしながら「俺たちもお前らみたいな時にやらされたんだ」なんて言うんですよ。こういうのが私は大嫌いなのです。

           

          こういう事をやってきた奴というのは、大抵社会に出ても同様の事をします。しかも、その行為が大抵金銭が絡んでくるものになっているので非常に性質が悪いんです。特に建設業なんかは、結構大学とかの先輩後輩という奴が採用とかに大きく関わってくる所とかも少なくない訳で、建設業自体が一次請け、二次請け…という多重構造になっているからなおさら体育会系的な風習と言うか、ノリが色濃く残ってるんですわ。

           

          ああ、思い出しただけで血圧が上がってくる様です。

          こういう「悪しき体育会系」…いい加減滅んで欲しいですわ、ええ。

          | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:44 | comments(0) | - |
          訃報と時事ネタ
          0

            女優の菅井きんさんが心不全で8/10に死去していたそうです。

             

            菅井きんさんは、私がまだガキだった頃からおばあちゃん女優さんでしたが、享年92歳というと、私が10歳の時に既に62歳だったんですねぇ。ドラマなんかでは特に脇役として印象的な演技をする方でした。

             

            菅井さんが演じたキャラクターの代表格は、やっぱり藤田まことさん演じる「必殺」シリーズにおける主要キャラクター、中村主水の姑・中村せんでしょうか。せんと「必殺」シリーズでもコメディリリーフ的な役回りで、娘…つまりは主水の嫁であるりつと共に主水をいびり倒すキャラクター。菅井さん演じるせんの「婿殿ッ!!」という台詞と共に印象に残るキャラクターですが、実はせんの「婿をいびる姑」というキャラクターから、菅井さんの娘さんの縁談に支障が出ると一度は降板を申し出ていたんだそうです。

             

            他に印象的だったのは、人気ドラマシリーズ「TRICK」の記念すべき初回エピソード、「母之泉」に登場する教祖・ビッグマザーでしょうか。「TRICK」における最初のニセ霊能力者ではありますが、他の自称・霊能力者とは違って完全に偽物とは断定できないキャラクターになっているのが印象的で、シリーズを重ねても記憶に残るキャラクターでしたね。

             

            謹んでご冥福をお祈りいたします。

             

             

            それと、金足農高の吉田輝星選手ですが…確かに今大会で一番印象に残る存在と言っても過言ではないんでしょうが、あんまり今からマスコミはちやほやしない方が良いのではないか…とも思うのです。そりゃ時の人、ですから注目度が高くなっているのは仕方ない部分はあるんでしょうが、甲子園でスターダムにのし上がった、とは言えまだ高校生な訳で、色々難しい年ごろでもある訳ですから。

             

            思えば、かつてハンカチ王子として脚光を浴びた斎藤佑樹選手が、今現在かつて甲子園の決勝で対戦した田中将大選手と完全に明暗が分かれてしまっている状態な訳です。それを本人の才能とか努力の不足、と片づけてしまうのは簡単ですが、当時の過剰な「ハンカチ王子」フィーバーと報道が何がしかの悪影響を本人の野球に対する姿勢や考え方に与えてしまった可能性って…否定できない気がするんですよ、私は。

             

            まぁ、野球もロクに見ていない…サッカーよりはマシだがそれでも別に興味がある訳でもない人間が言う筋合いの事ではないのでしょうが。

             

             

            後、タレントのりゅうちぇるさんが妻と子供の名前をタトゥーで入れた事をSNSで公開したら、非難が殺到しているんだそうです。

             

            …よっぽど暇なんだね。(苦笑)

             

            私はりゅうちぇるさんのファンではないし、むしろ奇抜な言動やファッションなんかに関してはむしろネガティブな感情を持っている位ですが、今回ばっかりは同情…というか、擁護はしませんが批判している側の方がよっぽどオカシイと思います。

             

            と、言いますか…批判のコメントとかを書いた人に聞いてみたいんだけど、やれ「プールや温泉に入れない」だの「保険に加入できない」だの「ガッカリ」だの…書いたアナタにりゅうちぇるさんがタトゥーを入れた事で何か不利益を生じたんですか?と。そこでりゅうちぇるさんの今回の行動に不快感、嫌悪感云々…というのは、アナタの都合でしょ?と。四六時中面と向かって暮らす訳でもないだろうに、テレビに映ったりネットとかSNSで見かけるだけでも不愉快、というのが批判の理由なら、それ解消するにはもう独裁国家でも作ってそこで自分の主張通すしかないよな、と。

