土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
条件反射的に書いちまった
0

    農水省係長、高校生のスカート盗撮で逮捕・埼玉

     

    注目して欲しいのは容疑者の名前。

    エスカレーターで自分の前にスカートの短いJKを見つけて

     

    「私もよくよく運のない男だな。仕事が終わっての帰り道であんな獲物に出会うとは…」

     

    なんて言いつつ、スマホをスカートの中に突っ込みながら

     

    「見せてもらおうか。JKのスカートの中身とやらを」

     

    とか思ってたんですかね。

    それで今は拘置所で

     

    「認めたくないものだな…自分自身の、エロさ故の過ちというものは…」

     

    なんて言って、それで怒った警官に叱られて、

     

    「サボテンが…花をつけている…」

     

    とか言い出したりして。(笑)

     

    ちなみにホンモノ…というか、シャアを演じた池田秀一さん、飲み会で電話で泣きながら男と会話している女の子に遭遇し、酔っ払っていた池田さんがその女性から携帯を奪い取って「俺はシャアだが…」と相手に説教を始めた…というエピソード、凄い好きです。(笑)

    | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:42 | comments(0) | - |
    久々の時事ネタ
    0

      先ずはコレ。

       

      なぜ埼玉県民はディスにれても平気?源流はなんと古墳時代に

       

      確かに埼玉県民は他県からのディスリスペクトに対しては寛容かもしれません。でも、身内同士の抗争は激しいんですよ。(笑)

       

      与野を含め3市で合併し、後に岩槻も加わった政令指定都市の「さいたま市」ですが、合併した後も「片や元県庁所在地、もう一方は新幹線の停車駅」という浦和と大宮の対立は実は今も結構根深かったりしますし、さいたま市が「埼玉市」でないのも、埼玉と言う地名の発祥の地である行田の商工会が「埼玉を使うな」と横やりを入れた為。

       

      そして東京に接する南埼玉出身者にしばしみられる、他県の人に出身地を聞かれ「埼玉」と答えず「東京」と偽る行為を嫌悪します。もしかしたら南北の交通アクセスは便利なのに東西への交通アクセスが極めて不便…というのも、昔から埼玉全域を治める様な有力者とかが現れないった土地だからなのかも。

       

      ただまぁ、昔の「武蔵」という地名には東京や横浜、川崎の一部も含まれていましたから、東京などに対しては対抗心とかは薄いんでしょうね。東京とか神奈川(の一部ですが)は「武蔵」という大きなくくりで、立派になった兄弟的な感覚なんですね。だから東京の人が埼玉をディスってもおおらかな…「やんちゃな兄弟」を見守るような心持なのですよ。

       

      んで、他の近県に対しては…例えば群馬や栃木には有名温泉や世界遺産がある事を羨ましく思い、茨城は海があるから羨ましい。千葉に対しては草加せんべいが名産になったのは千葉の醤油のおかげ、という恩義があったりするので、自然と妬み嫉みの類は身内に向かい、結果的に地元への愛着が薄くなっているのかも。

       

      ある意味、自身の出身地に強烈なプライドを持つ京都人とかとは対極の人種、なのかも知れません。

       

       

      次。

      【新日本】ライガー「平成に生まれ平成に潔く散る」万感の引退の心境を本紙に激白

       

      日テレもデストロイヤーさん慎む「雄姿忘れません」

       

      かの力道山と激闘を繰り広げ、代名詞でもあり今現在も一線級で使われる「必殺技」4の字固めでお馴染みの覆面レスラー、ザ・デストロイヤーさんがお亡くなりになったとの事。

      私は世代的にデストロイヤーさんの試合は記録映像とかでしか見た事がありませんが、氏の代名詞たる4の字固めと言えば、Uインターと新日の全面抗争での武藤啓司選手と高田延彦選手の試合でしょうか。度重なる酷使で膝が悪化していた武藤選手は派手なフィニッシュが困難となっており、この大舞台(メインイベントでしたっけ)でドラゴンスクリューからの足4の字…という古典ともいえる「プロレス技」でリアル格闘技を標榜とするUインターのエースを打ち破ったのが印象的です。

       

      引退発表のライガー選手は、永井豪原作のアニメ「獣神ライガー」とのタイアップで登場したレスラー(中の人は「リバプールの風になった」んだそうな/笑)だったんですが、ライガーの偉い所はこの時からずっと入場テーマに「怒りの獣神」を使い続けている…という点でしょうか。実はアニメの主題歌が「奇跡の獣神」に変わった際、アニメに合わせて入場曲も変えた事があるんだそうですが「ノリが悪くなる」と短時間で「怒りの獣神」に戻したんだそうです。

       

      ともあれ、お悔やみ申し上げます。

       

      特撮マニアでフィギュアを自作したりと多趣味で、かつバラエティ番組などテレビでの露出も多い人でしたから、プロレスを知らない人でも知っているレスラーの1人、と言えるかもしれません。大の新日ファンとして絶大なプロレス知識を持つ博多大吉さんとローカル局の番組で共演していた事があって、その際大吉さんを「新日のクイズで唯一負かした」のが、ライガー選手の奥さんなんだそうで。ちなみにその奥さん、スペル・デルフィン選手の大ファンなんだとか。(笑)

       

      しかし、昭和は遠くなりにけり…そして平成も終わり…というのが、身に沁みます。

      | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:50 | comments(0) | - |
      同じ41歳のオッサンだけどな
      0

        【不適切コラム】「バカッター」「バカスタグラム」バイトテロ騒動におっさんが思うこと

         

        私はこの記事を書いた人と同じ41歳のオッサンですが、記事で同意できるのは「不適切動画の内容は全部すべってるから」という一文だけですね。順番が違う。「もっと寛容になれないものか」じゃなくて、今まで寛容であった結果がこの現状…いや惨状だろ、と。

         

        参考記事

        【大炎上】人生が終了したバカッター7名のその後

         

        やった本人は解雇処分で済む…まぁ特定されて晒されるとかはあるんでしょうが、結局それだけ。バカッターなりバカスタグラムで追い込まれて自殺した、なんて話は少なくとも聞こえてこない訳でね。でも、現実問題としてこういった騒動から閉店に追い込まれた店舗もある訳です。そこで働いていた他の人達の事を考えれば、「もっと寛容に」なんて思えませんわ、私には。

         

        銃が人を殺すんじゃない。人が人を殺す…なんて有名な言葉がありますが、ネットそのものの存在に責任を転嫁しているかのような物言いに見えますが、結局は

         

        ですよね!?鰐淵サン。(笑)

         

        …試しにやってみたんだけど、想像以上にメンドクサイ。(苦笑)

         

        飲酒運転と同じですわ。本人は軽〜い気持ち、浅〜い考えでついついやっちゃうんけど、本人以外にとっては大迷惑以外の何物でもない、という。でも本人は危険性に関して甘く考えて「自分なら大丈夫」という根拠なき自信があるから、いざ事故を起こしてしまったり警察に検挙されるまで気が付けない。

         

        親の責任だとかも書いてますが、このバカッターなりバカスタグラムが何歳なのかは知りませんが…少なくとも彼等の親の世代よりはスマホなりネットなりに通じている筈の世代な訳でしょ?それより詳しくない傾向が強いであろう親の世代がバカッター達のネットでの行動とかに介入して注意する…なんて出来ないでしょ。そもそもそういうものに対しての理解度からして違うんですから。

         

        親云々言う前に、こういうツールがまずそのリテラシーについて各々考えていくのが筋かと。

        それが日本人は出来ないから、この手のバカッター、バカスタグラム…他にも不謹慎狩りとかの独り善がりな正義が横行してしまうんでしょうけどね。

         

        でも、親の責任自体はまぁ、無くはないとは思います。でも結局は本人の問題ですし、賠償請求云々になった場合、ケツを拭かされるのは親御さんになる可能性は高い訳で、そちらには同情します。

         

        でも、公園の遊具だって、変な使い方して落っこちたりぶつかったりして痛い思いをして、「あ、こういう使い方は危ないんだ」と学んでいくものですわ。そして間違った使い方をしたから発生した事故なのに、「この遊具は危険だから撤去しましょう」というのは誰の為にもならんと思います。この手のバカッター、バカスタグラムは、そういう意味でも痛い目にあった方がいいんではないか、と。

         

        そういう意味でも、バカッター、バカスタグラムには同情の余地なんかないですわ。

        | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:14 | comments(0) | - |
        時事ネタ
        0

          すき屋、くら寿司…そして今度はビッグエコーと、世に言う不適切動画がまた話題になっている訳です。少し前もツイッターで、ローソンのアイスケースに入ったり、蕎麦屋の食洗器に入ったり…といった写真が投稿されて問題になっていた訳ですが…

           

          報道する側にもコレ、問題あるんじゃない?

          何が問題って…テレビのニュースでは問題になっている不適切動画にモザイク入れてそのまま放送してるし、ネットのニュース記事でも問題のシーンを抜粋して写真で掲載してるでしょ?コレをやってしまうと、問題動画を取ってアップしてしまう様な分別のつかない奴等は「騒がれててまずい事やっちまった」とは思わないんじゃないかな、と。むしろ

           

          「やっべ、俺の動画超バズってるw」

           

          なんて思っちゃうだろ、と。こういった事をやらかすような奴の頭の程度を鑑みるに。元々がこういう事やってネットに上げるのは行き過ぎた承認欲求な訳でしょ?そしてすき屋の件なんかはわざわざ動画の中に「くびかくご」なんて文字入れてる位ですから、やっている本人は自分の行動をごく軽い…それこそカワイイイタズラ程度にしか思っていない訳で、只でさえ炎上、拡散している所にテレビとかでその動画が流された日にゃあ、反省するどころか調子に乗るだろ、と。下手したら「アレ俺がやったんだぜw」とか周囲に武勇伝的に語っちゃってるかもしれませんわ、オツムの程度から察するに。

           

          こういう不適切動画に関する報道をするなら、その動画を流すべきではないと思います。

          視聴者も見たいと思ってる…なんてマスコミ一流の責任転嫁な屁理屈は要らんですよ。ああいうのを無責任に「報道」と称して流すから、後に続いて真似をするおバカさんが出て来るんですわ。マスコミはこういう時こそお得意の「報道しない自由」を行使すべきなんじゃない?そもそもアレだ、投稿された側の企業がスポンサーだったら話題にすらしないんだろ?

           

          報道するなら、

           

          ドコソコのアルバイト定員によるものと思われる不適切な動画がインターネット上に投稿された事により、運営する企業がHPにて謝罪メッセージを出した。同社は動画に関して調査をし、損害賠償や威力業務妨害といった法的措置も視野に投稿した店員の処遇を考えるとの事。

           

          という程度でわざわざモザイク処理してまで問題の不適切動画を流す必要はないですよ。だってコレ、不適切動画を投稿された企業側にとってはある意味セカンドレイプみたいなもんですし。勿論、そういう動画を投稿する事を許してしまった監督責任とかはあるんですが、動画を繰り返し流す事にはメリットを私は感じないのです。

           

          そして、報道したからにはその結果も報道すべきなんじゃないかと。こんな不適切動画が投稿されました、と報道して、分かってるんだか分かってないんだか分からないコメンテイターに「けしからん」的な事を言わせてはい、おしまい…じゃダメだろ、と。

          企業側が投稿したバイトに対して訴訟を起こした、とかそういう事例があった場合はそういうのも報道すべきなんじゃないかと。新しく事件や出来事が毎日起きているのにそんなものを報道する時間なんかない、というのなら、つまらないタレントに何かやらせるコーナーとか「ワンコインで豪華ランチが食べられる店」とかの特集の放送時間を縮めれば済む話。

           

          更に企業側も、解雇程度の生ぬるい措置ではなく、徹底的な措置…それこそ訴訟とかも踏まえて出る所に出て、やれる事はやるべきかと。それこそ「くびかくご」程度じゃ済まないんだぞ、というのを分からせる必要がある訳でね。むしろこの手の問題で厳しい措置を取った方が、客側も「毅然としたちゃんとしている店、会社だ」と判断するんじゃないかと。

           

          どうせならアレだ、訴訟起こして損害賠償請求とかが認められたら、「ご迷惑おかけしましたキャンペーン」なんて事の経緯を説明して、勝訴した記念のセールとかやればいいんですよ。「勝訴して得た損害賠償はそもそもが今回の件でお客様から得られる筈だったものなので、ご迷惑をおかけした謝罪と日頃の感謝を込めてその分還元します」とか言ってさ。コレ、かなりの「見せしめ」になると思うんだ。

          | 零哭堂 | 時事ネタ | 00:55 | comments(0) | - |
          時事ネタ
          0

            森高千里、約21年ぶりの全国ツアー開幕。全日程公開

             

            いや、別に森高さんのファンという訳ではないんですが、夕方のテレビのニュースでこの話題を放送した時の一番最初に流れたのが、

             

            ♪わたしが〜おばさんに〜な〜っても〜

             

            という部分だったのに何となくテレビ局の作為的なモノを感じたのって私だけですかね。松本伊代さんの「センチメンタルジャーニー」の扱いと同じ感じを受けましたよ、ええ。

             

            でもまぁ、ツアー中に50歳になるとの事ですが…こんなカワイイ50歳、そうそういませんよ、ええ。

            若い時の全盛期…といったら失礼かもしれませんが、若い頃は正直、何とも思わなかったのに歳を重ねた今の方が、色気とか感じてキレイに見える人っています。私の場合、芸能人ですと内田有紀さんとか南野陽子さんは、若い頃より今の方が美人に思えるんですよね。

             

             

            嵐の会見「無責任じゃないか」質問に批判の声が噴出「イラっと」「失礼極まりない」

             

            さ〜て、話題もちきりの件ですよ。(笑)

            記者の「無責任」発言がファンを中心に炎上しておる訳ですが、別に私は嵐のファンではないし、むしろジャニーズのタレントにキョーミがある訳ではないんですが…今回の活動休止の件で、記者会見を見る前に真っ先にファンが原因として想像したのは、大野さんではなく二宮さんの方だったんじゃないかな?と。

             

            下世話な週刊誌やらネット記事なんかで、某フリーアナウンサーとの結婚秒読み…なんて言われている様ですから、嵐のファンが「活動休止」と聞いて真っ先に原因だと思ったのはコッチなんじゃなかろうか、と。

             

            ただ、今回の「無責任」発言ですが…そもそも何に対して無責任と言う言葉を使ったのかが不明瞭…というより、文章を扱う記者だったらもう少し角の立たない言い方は出来なかったのか、語彙力が無さすぎだろ…とは思うんです…が!!二宮さんと結婚間近、なんて報道されているアナウンサーの方に対し、「ふさわしくない」なんてネットに書き込んでいる嵐ファンはこの記者に文句言える立場ではなかろう?と思うんです。ファンとはいえ口出しすべき領域ではないと思いますし、こっちも中々に失礼な発言です。嵐の、二宮さんのファンだから許される、という類の話ではないですし、だったら誰が相応しいんだ?アンタか?って話でしょ。

             

            「無責任」発言の記者に関しては確かにレベルが低い、と思います。でもコレに「失礼だ」と噛みついている嵐のファンは、記者の「無責任」発言に噛みつく前に、自分達の発した「失礼で無責任な発言」を恥じるべきなんじゃないかな、と。

            大野さんも、そういった連中の"偶像"であり続ける事に嫌気がさしていたんじゃないですかね。

             

            んで、付随してこんな記事も。

             

            茂木健一郎氏、嵐会見の「無責任」質問を批判「もの凄く変な発想、価値観」

             

            な〜んで脳科学者のブログの書き込みをいちいち記事にするんですかね?

            そんなに需要があるんですかねぇ…あるんだとすれば、この人、もう肩書を「テレビウォッチャー」とか「芸能コメンテイター」に変えた方がいいんじゃないかな、と思えるレベルです。

             

            「テレビはオワコン」発言以降、定期的にこの人のブログとかの発言を記事として見ますが…個人ブログとかが「この人がこんな事言ってました」なんてリンクやトラックバックするのはまだしも、ニュースサイトとかでわざわざやる話?

            例えば、脳科学者らしい見地から分析とかしているんなら注目に値するけれども、今回の発言は単なる「テレビウォッチャー」的なものでしかない訳で。

             

            他にも、例えばウーマン村本と高須医院長のSNSでの発言だの、ダウンタウンの松ちゃんや坂上忍辺りのテレビでの発言とか…いちいちニュースサイトで記事にする程の意味、あるんですかね。

             

             

            アイドル繋がりでコレも。

             

            「NGT事件」なぜ秋元康は謝罪しないのか

             

            AKB商法とは言いますが、コレは早い話、キャバクラとかのシステムと一緒ですわ。そもそもが「逢いに行けるアイドル」というコンセプトで、劇場と言う名の箱を設けている時点でキャバクラそのものな訳です。シャンパンとかフルーツ盛り合わせの代わりにCDを買わせて、見返りにサービスして貢がせる…それで売り上げと言う形でホステス同士で競い合わせる、というシステムね。ホステス役に10代半ばの娘とかもいる事を考えると、より闇が深い気すらします。

             

            そもそも、秋元氏プロデュースでAKB商法の前身ともいえるおニャン子クラブからしてそういう一面は既にあった訳でね、それを徹底、先鋭化させたビジネスモデルがAKBとかその類似商品という訳ですよ。秋元氏はプロデューサーというより、女衒みたいなものです。女衒が分からない若い子はググって下さい。

             

            キャバクラとかですら客を巡るトラブルというのは日常茶飯事な訳ですから、それを全国展開でやっている上、ファン側の抱く幻想と、ホステスを含む店側の実態…というか、正体のギャップ、ズレがキャバクラや風俗よりも遥かに大きい秋元軍団…今回の騒動や、以前あった握手会襲撃も、はっきりいって起こるべくして起きた事件…そう思いますわ。

             

             

            最後にコレ。

             

            バンクシー作品、九十九里にも?漁港護岸に「風船と少女」

             

            東京に続いて今度は千葉…と話題になってますが、もし私の家の玄関とかに描かれたとしたら…

             

            …うん、すぐ消しますね。描いた奴に対してブツブツ文句言いながら。

             

            政治的メッセージが強いアートだとかはどうでもいいですし、芸術的な価値が高かろうがそんなもん知った事ではないです。

            心にゆとりがない、とかユーモアを理解するセンスがない、なんて意見もあるかも知れませんが、そんなもん上等ですわ。

            バンクシーだろうが何だろうが、他人のものに勝手に絵を描いたならそれは立派な器物破損。暴走族が塀に「喧嘩上等」とか書くのと変わりませんわ。

            | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:09 | comments(0) | - |
            訃報
            0

              市原悦子さん死去、82歳「家政婦は見た」など出演。

               

              「家政婦は見た」等のドラマや、アニメ「まんが日本昔話」のナレーション等で知られる市川悦子さんが亡くなられたんだそうです。

              市川さんと言うと、コレかなぁ…。

               

               

              ユリ・ゲラー来日からの超能力ブームに乗っかって時代劇にオカルト要素をぷっこんだ「必殺」シリーズの異色作、「翔べ!必殺うらごろし」に登場するキャラクター…その名も、「おばさん」です。記憶喪失になった凄腕の殺し屋…というハードボイルドな設定ですが、役名が「おばさん」なんです。(笑)

               

              時として奇をてらった殺し技が話題となった「必殺」ですが、市原さん演じるおばさんの殺し方は標的に話しかけつつ隙を見て匕首で突き刺す…という、文字に起こすと地味〜なものなんですが、動画で確認して欲しいんですが…背筋に氷水を浴び去られたかのようなゾクゾクする凄みがあるんです。ハッキリ言って、シリーズでもトップクラスに怖い殺し屋ですよ、ええ。

              何せ、この市川さんの演じるおばさんがあまりにも強烈な為、プロデューサーが「あれはまずい、本物だ」と言った、とか殺しのシーンを撮影中に市川さんのあまりの迫力にスタッフが泣き出した、とか色々噂が残っている位ですから。

               

              上で挙げたyoutubeの動画は他にも2、3とありますので、このキョーレツな凄みを体感したい、という方は、是非。

               

              ともあれ、昭和から平成を代表する名女優の1人だったと思います。

              謹んでご冥福をお祈りいたします。

              | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:31 | comments(0) | - |
              時事ネタ
              0

                文章が読めない「新聞読まない人」の末路

                 

                …で、新聞読まない人がどうなるって?

                正直この記事、インタビューを記事に起こしたものみたいですが話が取っ散らかっている上に飛躍し過ぎに感じます。

                 

                言葉に関する理解力、読解力を鍛えるのが目的なら新聞以外にも適したツールがあると思いますし、そもそも新聞自体が社の主義主張の為に事実を捻じ曲げたり誇張した記事を書いたり、挙句の果てに不都合のある事例に「報道しない自由」を行使するケースが決して少なくない現状についてはどう考えているんでしょうかね。

                スマホ等のツールのみで情報を得る事が統治者に利用される、というのなら、新聞記事の誇張や湾曲により世論を都合の良い様に扇動される危険性もあるのでは?少なくとも、新聞は各社あれど各新聞を一々読み比べる…という人は多くはないでしょうから、同じ社の新聞を読み続けているうちに知らず知らずその社の主張に染められてしまうってケースもあるのでは?

                 

                それに、精神論なんて時代にもうそぐわない物…というのはスマホ中毒な若者の方が肌でそう思っている、感じている筈で、未だ精神論じみたごり押しを下の世代に強要するのは今の管理職世代…むしろ若い連中より新聞に親しむ世代な気がするんですが、コレは私の気のせいなんですかね。

                 

                問題提起としては良いんですが、それにこんなタイトルをつけてしまうのでは読んでガッカリされてしまうのでは?コレは

                ある種タイトル詐欺ですわな。

                 

                 

                とろサーモン久保田、M-1暴言騒動以来、33日ぶりにツイッター更新…「是非ご覧ください」

                 

                ベッキーの不倫騒動と同じ匂いがしますね。

                確かに、影響力が決して少なくはない人気お笑い芸人…って言っても騒動が報道されるまで私はこのとろサーモンというコンビを、「そんな名前の漫才コンビがいる」程度にしか認識しておらず、ネタも見た事がなかったんですが、まぁ私の場合は基本お笑いにキョーミが薄い特殊事例なので今回は置いておきましょう。

                 

                ともあれ、確かに人としてオカシイ、無礼千万という彼らを批判している連中の言い分はもっともではあるんですが、動画として公開されてしまった点を除けば、会社の飲み会の席で先輩や上司に対する愚痴や悪口を言ったりするケースってある筈なんですよ。そりゃあその動画を公開されてしまった事は問題ではあるんですが、基本的にコレ、当人同士の問題ですよね。

                 

                言われた側が、表立った発言とかはあんまりしていない…ある種の大人の反応をしているのに、週刊誌やネット記事につられて無関係な外野が必要以上に大騒ぎしている状況と言うのは、もうベッキーの時とそっくりでしょ。

                 

                ベッキーがあれだけ叩かれた原因の一つは、批判していた連中の言い分を見るに、好感度が高いタレントの黒い内面が暴かれた、という例のLINEでのやり取りとかが大きなキッカケなのだと思うんですが、結局の所

                 

                自分が絶対的に正しく、安全な所から殴れる

                 

                という存在に落ちた事が原因でしょう。つまり、正論で正々堂々と殴れる相手になった、という事です。今回もモロにコレでしょ。

                でもさ、私はこう思う訳です。

                 

                殴ってもいい相手かも知れないが、あなたが殴る理由と殴る必要性はあるのか?

                 

                と。この理由と必要性に、社会的正義みたいなものを持ち出す人は、いざと言う時に自分も同じように殴られる事は覚悟した方が良いですよ、と思います。

                 

                 

                資産差し押さえに「具体的措置」、韓国の徴用工訴訟で安倍首相

                 

                自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題や、慰安婦合意反故の件からも分かる通り、国際的なルール、枠組みとかをいざとなったら一切合切無視して自分達の都合や屁理屈をごり押ししてくる国…という事がハッキリした訳ですが、記事の下の方にあるアメリカと非核化で合意した国もこの国と元々は一つだった事を考慮すると…恐ろしいですね、ええ。

                 

                あまりかの国を信用している日本人はいない気がしますが、用心に越したことはないでしょうね、どっちに対しても。

                 

                 

                原宿で車暴走 21歳の男「死刑への報復」と供述

                 

                丁度一昨年の年末から去年の今頃、竹下通りの入り口の横で仕事してたんですよね、私。

                 

                ともあれ、死刑制度に反発、報復という事らしいんですが、例えば人を殺した事に対する報復(罰則ですが)として死刑がある訳ですが、それを理由は分かりませんが批判、反対という割に、死刑制度がけしからんから無差別に人を殺害する…って、言ってる事とやった事に辻褄が合わないというか、支離滅裂じゃないか?

                 

                「人を殺したことがけしからんから死刑とする」に対し「死刑制度がけしからんから国民を殺す」

                 

                この犯人がやった事は、本人が批判する死刑制度と同じ事…いや、無関係の人を巻き込んでいる時点でむしろ悪質…理屈に合っていない訳で。

                 

                あ、私は死刑制度には賛成です。例えば悪名高い女子高生コンクリ詰め殺人事件の主犯格4人の内、3人は振り込め詐欺、殺人未遂、暴力団構成員となり暴行事件、と再犯していますし、酒鬼薔薇聖人の自伝出版の件といい、少年法とかで死刑にならずシャバに戻った連中の中には、とてもとても反省、更生したとは言えないケースが割と目立つ訳です。

                そもそもが池田小事件の宅間とか、犯行後に「死刑でいい」とか「死刑にしろ」なんて居直る殺人犯がいる訳です。自暴自棄になっている部分もあるのでしょうが、「死刑になってもいいから犯罪を犯したい」という欲求に負ける奴等がいる、という現状があり、そんな連中をわざわざ生かすのに、私も払っている税金が少しでも使われてしまうのは御免だ、と思うからです。

                 

                少なくとも、「死刑制度は欧米では〜」みたいな理由を振りかざす死刑廃止論者に対しては、先ずこう反論したい。

                 

                「ココは日本だ。欧米じゃねぇ。」

                | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:53 | comments(0) | - |
                新年一発目の時事ネタ
                0

                  瀬古利彦氏、テレ朝・玉川徹氏の箱根駅伝に「関西の大学出てない」発言にあきれ顔「ド素人ですね」

                   

                  いや〜、一応「コメンテイター」として番組に出てる以上、何某かの発言をしなくては…という一種のプロ意識でこの発言をしたのかも知れませんが…結果自分の無知を晒す羽目になってしまってはプロ意識以前の問題でしょう。この人、外部ではなくテレ朝子飼いの人らしいんですが、以前安田純平さん解放の際にも「英雄として迎えるべき」という発言をして叩かれた人物ですわ。

                   

                  橋本徹vsテレ朝・玉川徹の直接対決 「安田純平さんは英雄か否か」

                   

                  ついでに貼っときます。

                  安田純平さんの件に関しては以前も書きましたが、英雄と言うのなら彼を救うのに尽力した人達であって安田さんではない、と思いますし、橋下氏の発言にもある通り、「英雄視しろ」というのはジャーナリストの特権意識からの意見だろ、と思いますわ。そもそも安田さんは危険を冒して戦地の状況を伝えようとした、という…ここまでは勇気ある行動と言えるとは思うんですが、彼の場合目的を果たせず武装組織に捕らえられてしまったわけです。つまりは志に反して結果が出ていない…まぁ早い話、失敗している訳ですよ。

                   

                  ここで、拉致された事により武装組織に身代金の為に捕らえられた人々がどうなるのかが生々しい肉声として伝わったじゃないか、という意見もあるかも知れませんが、これはそもそも結果論であり、彼自身の功労と言う訳ではないでしょ。むしろ身代金要求の動画撮って配信していた武装組織の方が彼よりよっぽど仕事していた…とすら思えます。

                   

                  一般企業でも軍隊でも政治でもそうですが…結果を出せなかった人をその行動だけで英雄とは呼びませんよね。

                   

                  んで、箱根駅伝の話ですが…合コンでウケよう盛り上げようと大声上げて騒いでいるけど女子からはむしろ顰蹙を買っていて総スカンなお調子者みたいですよね。何の事は無い、玉川氏は自身が大して詳しくないと自覚しているのなら、当たり障りのない発言をしときゃあ問題なかったんですよ。多分、そんなにキョーミすらないんだと思いますわ、箱根駅伝に関して。それをジャーナリストの選民意識から「何か言ってやろう」と無駄な色気を出した挙句が今回の「ド素人」呼ばわりでしょうね。

                   

                  まぁ、他にも玉川氏のジャーナリストとしての選民意識を伺わせるエピソードは多い様で

                   

                  羽鳥慎一が「やめてください!」3連発でコメンテイターの暴走を阻止!

                   

                  こんな記事も。このレベルの発言なら、正直、ワイドショー含む報道番組にコメンテイターなんてものは要らない、というのが私見ですが、それにしたってコメンテイターとしての質としても問題あるでしょ、コレ。こんなんだったら新橋のガード下とかで泥酔しているオッサンとかでも出来るよね。

                  まぁ、面白がられて文句言われているうちが華なんじゃないかな?そのうち飽きらちゃうんじゃないかな、と。そうなったらこの人、元フジの長谷川豊氏と同じような道を辿るんじゃないか?発言そのものも何だか似た所がありますしね。

                  | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:11 | comments(0) | - |
                  別に嫌韓って訳でもネトウヨでもないつもりですが
                  0

                    レーダー照射で自民「韓国側に謝罪を求めよ」

                     

                    日本の対悪感情、「照射」機に出た…韓国

                     

                    「対韓悪感情を支持率回復に利用」って…今までの韓国大統領に「韓」を「日」に変えて指摘してやれや。ってか、それで踊らされていたのは何処のどいつなんだかな。(苦笑)

                     

                    ちなみに上の記事の佐藤正久外務副大臣は、2004年の自衛隊のイラク復興支援で第一次復興業務支援隊長を務めた元陸自の方です。というか、常識的に考えて国と国の話なのですから、火器管制レーダーを照射されていないのにされた、なんてチンピラの因縁じゃないんだからそんな事をする筈もなく、当然照射された事に対する証拠固めをしてから抗議をするのが筋な訳です。

                     

                    と、いうより所謂反日教育という奴で「日本に対しては何をしてもいい」的なものが根付いてしまっていて、どこぞのダッサイ名前のアイドルグループの原爆Tシャツと同じように、末端の兵士なりが冗談半分でやったのかも知れませんが、やっちまったもんは隠しきれる、誤魔化しきれる筈もない訳です。それでも子供じみた言い訳をしている…嫌な隣国だねぇ…ホントに。

                     

                    早朝、たまたまつけていたテレビのニュースで韓国の女子人気が高く、行きたい国アンケートでランキング1位、なんてやってましたが、ダサい名前のアイドルグループの件然り、徴用工判決の件にしろ、慰安婦合意反故にしろ…これだけ様々な問題が鬱積している上に、性犯罪大国で外国人に対する強姦事件とかが極めて多い国…それでもまだ韓国に行きたがりますかね。なんだかこのアンケート…ホントにやったのか?という疑惑を持ってしまうレベルです。

                     

                    ちなみに、徴用工が日本企業だけではなく韓国政府に対しても訴訟を起こした、というのはニュースになってましたが、こんな記事も。

                     

                    裁判資料入手 元慰安婦が反日団体「挺対協」にデモ中止を求めていた

                     

                    結局カネの為に日本叩きをやっていた事の裏付けがとれてしまいましたね。まぁ、この辺の…所謂「市民団体」に関しては日本も人の事は言えない気もしますが。

                     

                    もういい加減「なんでも日本のせい」というやり方では通用しなくなってきてるんじゃないか?

                    まぁ、所詮他国の事なのですが。

                     

                     

                    ローラ「辺野古埋め立て反対」呼び掛けに数々の矛盾を指摘される

                     

                    まぁ、そうなるわな、と。

                    沖縄のきれいな海を守りたい…なんてのは大抵の人はそう思っている訳ですが、実際問題として沖縄は辺野古だけに留まらず、空港の滑走路増設やリゾート開発などで今も現在進行形で埋め立ては行われている訳です。何で辺野古だけに反対なの?と。ローラさんが他の沖縄の埋め立てを伴う開発事業に反対して同じように行動を起こしている…というのならまぁ、分かるんですが、そもそも基地の周りを住宅地が取り囲んだような状態で「世界一危険な基地」とも揶揄される普天間はそのままでいいの?と。

                    第一、元々は基地移転に対して内陸を希望していたのを反対ばかりで沿岸部になった経緯があり、こと辺野古移転を「沖縄の負担」云々言うのは別に他所の県から移設する訳ではないんだからこの件には無関係。

                     

                    捕鯨反対でシーシェパード辺りに寄付金出すハリウッド俳優みたいだよな、と。

                    浅はかな人気取りなのか、単なる思い付きでやっているのか…。

                     

                    ローラさんの辺野古工事素子10万筆署名参道こそ、真の保守であり愛国者だ

                     

                    そもそも沖縄の基地や日本の現状を

                     

                    「銃剣つきつけられて奪われた土地」「そもそも自国より強大な外国の軍隊が首都圏にある事が既にオカシイ」

                     

                    として、ローラさんを真の保守で愛国者、なんて持ち上げてます。

                    でも彼女、プラスチック汚染の環境問題をインスタグラムで取り上げた直後、プラストロー刺したジュースを飲んでる写真をアップしたり…という事もあったらしいので、今回の件も深く考えての行動なのかは正直な所、疑問。

                     

                    第一、この記事の論点はずれている気がします。現状の日本が事実上アメリカに占拠された状態、と言うならば、とっとと憲法9条を何とかして自衛隊ではなく国軍を持たなければ何もできない話ですわな。現状、有事の時はどう考えてもアメリカに頼らなくては立ち行かないんですから。

                     

                    現状の日本をアメリカに占拠されているのと同じだ、というなら自力で自国防衛する為の軍隊を組織出来るよう法改正するのが先。そうでなければアメリカを追い出すなんて事はおろか、日本単独で中国、南北朝鮮、ロシアに対応する事も出来ないってのが今の現状って奴です。怒るポイントが間違っている、等と偉そうに講釈たれる前に、なんだかんだ言いつつもアメリカの庇護下にある、という日本の現状を理解すべきなんじゃないか?なんて思ってしまう訳ですが。

                     

                    ん〜なんていうかなぁ…今回のローラさんの件、政治的な発言を芸能人がするな、と言うのではないのよ。言論の自由って奴だしローラさんの意見自体は意見としてあって良いとは思うんです。そもそもこの点に対して文句言っている人はあんまりいないと思うんです。ただ…何というかなぁ…誰かに踊らされてるのかも知れないけど、発言して呼びかけまでしてしまったからには、後になって

                     

                    「えー、知らなかったー。ウフフ」

                     

                    では済まない訳でね。例えばコメンテイターの室井佑月さんとか芸人のウーマン村本の様に、思った事言って後で矛盾点や間違いを指摘されたら「無知を居直る」様な真似だけはすんなや、と。コレ…スゴイみっともないぜ。言ったからには責任ってのが伴うんですから。

                     

                    しかもこの手の連中、絶対に人が意見言ってる時最後まで聞かないで途中で割って入ってくるんだよな。

                    | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:54 | comments(0) | - |
                    時事ネタ
                    0

                      運転免許の更新をしてきたんですが…年末で連休が原因なのか受付開始時間前から長蛇の列が。もっとも年明け、正月休み期間はもっとキョーレツな混雑で鴻巣運転免許センターの広い駐車場でも追い付かずに教習コースまで臨時駐車場になったりしますから、今日はまだマシだったのかな、と。

                       

                      違反者更新なので二時間の講習があるので免許センターから出たのはもう昼過ぎ。帰りにメシでも食って帰ろうとするも、帰り道はず〜っと田舎道なので、めぼしい店ともなく、結局昼食は先日ネタにした「山田うどん」でした。ちなみに今は「山田うどん食堂」という名前になってます。食べたのは定番のかき揚げ丼セット。

                       

                      相変わらずうどんにコシなんかないし、かき揚げもサクサク感皆無でぺっちゃりしてるけどとりあえず満腹。これで¥700しないのが山田うどんの魅力ですわ。

                       

                      …味!?いんだよ、腹が満たせれば。(笑)

                       

                       

                      「クリスマスソングは健康によくない」!?林修が提示したデータにSNS賛否両論

                       

                      「初耳学」という番組の話だそうで。

                      まぁ、日本人の根っ子にある神道が多神教で、しかも教義だの経典がない宗教ですから割と他の宗教には寛容…というより、基本的に言葉は悪いのかもしれませんが無関心な傾向が日本人は強い気がしますね。勿論、宗教関係者でない一般の人の中にだって、特定の宗教にどっぷり浸かった生活をしておられる方もおりますが。

                       

                      そういう日本人の良く言えば寛容、悪く言えば無関心な宗教観だからこそ、それをイベントとして利用しようとする企業や団体が現れたら、割とホイホイ面白がって乗っちゃう訳でね。ですから日本の場合、初詣はお参りイベント、バレンタインは告白イベント、ハロウィンは仮装イベント、クリスマスはプレゼントイベント…とまぁ、カネの匂いが漂うのも致し方なし…というか、日本人は言い出しっぺの主導が無ければ自分からはあんまり動かない国民性だと思うんですよね。でも流行りモノには弱くてそういうモノに対しては熱しやすく、また冷めやすい。だから金儲けが目的でも毎回毎回イベントアピールしないと盛り上がらないですぐ忘れ去られる訳で。そうなると質全的にこういったイベントは本質は忘れられて利益主導型じゃないと続かないんじゃないかと。

                       

                      まぁ、でも40過ぎて親はいるけど嫁、恋人、子供はいない…なんて私みたいなポジションですと、各イベントが近づいても「あぁ、今年ももうそんな時期か」程度の感慨しか持てなくなっちゃうんですけどね、ええ。

                       

                      むしろクリスマスで浮かれるこの時期、出費が何かと嵩むので私にとってはクルシミマスでサンザンクロースルがやってくるんですが。(苦笑)

                      | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:43 | comments(0) | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE