土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
訃報
0

    市原悦子さん死去、82歳「家政婦は見た」など出演。

     

    「家政婦は見た」等のドラマや、アニメ「まんが日本昔話」のナレーション等で知られる市川悦子さんが亡くなられたんだそうです。

    市川さんと言うと、コレかなぁ…。

     

     

    ユリ・ゲラー来日からの超能力ブームに乗っかって時代劇にオカルト要素をぷっこんだ「必殺」シリーズの異色作、「翔べ!必殺うらごろし」に登場するキャラクター…その名も、「おばさん」です。記憶喪失になった凄腕の殺し屋…というハードボイルドな設定ですが、役名が「おばさん」なんです。(笑)

     

    時として奇をてらった殺し技が話題となった「必殺」ですが、市原さん演じるおばさんの殺し方は標的に話しかけつつ隙を見て匕首で突き刺す…という、文字に起こすと地味〜なものなんですが、動画で確認して欲しいんですが…背筋に氷水を浴び去られたかのようなゾクゾクする凄みがあるんです。ハッキリ言って、シリーズでもトップクラスに怖い殺し屋ですよ、ええ。

    何せ、この市川さんの演じるおばさんがあまりにも強烈な為、プロデューサーが「あれはまずい、本物だ」と言った、とか殺しのシーンを撮影中に市川さんのあまりの迫力にスタッフが泣き出した、とか色々噂が残っている位ですから。

     

    上で挙げたyoutubeの動画は他にも2、3とありますので、このキョーレツな凄みを体感したい、という方は、是非。

     

    ともあれ、昭和から平成を代表する名女優の1人だったと思います。

    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:31 | comments(0) | - |
    時事ネタ
    0

      文章が読めない「新聞読まない人」の末路

       

      …で、新聞読まない人がどうなるって?

      正直この記事、インタビューを記事に起こしたものみたいですが話が取っ散らかっている上に飛躍し過ぎに感じます。

       

      言葉に関する理解力、読解力を鍛えるのが目的なら新聞以外にも適したツールがあると思いますし、そもそも新聞自体が社の主義主張の為に事実を捻じ曲げたり誇張した記事を書いたり、挙句の果てに不都合のある事例に「報道しない自由」を行使するケースが決して少なくない現状についてはどう考えているんでしょうかね。

      スマホ等のツールのみで情報を得る事が統治者に利用される、というのなら、新聞記事の誇張や湾曲により世論を都合の良い様に扇動される危険性もあるのでは?少なくとも、新聞は各社あれど各新聞を一々読み比べる…という人は多くはないでしょうから、同じ社の新聞を読み続けているうちに知らず知らずその社の主張に染められてしまうってケースもあるのでは?

       

      それに、精神論なんて時代にもうそぐわない物…というのはスマホ中毒な若者の方が肌でそう思っている、感じている筈で、未だ精神論じみたごり押しを下の世代に強要するのは今の管理職世代…むしろ若い連中より新聞に親しむ世代な気がするんですが、コレは私の気のせいなんですかね。

       

      問題提起としては良いんですが、それにこんなタイトルをつけてしまうのでは読んでガッカリされてしまうのでは?コレは

      ある種タイトル詐欺ですわな。

       

       

      とろサーモン久保田、M-1暴言騒動以来、33日ぶりにツイッター更新…「是非ご覧ください」

       

      ベッキーの不倫騒動と同じ匂いがしますね。

      確かに、影響力が決して少なくはない人気お笑い芸人…って言っても騒動が報道されるまで私はこのとろサーモンというコンビを、「そんな名前の漫才コンビがいる」程度にしか認識しておらず、ネタも見た事がなかったんですが、まぁ私の場合は基本お笑いにキョーミが薄い特殊事例なので今回は置いておきましょう。

       

      ともあれ、確かに人としてオカシイ、無礼千万という彼らを批判している連中の言い分はもっともではあるんですが、動画として公開されてしまった点を除けば、会社の飲み会の席で先輩や上司に対する愚痴や悪口を言ったりするケースってある筈なんですよ。そりゃあその動画を公開されてしまった事は問題ではあるんですが、基本的にコレ、当人同士の問題ですよね。

       

      言われた側が、表立った発言とかはあんまりしていない…ある種の大人の反応をしているのに、週刊誌やネット記事につられて無関係な外野が必要以上に大騒ぎしている状況と言うのは、もうベッキーの時とそっくりでしょ。

       

      ベッキーがあれだけ叩かれた原因の一つは、批判していた連中の言い分を見るに、好感度が高いタレントの黒い内面が暴かれた、という例のLINEでのやり取りとかが大きなキッカケなのだと思うんですが、結局の所

       

      自分が絶対的に正しく、安全な所から殴れる

       

      という存在に落ちた事が原因でしょう。つまり、正論で正々堂々と殴れる相手になった、という事です。今回もモロにコレでしょ。

      でもさ、私はこう思う訳です。

       

      殴ってもいい相手かも知れないが、あなたが殴る理由と殴る必要性はあるのか?

       

      と。この理由と必要性に、社会的正義みたいなものを持ち出す人は、いざと言う時に自分も同じように殴られる事は覚悟した方が良いですよ、と思います。

       

       

      資産差し押さえに「具体的措置」、韓国の徴用工訴訟で安倍首相

       

      自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題や、慰安婦合意反故の件からも分かる通り、国際的なルール、枠組みとかをいざとなったら一切合切無視して自分達の都合や屁理屈をごり押ししてくる国…という事がハッキリした訳ですが、記事の下の方にあるアメリカと非核化で合意した国もこの国と元々は一つだった事を考慮すると…恐ろしいですね、ええ。

       

      あまりかの国を信用している日本人はいない気がしますが、用心に越したことはないでしょうね、どっちに対しても。

       

       

      原宿で車暴走 21歳の男「死刑への報復」と供述

       

      丁度一昨年の年末から去年の今頃、竹下通りの入り口の横で仕事してたんですよね、私。

       

      ともあれ、死刑制度に反発、報復という事らしいんですが、例えば人を殺した事に対する報復(罰則ですが)として死刑がある訳ですが、それを理由は分かりませんが批判、反対という割に、死刑制度がけしからんから無差別に人を殺害する…って、言ってる事とやった事に辻褄が合わないというか、支離滅裂じゃないか?

       

      「人を殺したことがけしからんから死刑とする」に対し「死刑制度がけしからんから国民を殺す」

       

      この犯人がやった事は、本人が批判する死刑制度と同じ事…いや、無関係の人を巻き込んでいる時点でむしろ悪質…理屈に合っていない訳で。

       

      あ、私は死刑制度には賛成です。例えば悪名高い女子高生コンクリ詰め殺人事件の主犯格4人の内、3人は振り込め詐欺、殺人未遂、暴力団構成員となり暴行事件、と再犯していますし、酒鬼薔薇聖人の自伝出版の件といい、少年法とかで死刑にならずシャバに戻った連中の中には、とてもとても反省、更生したとは言えないケースが割と目立つ訳です。

      そもそもが池田小事件の宅間とか、犯行後に「死刑でいい」とか「死刑にしろ」なんて居直る殺人犯がいる訳です。自暴自棄になっている部分もあるのでしょうが、「死刑になってもいいから犯罪を犯したい」という欲求に負ける奴等がいる、という現状があり、そんな連中をわざわざ生かすのに、私も払っている税金が少しでも使われてしまうのは御免だ、と思うからです。

       

      少なくとも、「死刑制度は欧米では〜」みたいな理由を振りかざす死刑廃止論者に対しては、先ずこう反論したい。

       

      「ココは日本だ。欧米じゃねぇ。」

      | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:53 | comments(0) | - |
      新年一発目の時事ネタ
      0

        瀬古利彦氏、テレ朝・玉川徹氏の箱根駅伝に「関西の大学出てない」発言にあきれ顔「ド素人ですね」

         

        いや〜、一応「コメンテイター」として番組に出てる以上、何某かの発言をしなくては…という一種のプロ意識でこの発言をしたのかも知れませんが…結果自分の無知を晒す羽目になってしまってはプロ意識以前の問題でしょう。この人、外部ではなくテレ朝子飼いの人らしいんですが、以前安田純平さん解放の際にも「英雄として迎えるべき」という発言をして叩かれた人物ですわ。

         

        橋本徹vsテレ朝・玉川徹の直接対決 「安田純平さんは英雄か否か」

         

        ついでに貼っときます。

        安田純平さんの件に関しては以前も書きましたが、英雄と言うのなら彼を救うのに尽力した人達であって安田さんではない、と思いますし、橋下氏の発言にもある通り、「英雄視しろ」というのはジャーナリストの特権意識からの意見だろ、と思いますわ。そもそも安田さんは危険を冒して戦地の状況を伝えようとした、という…ここまでは勇気ある行動と言えるとは思うんですが、彼の場合目的を果たせず武装組織に捕らえられてしまったわけです。つまりは志に反して結果が出ていない…まぁ早い話、失敗している訳ですよ。

         

        ここで、拉致された事により武装組織に身代金の為に捕らえられた人々がどうなるのかが生々しい肉声として伝わったじゃないか、という意見もあるかも知れませんが、これはそもそも結果論であり、彼自身の功労と言う訳ではないでしょ。むしろ身代金要求の動画撮って配信していた武装組織の方が彼よりよっぽど仕事していた…とすら思えます。

         

        一般企業でも軍隊でも政治でもそうですが…結果を出せなかった人をその行動だけで英雄とは呼びませんよね。

         

        んで、箱根駅伝の話ですが…合コンでウケよう盛り上げようと大声上げて騒いでいるけど女子からはむしろ顰蹙を買っていて総スカンなお調子者みたいですよね。何の事は無い、玉川氏は自身が大して詳しくないと自覚しているのなら、当たり障りのない発言をしときゃあ問題なかったんですよ。多分、そんなにキョーミすらないんだと思いますわ、箱根駅伝に関して。それをジャーナリストの選民意識から「何か言ってやろう」と無駄な色気を出した挙句が今回の「ド素人」呼ばわりでしょうね。

         

        まぁ、他にも玉川氏のジャーナリストとしての選民意識を伺わせるエピソードは多い様で

         

        羽鳥慎一が「やめてください!」3連発でコメンテイターの暴走を阻止!

         

        こんな記事も。このレベルの発言なら、正直、ワイドショー含む報道番組にコメンテイターなんてものは要らない、というのが私見ですが、それにしたってコメンテイターとしての質としても問題あるでしょ、コレ。こんなんだったら新橋のガード下とかで泥酔しているオッサンとかでも出来るよね。

        まぁ、面白がられて文句言われているうちが華なんじゃないかな?そのうち飽きらちゃうんじゃないかな、と。そうなったらこの人、元フジの長谷川豊氏と同じような道を辿るんじゃないか?発言そのものも何だか似た所がありますしね。

        | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:11 | comments(0) | - |
        別に嫌韓って訳でもネトウヨでもないつもりですが
        0

          レーダー照射で自民「韓国側に謝罪を求めよ」

           

          日本の対悪感情、「照射」機に出た…韓国

           

          「対韓悪感情を支持率回復に利用」って…今までの韓国大統領に「韓」を「日」に変えて指摘してやれや。ってか、それで踊らされていたのは何処のどいつなんだかな。(苦笑)

           

          ちなみに上の記事の佐藤正久外務副大臣は、2004年の自衛隊のイラク復興支援で第一次復興業務支援隊長を務めた元陸自の方です。というか、常識的に考えて国と国の話なのですから、火器管制レーダーを照射されていないのにされた、なんてチンピラの因縁じゃないんだからそんな事をする筈もなく、当然照射された事に対する証拠固めをしてから抗議をするのが筋な訳です。

           

          と、いうより所謂反日教育という奴で「日本に対しては何をしてもいい」的なものが根付いてしまっていて、どこぞのダッサイ名前のアイドルグループの原爆Tシャツと同じように、末端の兵士なりが冗談半分でやったのかも知れませんが、やっちまったもんは隠しきれる、誤魔化しきれる筈もない訳です。それでも子供じみた言い訳をしている…嫌な隣国だねぇ…ホントに。

           

          早朝、たまたまつけていたテレビのニュースで韓国の女子人気が高く、行きたい国アンケートでランキング1位、なんてやってましたが、ダサい名前のアイドルグループの件然り、徴用工判決の件にしろ、慰安婦合意反故にしろ…これだけ様々な問題が鬱積している上に、性犯罪大国で外国人に対する強姦事件とかが極めて多い国…それでもまだ韓国に行きたがりますかね。なんだかこのアンケート…ホントにやったのか?という疑惑を持ってしまうレベルです。

           

          ちなみに、徴用工が日本企業だけではなく韓国政府に対しても訴訟を起こした、というのはニュースになってましたが、こんな記事も。

           

          裁判資料入手 元慰安婦が反日団体「挺対協」にデモ中止を求めていた

           

          結局カネの為に日本叩きをやっていた事の裏付けがとれてしまいましたね。まぁ、この辺の…所謂「市民団体」に関しては日本も人の事は言えない気もしますが。

           

          もういい加減「なんでも日本のせい」というやり方では通用しなくなってきてるんじゃないか?

          まぁ、所詮他国の事なのですが。

           

           

          ローラ「辺野古埋め立て反対」呼び掛けに数々の矛盾を指摘される

           

          まぁ、そうなるわな、と。

          沖縄のきれいな海を守りたい…なんてのは大抵の人はそう思っている訳ですが、実際問題として沖縄は辺野古だけに留まらず、空港の滑走路増設やリゾート開発などで今も現在進行形で埋め立ては行われている訳です。何で辺野古だけに反対なの?と。ローラさんが他の沖縄の埋め立てを伴う開発事業に反対して同じように行動を起こしている…というのならまぁ、分かるんですが、そもそも基地の周りを住宅地が取り囲んだような状態で「世界一危険な基地」とも揶揄される普天間はそのままでいいの?と。

          第一、元々は基地移転に対して内陸を希望していたのを反対ばかりで沿岸部になった経緯があり、こと辺野古移転を「沖縄の負担」云々言うのは別に他所の県から移設する訳ではないんだからこの件には無関係。

           

          捕鯨反対でシーシェパード辺りに寄付金出すハリウッド俳優みたいだよな、と。

          浅はかな人気取りなのか、単なる思い付きでやっているのか…。

           

          ローラさんの辺野古工事素子10万筆署名参道こそ、真の保守であり愛国者だ

           

          そもそも沖縄の基地や日本の現状を

           

          「銃剣つきつけられて奪われた土地」「そもそも自国より強大な外国の軍隊が首都圏にある事が既にオカシイ」

           

          として、ローラさんを真の保守で愛国者、なんて持ち上げてます。

          でも彼女、プラスチック汚染の環境問題をインスタグラムで取り上げた直後、プラストロー刺したジュースを飲んでる写真をアップしたり…という事もあったらしいので、今回の件も深く考えての行動なのかは正直な所、疑問。

           

          第一、この記事の論点はずれている気がします。現状の日本が事実上アメリカに占拠された状態、と言うならば、とっとと憲法9条を何とかして自衛隊ではなく国軍を持たなければ何もできない話ですわな。現状、有事の時はどう考えてもアメリカに頼らなくては立ち行かないんですから。

           

          現状の日本をアメリカに占拠されているのと同じだ、というなら自力で自国防衛する為の軍隊を組織出来るよう法改正するのが先。そうでなければアメリカを追い出すなんて事はおろか、日本単独で中国、南北朝鮮、ロシアに対応する事も出来ないってのが今の現状って奴です。怒るポイントが間違っている、等と偉そうに講釈たれる前に、なんだかんだ言いつつもアメリカの庇護下にある、という日本の現状を理解すべきなんじゃないか?なんて思ってしまう訳ですが。

           

          ん〜なんていうかなぁ…今回のローラさんの件、政治的な発言を芸能人がするな、と言うのではないのよ。言論の自由って奴だしローラさんの意見自体は意見としてあって良いとは思うんです。そもそもこの点に対して文句言っている人はあんまりいないと思うんです。ただ…何というかなぁ…誰かに踊らされてるのかも知れないけど、発言して呼びかけまでしてしまったからには、後になって

           

          「えー、知らなかったー。ウフフ」

           

          では済まない訳でね。例えばコメンテイターの室井佑月さんとか芸人のウーマン村本の様に、思った事言って後で矛盾点や間違いを指摘されたら「無知を居直る」様な真似だけはすんなや、と。コレ…スゴイみっともないぜ。言ったからには責任ってのが伴うんですから。

           

          しかもこの手の連中、絶対に人が意見言ってる時最後まで聞かないで途中で割って入ってくるんだよな。

          | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:54 | comments(0) | - |
          時事ネタ
          0

            運転免許の更新をしてきたんですが…年末で連休が原因なのか受付開始時間前から長蛇の列が。もっとも年明け、正月休み期間はもっとキョーレツな混雑で鴻巣運転免許センターの広い駐車場でも追い付かずに教習コースまで臨時駐車場になったりしますから、今日はまだマシだったのかな、と。

             

            違反者更新なので二時間の講習があるので免許センターから出たのはもう昼過ぎ。帰りにメシでも食って帰ろうとするも、帰り道はず〜っと田舎道なので、めぼしい店ともなく、結局昼食は先日ネタにした「山田うどん」でした。ちなみに今は「山田うどん食堂」という名前になってます。食べたのは定番のかき揚げ丼セット。

             

            相変わらずうどんにコシなんかないし、かき揚げもサクサク感皆無でぺっちゃりしてるけどとりあえず満腹。これで¥700しないのが山田うどんの魅力ですわ。

             

            …味!?いんだよ、腹が満たせれば。(笑)

             

             

            「クリスマスソングは健康によくない」!?林修が提示したデータにSNS賛否両論

             

            「初耳学」という番組の話だそうで。

            まぁ、日本人の根っ子にある神道が多神教で、しかも教義だの経典がない宗教ですから割と他の宗教には寛容…というより、基本的に言葉は悪いのかもしれませんが無関心な傾向が日本人は強い気がしますね。勿論、宗教関係者でない一般の人の中にだって、特定の宗教にどっぷり浸かった生活をしておられる方もおりますが。

             

            そういう日本人の良く言えば寛容、悪く言えば無関心な宗教観だからこそ、それをイベントとして利用しようとする企業や団体が現れたら、割とホイホイ面白がって乗っちゃう訳でね。ですから日本の場合、初詣はお参りイベント、バレンタインは告白イベント、ハロウィンは仮装イベント、クリスマスはプレゼントイベント…とまぁ、カネの匂いが漂うのも致し方なし…というか、日本人は言い出しっぺの主導が無ければ自分からはあんまり動かない国民性だと思うんですよね。でも流行りモノには弱くてそういうモノに対しては熱しやすく、また冷めやすい。だから金儲けが目的でも毎回毎回イベントアピールしないと盛り上がらないですぐ忘れ去られる訳で。そうなると質全的にこういったイベントは本質は忘れられて利益主導型じゃないと続かないんじゃないかと。

             

            まぁ、でも40過ぎて親はいるけど嫁、恋人、子供はいない…なんて私みたいなポジションですと、各イベントが近づいても「あぁ、今年ももうそんな時期か」程度の感慨しか持てなくなっちゃうんですけどね、ええ。

             

            むしろクリスマスで浮かれるこの時期、出費が何かと嵩むので私にとってはクルシミマスでサンザンクロースルがやってくるんですが。(苦笑)

            | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:43 | comments(0) | - |
            時事ネタ
            0

              やく氏「貴乃花から相撲を取ったら、なんてくそつまらないんだろう」

               

              私ははた山ハッチの漫画よりは面白いんじゃないかな、等と思ってしまうんですが。(苦笑)

              この人、元貴乃花氏の母である藤田紀子さんに対してもテレビ番組内でボロクソにけなし、直後本人登場で即謝罪…なんて事もやっていた筈。その番組の主旨が「嫌いな芸能人の実名を挙げる」みたいな下世話極まりない番組だったとしても、この言いたい放題言った後に本人出て来て即謝罪…というのはそこまで台本があったのかも知れませんが、いい加減ダサくないか?と。

               

              まぁこの人の芸風が世間の意見に逆張りして、頭のいい俺はお前ら如きには考えも及ばない所まで知っているし考えているんだぜ…とでも言いたげな発言をするってのはあるんだろうけども、少なくとも相撲に関しての発言は同じ好角家として知られるデーモン小暮閣下の発言の方が相撲に対する愛を感じるんですよ。まぁ朝青龍の騒動の時からずっと協会側に近い発言が多い風にも感じるので、協会関係者にはデーモン閣下より便利な人なのかも知れませんが。

               

               

              弓矢で宣教師射殺、先住民と遺体捜索の警察がにらみ合い インド

               

              コレ、かなりショッキングな事件ですよね。

              日本に住んでいたのでは皮膚感覚的にちょっと分かり難い状況です。

              しかしコレ、先住民に殺人が適用されるんですかね?殺害された宣教師が先住民部族が使っている言語を理解できていたのかは疑問ですし、そもそも彼らにしてみれば自分達の生活圏に怪しい人物が潜入したから排除した、という理屈なのでしょうし。

               

              この事件で思いだすのが、「機動戦士ガンダムZZ」のあるエピソード。ジュドー達が忘れられたコロニー「ムーン・ムーン」で、そこに暮らす機械文明を良しとしない光族(だっけ?)の騒動に巻き込まれるんですが、光族に矢を射られてビーチャだったっけ?が「矢でも当たれば死ぬんだよな?」みたいな事を言っていたシーン。現代よりも遥かに技術が発達して宇宙戦艦やモビルスーツがビーム砲を撃ち合うような世界ですから、この反応ってかなりリアリティがあるというか、素を感じるリアクションだったなぁ…と。

              | 零哭堂 | 時事ネタ | 20:38 | comments(0) | - |
              ヤラセ疑惑
              0

                久々に時事ネタです。

                 

                「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ問題が、日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏逮捕でやや沈静化した様な印象です。そもそも凝り問題、やらせという視聴者を裏切るような行為が発覚したにも関わらず、視聴者からはむしろ擁護する声が大きい…というのだから面白いですな。ただ、「イッテQ!」ヤラセ疑惑をワイドショーで大特集組んで一際大騒ぎをしているテレビ局がありましてね

                 

                「イッテQ!」ヤラセ疑惑を大特集するフジに「鬱憤ばらしか」

                 

                フジテレビは私がガキの頃はバラエティ番組やドラマでバンバン高視聴率とってたテレビ局ですが、一時期フジの韓流のゴリ押しを批判するデモがあったりライブドアによる買収騒動、他にも震災直後では系列局の「セシウムさん」騒動、やら何やら…最近では

                 

                10月スタートの「坂上どうぶつ王国」に早くも疑問の声殺到「タイトルがあの番組そっくり」

                 

                なんて批判もある訳で。

                そもそも記事にある通りフジは真剣勝負がウリの番組だった「ほこたて」でのヤラセ騒動がそもそもあった訳でね。しかも「イッテQ!」が擁護する声が多いのに対して「ほこたて」の方は真剣勝負がウリの番組だったので批判が殺到していた訳です。

                正に「お前が言うな」という奴ですし、鬱憤晴らしかと勘繰られても仕方ないな、と。

                 

                でも、「お前が言うな」はフジテレビだけではなかった様で

                 

                「イッテQ!」朝日「大切にすべきは…」ホントに全く大賛成!

                 

                朝日新聞の社説で声高らかに日テレの批判をしていますが

                 

                「『ない』ものを作り出して『ある』とする行為は公共をになう放送番組として許されない」

                「フェイクニュースが横行する時代、何より大切なのは『信頼』ではないか」

                 

                とは…今なおそれを盾に日本を強請ってくる…正に国益を大いに損なわせた「従軍慰安婦報道」の件を棚に上げてよく言えたもんだな、と。コチラの方が「イッテQ!」の問題よりよほど大事だろ、と。

                 

                ついでに、今回の件でこんなうわさも。

                 

                イッテQのヤラセ疑惑、対応次第では内村怒りの降板も

                 

                まぁ、言われてますが…同番組に出演しているチャラい金髪のジャニタレも不祥事やらかした際は「スポンサーが激怒して降板か?」なんて言われていたのにのうのうとレギュラーのまんまみたいですから、影響は表立っては出てこないでしょうね。ただベッキーの不倫騒動の時は降板に追い込まれてましたが。

                 

                余談ですが、よく99岡村さんの「嫌なら見るな」発言がフジテレビ没落の原因の一つ、なんて語られますが、この発言はフジに対する韓流ごり押しに対してのデモに関してラジオ番組内で言った発言なので、直接的な原因ではないかと。まぁ、その発言に関してネタとして、でしょうが謝罪したのはフジの番組内みたいですが。

                 

                そもそも私はテレビの製作側に立っている人間が言うのはどうかと思うんですが、以前茂木氏の発言に対してのビートたけし氏の反論をネタにしましたが、「嫌なら見るな」的なニュアンスの意見は芸能人は結構言ってるんです。それも結構大物と言われている人でも。

                 

                ただ、現在まで続く低視聴率によるフジテレビの没落、というのは実際に視聴者が「