             

            プールや温泉に入れないんなら、子供と他の楽しみを見つければ良い訳で、保険に入れないならもしもの為に貯金すればいい。そもそも子供が可哀想的な論調で批難した所で、結局の所りゅうちぇるさんの子供が不幸になるかどうかなんて、今の段階で分かってる奴なんかいやしないんですよ、ええ。

             

            仮に、タトゥーを入れたことを後悔する日が今後きたとしても、今回無駄に騒いでいる外野は関係ないんです。行動の責任を取るのは本人であり、他人には介入する余地のない本人とその家族の問題。他人が…しかも基本的に顔が見えない、誰が言ったのかも特定されないネット上で好き勝手にギャアギャア騒ぐ様な事ではないんですわ。

             

            こういう、独り善がりな正義感をネットで振りかざすのはみっともないから辞めるべきなんだよ、ホントに。

            | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:54 | comments(0) | - |
            ゴルゴムの仕業?
            0

              こんな記事を見つけたんです。

               

              建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった。韓国叩きに終始するメディアが報じるべき事

               

              …意味が分かりません。

              この記事を書いている人の言っている事は、例えるならばこういう事でしょ?

               

              おばあちゃんからお小遣いを貰ったお兄さんは、もらったお小遣いで弟にプラモデルを買ってあげました。お兄さんが作り方を教えながら弟はそのプラモデルを作ろうとしましたが、途中でプラモデルを壊してしまって自分も指を切ってしまいました。それを知ったお父さんはお兄さんにお小遣いをあげたおばあちゃんに文句を言いました。

               

              …変じゃない?

              ホントにジャーナリストが書いた記事なのか疑わしく思える程、支離滅裂だと思うのですが。

               

              まず問われるべきは、ダムの構造設計そのものやダムの施工計画や管理計画、そして実際の施工管理でしょう。その監理や監査を行うのは、この工事を請け負った建設会社…今回の場合は件の韓国企業も含むJVな訳ですよ。そして、日本の責任云々言う割に、その関わり方と言うのはJVに融資するタイ銀行団のうちの1つが日本の銀行の傘下にあり、また日本の年金積立金管理運用法人は他の銀行の株式を保有する他、ダム工事に関わったラオス国営企業に融資している韓国輸出入銀行の債権を保有している…だから日本にも責任がある、的な論調をするには、金額的には関りが大きかろうと、関わり方が遠すぎるんじゃない?最早この記事、ある種暴論に見えるんだけども。まるで、タバコ吸ってるのが先生にバレて、誰某もやってた、なんて責任転嫁しようとしてる中学生ヤンキーの様な論調ですよ。

               

              そもそも、日本のメディアは今回のラオスのダムに関してそんな大々的に取り上げていないでしょ。騒いでいるのは所謂ネトウヨと呼ばれている連中が、「やっぱり韓国か」とバカにする題材として騒いでただけ。それをメディアの怠慢的に話持っていこうとするのは話のすり替えですわな。

               

              あまりの支離滅裂さ故、この記事を書いた人物を検索してみたんですが…ああ、「笑ってはいけない」にベッキーが出てタイキックされた事を「女性への暴力を男性がゲラゲラと笑いものにする。醜悪で不謹慎」等とコメントし話題になり、先のオウム真理教死刑囚の一斉刑執行の際も、

               

              「何名もの死刑執行を、リアルタイムで報道させて見世物にするとは…それってIS(いわゆるイスラム国)のメンタリティじゃん。やばいよ、安倍政権。やばいよ、日本のメディア。」

               

              …うーん…見世物にする、という言葉の意味を理解していないんでしょうかね、

              仮に日本政府が死刑執行をテレビメディアを使って実況中継していたのなら、確かに見世物にしていると言えますし、ISのメンタリティという批判は正しいんですが…死刑執行を発表しただけで見世物にしている訳ではないでしょ。日本語に不自由なんですかね、この自称ジャーナリストは。

               

              そもそも論だし死刑制度の是非になっちゃう話なんだけども、日本の場合、警官が銃を発砲すると発砲した警官側が批難されるレベルだけども、欧米の場合、死刑制度はなくとも警察が現場の判断で即犯人を射殺、なんて事はざらにある訳でね。池田小児童殺傷事件や秋葉原通り魔事件、相模原障碍者施設連続殺傷事件などの凶悪犯罪でも、ちゃんと裁判は受けさせている訳ですから、問答無用で射殺してしまうよりよほど人道的な気がしますが。

               

              ともあれ、なんというかなぁ…この人物…夫婦そろって奇特な行動や発言が多いみたいですが、この人みたいなのは、その行動原理はジャーナリストというより市民活動家…もっと言えばいわゆる「プロ市民」に近い気がするんだよね。今回の件にしても、ネット右翼が匿名掲示板とかでこのダムの件で韓国叩きに暴れまわってるのにムキーッ!!っとなって屁理屈ごねた…そんな印象ですわ。

               

              …早い話、加山リカとか奥田愛基とかと同じ匂いするんだよな、うん。

              私個人は別に右でも左でもないつもりなんだけど。

              | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:28 | comments(0) | - |
              時事ネタ集
              0

                オリンピックボランティアを集めるための工作ツイートが露骨だと話題

                 

                無償の労働力として期待している若い世代は、日頃から会社で上の世代の理不尽とか安月給で散々酷使されていているんだから、ボランティアなんかしている余裕はない、ってのが現状でしょう。怠惰ではないんですよ、ボランティアが集まらない理由は。

                 

                そもそも、"東京"オリンピックなのに東京だけで完結できていない時点で誘致自体に無理があった、という事でしょうよ。近隣県民としてはいい迷惑でしかないですわ。ボランティアは誘致の際に「取らぬ狸の皮算用」してた連中が責任取ってやったら宜しい。色々お題目は並べてましたが結局は承知の根源にあったのは経済効果云々という奴の筈。なのに金が足りませんからタダで働けとはどういうこった?

                 

                行政がこんな顛末…支払うべき賃金をケチって社員を酷使するブラック企業と変わらん事をやっているのに何が「働き方改革」なんだか。

                 

                ワタクシ、石原裕次郎のお兄ちゃんが誘致を言い出した時点から一貫して「東京オリンピック反対」です。

                元々サッカーワールドカップとかもそうですが、スポーツイベントに一切興味がないので。

                未だに「やめちまえ」と思ってる位です。

                 

                 

                太田光「週刊新潮テメェ」希代のバカみたいに書いて

                 

                そもそもこの問題、当人たちが怒り狂ってる割に然程大きく取り沙汰されていない印象。まぁ、騒ぐ程のものでもない、というのもあるにはあるんですが、それでもベッキーから始まる不倫騒動とかより全然話題にはなってませんわな。

                 

                この理由は簡単ですわ。今までだって、なべやかん氏の騒動後もアイドルとかが実態が良く分からないAO入試だの推薦入試とかでポンポン有名、名門大学に合格してるのを見ちゃってる訳です。

                そういった宣伝効果を期待した大学側とタレントの思惑が合致した裏口入学と然程変わらない特例的な合格が、既に当たり前的にまかり通ってる訳で、何を今更…という感覚が非芸能人にはあるんですよ、恐らく。

                 

                そうなると本人と奥さんが訴訟云々までちらつかせて騒いでいる…これも一種の話題作り、宣伝工作としか映らないのかも。

                 

                 

                最後についでに思った事を。

                 

                スマホとかインターネットのニュース記事のページなんかに、「松本人志、坂上忍の発言を毎日チェック」みたいなのが出る事があるのを見た事がある人も多いかと思いますが…コレって意味あるんですかね。

                多分、ワイドショーとかの発言を拾っているんでしょうが…コレ必要?

                他にも、例えば映画の試写会で誰某がこんな事を言った、とかそういうのならまだしも、最近はネットのニュース記事なんかでタレントの誰それがラジオの番組内でこういった、とか、テレビ番組内で誰某が何某の件でこうコメントした、とかいう芸能ニュースの記事…要る?要らないでしょ、別に。

                 

                基本芸能界とかに関するワイドショー的な話題に私がキョーミがないからなのかも知れませんが、政治の番記者とかじゃないんだから、特定のタレントの発言をいちいち拾って発信する事にどれだけの意味があるの?発言している当人はそもそもそういうのも踏まえた上での発言をしてるの?とは思います。

                 

                いや、この人達って思った事コメントしてるだけでしょ。それをその番組内だけでなくネットニュースの記事とかにして情報を拡散する必要性…言ってしまえばそこまでする程の価値、あると思います?

                 

                そもそも…テレビのワイドショーでタレントをMCとかコメンテイターに使い過ぎでしょ。そういう連中ばっかり起用するから扱う内容も芸能界での醜聞ばっかりになってしまうんじゃなかろうか、と。

                 

                そういうのを視聴者が求めているからだ、と言う人もいるんでしょうが…そもそもテレビ自体が何やっても数字取れてない時代なんじゃないの?と。それは「テレビはオワコン」と言ってしまえば終わりかも知れませんが、結局の所は局側の思惑と視聴者の見たい物がずれている、という事ではないのかな、と思う訳で。

                 

                | 零哭堂 | 時事ネタ | 22:42 | comments(0) | - |
                日本と言う国はつくづく…
                0

                  山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳児を、78歳ボランティアの男性が発見し、話題になっています。

                  この炎天下、よくぞ無事で…と思いますし、発見し命に別条がないというのは大変喜ばしい事だと思います。

                   

                  …ですが!!発見、救助したボランティア男性に対してSNS等で批判が殺到しているんだそうで。

                   

                  2歳の子が発見されたニュースを読んでたら、「発見した男性が飴玉をあげるとこどもが噛み砕いて食べた」みたいなこと書いてあって、や、やめて……2歳児に飴玉あげないで……窒息したらどうすんねん……と思ってしもた。発見できたことは素晴らしいし無事でよかったけど。

                   

                  山口県の子見つかって良かったけど、詳細記事読んでると、見つけたボランティアの男性が発見当時飴玉を与えたって書いてて、2歳なったばかりの子に飴玉!?もっと他に何かなかったん!?って思ってしまった…

                   

                  コレが、ボランティア男性を批判しているSNSの一例です。

                  何ていうのかなぁ…この件でこういう事を書いてしまう人と言うのは、仮に自分と幼い自分の子供が雪山で遭難した時、一応非常食として用意していたチョコレートを「歯も磨けないこんな状況で虫歯になったらどうするんだ」なんて言って子供に分け与えないで自分だけ食べるんだろうか…と。

                   

                  現実の状況と仮定の状況が違う?

                  いやいや同じですよ。

                  一番の問題は現実、仮定の状況だの何だのではなく、緊急時における判断、優先順位のズレですわ。

                   

                  このクソ暑い中、ロクに飲めず食えずの状態だった幼児に対し、手っ取り早くカロリーを摂取させる事は間違いではないでしょうし、そもそも飴をのどに詰まらせるかも…って、仮に詰まらせてもボランティア男性が傍で見守っていた訳でしょ。ボランティア男性にしても、飴を与えてその様子から幼児の健康状態…まだ気力、体力があるのか、それとも切羽詰まった状態なのかを確認する意図もあった訳で、そこでがっついて飴を喉に詰まらせたとしても吐き出させたり出来る可能性は高いでしょ。何も与えないで幼児の健康状態を悪化させるよりはマシ…正しい判断ではないかと。

                  飴というチョイスにしたって、行動食の代名詞的なチョコレートなんかではこの炎天下、溶けてしまっていざと言う時に摂取しずらい状態になる可能性は高く、おにぎりなどに至っては痛む可能性があって論外でしょ。保冷バッグ等を用いれば…という意見もあるとは思いますが、草木をかき分けての山での捜索活動…そんなバッグなどは邪魔になるのは目に見えています。その点、飴だと携帯しやすいですよね。

                   

                  …しかもさ、聞くところによると飴とは言ってるけど渡したのは熱中症対策用の塩タブレットだという話も。これの真偽は分かりませんが、2歳の子供がボリボリかみ砕ける、という事からしても、比較的柔らかい飴を選んで携帯していたんじゃないか?

                   

                  そもそも、ボランティア男性の行動に対して批判、非難する資格があるのは幼児の親御さんを始めとする家族であって、パソコンやスマホ弄っている人にはないんですわ、根本的に。身勝手な正義振りかざした所で完全に部外者ですから。

                   

                  熊本の震災の時も一時期所謂「不謹慎狩り」とかの他に、例えば高額な義援金を寄付したタレントに対し「偽善」だの「売名」などといった批判が相次いだ事は知られていますが…今回の件もそうですが、こういう無軌道な批判が湧いてくるのはいつもインターネットやSNS。多分、書き込んでる奴は警察・消防や自衛隊、ボランティアが大汗流して活動するのをクーラーのきいた部屋でテレビを見ながら、歪んだ正義の拳をふるう訳です。この手の「自称・正義の味方」の自己陶酔ほど世の中で邪魔なものはないですよ、ええ。

                   

                  たとえ偽善でも手を差し伸べる事に変わりはなく、自身で動いた人を口先指先しか使ってない奴に批難する資格なし。

                   

                  日本と言う国はどうなっちまったんだろうね、ホントに。

                   

                   

                  続いてコレ。

                   

                  声優・石塚運昇さん死去

                   

                  杉田智和さんがラジオかなにかの自己紹介で、

                   

                  「好きな哲章は玄田哲章、好きな万丈は銀河万丈、好きな運昇は石塚運昇」

                   

                  なんて言っていたのを思い出します。

                  石塚さんの声と言えば、個人的には「マクロスプラス」のガルド・ゴア・ボーマンや「カウボーイビバップ」のジェットでしょうか。それと、海外ドラマ「CSI:マイアミ」のホレイショも印象的でした。この前記事書いた「デッドオアアライブ」シリーズでも酔拳使いのブラッドの声を当ててますね。低いトーンの大人の男の声の…思わず憧れてしまう渋い声の持ち主でした。

                   

                  謹んでご冥福をお祈りいたします。

                  | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:10 | comments(2) | - |
                  ゲスは一体どっちなんだ
                  0

                    先日、フリーアナウンサーの小林麻耶さんが非芸能関係者とのご結婚を発表し、これを機にアナウンサーを引退した、という報道がされましたね。で、早速コレです。

                     

                    小林麻耶さん、収監し直撃に怒り。「怖くなり」逃げても追いかけられ

                     

                    ゲスの極み乙女のボーカルとベッキーの不倫騒動が週刊誌にすっぱ抜かれた際、「ゲス不倫」なんて言葉が流行りましたが…ゲスなのは不倫をした奴らなのか、それを面白おかしく書いて騒ぎ立てた連中なのか。小室哲哉氏の不倫騒動と引退記者会見後も不倫をすっぱ抜いた記者に対して批判が集中した訳ですが、今回は直後とはいえ小林さんは既に「引退」をしている訳でね、芸能界やら芸能人のルールはもう通用しない立場に行った人な訳ですよ。それをこうも執拗に追い回すと言うのは…これをゲスと言わずに何という。ゲスじゃなけれゃクズか?

                     

                    小林さんはこの際に動画などを撮影していたそうですが、週刊誌記者がSNSには上げないでくれ、と言ったから約束通りこの動画などは乗せなかったとの事ですが、芸能人のプライベートを侵している本人は顔出しNGって…何なんでしょ。職業上顔バレすると取材が出来ない、なんてのは知った事ではないし、そもそも肖像権云々含めてそういう点ではこの連中は何か言える立場じゃないでしょ。第一、さっきも書きましたが小林さんは既に芸能界からは足を洗った人な訳でしょ?まぁ、フリーアナウンサーは芸能人なのか?というのは置いておいてですが。つまりは芸能人ではなく一般人な訳ですわ。芸能人だから、という理屈は通らないでしょう。しかも取材意図が結婚、引退後の本人の生活とかならいざ知らず、小林さんのなき妹の旦那である市川海老蔵氏の件がある訳です。まっことスケベ根性丸出しの芸能記者的な行動です。

                     

                    …こいういモラルの欠如した行動を平気で取ってるクセに、いざ有名人の不倫だなんだというスキャンダルとなると、嬉々として「我々の記事は社会正義でござい」的な記事を展開するから余計に鬱陶しく感じます。

                     

                    んで、こういう意見を書くと「好きでこういう行動をとっている訳ではない。読者が知りたがっている事を記事にするのが我々の仕事なんだ」的な反論が出るんでしょうが…じゃあ何か?例えがやや過激かも知れませんが、友人が「死にたいから俺を殺してくれ」と言ってきてホントに殺しちゃっても罪に問われないんですか?と。そこには法律は当然の事として、モラルの問題もある訳でしょ、と。求められたからといって何でもやって良い訳でもなければ、求められた事が自分の行動を正当化してくれる訳でもないでしょ。コレは言わば責任転嫁してるだけですわ。

                     

                    そもそも、小林さんだって今回の件は流石に怒り心頭となって当たり前で、報復として週刊誌記者の顔が映った動画なり写真をブログに乗せる事は出来たのに、「約束だからこっちは出さなかった。だからそっちも書くな載せるな」という念押しに留めた訳ですよ。いくら腹が立ったとはいえブログとかに記者の顔を晒す様な事をしたら当然相手の記者やその家族に不利益が生じるのは容易に想像できますが、それをやったら自分が腹を立てている相手と同じになってしまう、という理性が働いた結果な訳で。コレは記者との約束云々ではなく人としてのモラルを守った、という事ですわ。

                     

                    …コレでこの記者が記事書いて週刊誌に載せちゃったら…自らをクソみたいな存在だと認めてしまう様なものですが、果たして。

                     

                    いやね、週刊誌の記者には報道に携わる者として、勿論人間としてのモラルに基づき取材活動をしている人はいるのだと思いますが、少なくとも今回の…引退して一般人になった小林さんを付け回した記者に関しては職業倫理が欠如した人間と言わざるを得ないでしょうね。

                    | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:00 | comments(0) | - |
                    詐欺は撲滅しよう
                    0

                      最近、「ISO日本総合審査機構」という所からしつこく「国家特別救済金で32億うけとってくれ、詳細はリンク先」というメールが届いています。まぁ、分かり易く詐欺メールな訳ですが、調べてみた所、このメールの送り主のサーバは韓国との事なので、そっち方面の詐欺グループなのでしょう。ちなみにパッと見文字化けしているようなメールで文章の中に,/*-~等の記号が混ざっているんだけど、毎回巧妙に記号の位置を変えてます。コレは同じ文面のメールをキーワードでフィルターかけられるのを防ぐとかそういう意図があるんだろうけど、そもそも32億なんてあまりに現実味の無い金額出してる時点でお察し…詐欺なのモロバレだと思うんだが…頭悪いんだろうか。

                       

                      少し前も、「セブンスター(株式会社HOLY)」という所から似たようなメールがしつこく送られてきましたが、いい加減にしてもらいたいもんです。

                       

                      余談ですが、携帯や自宅の電話、会社に聞いた事が無い会社から自分宛てに電話が来るケースってありますよね。まぁその多くは詐欺まがいの電話や迷惑なだけの勧誘、営業である事が多いんですが、そんな時、相手先の電話番号が分かったならそれを直接ネットで検索すると、その電話番号についての情報が分かったりします。

                       

                      他にもテレビで紹介していたみたいですが、迷惑電話番号の情報サイトってのが最近結構出ています。

                       

                      迷惑電話番号サーチズ

                       

                      電話番号@迷惑電話チェック

                       

                      jpnumber.com

                       

                      ウチの自宅番号に多いのが、光回線の接続云々と、携帯電話関連の詐欺電話ですね。後、私名指しでしつこいのが埼玉県越谷市の結婚相談所。この担当のババァ(多分)は如何にも知り合いでござい、的な態度で取り継がせようとするから鬱陶しいことこの上ないです。このババァからは

                       

                      「迷惑だから二度と電話すんな。今度かけてきたら然るべき措置とらせてもらうんでそのつもりで。勿論この電話も録音済みだからな。」

                       

                      と言ったところ、3年くらいかかってきてません。

                      おいしい話、お得な情報というけれど、結局の所面識のない所からいきなり電話かけられたところで、そんなもん信用できませんわ。そもそもどこからこの電話番号見つけてきたんだって話でしょ。

                       

                      電話勧誘や電話での営業は「電話で」やってる時点で信用する価値など皆無、というのがワタクシの持論です。

                      まぁ、だからといって日曜日に子供連れて来る某エホバみたいなのも迷惑極まりないですが。

                       

                      ともあれ、くそったれな詐欺から自衛の為、ご参考までに。

                       

                      迷惑勧誘&営業、詐欺師共に御仏の慈悲は無用!!

                      | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:34 | comments(0) | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        零哭堂 (09/23)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        進撃の無職 (09/22)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        零哭堂 (09/22)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        進撃の無職 (09/22)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        零哭堂 (09/22)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        進撃の無職 (09/21)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        零哭堂 (09/21)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        進撃の無職 (09/21)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        零哭堂 (09/21)
                      • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                        進撃の無職 (09/21)
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE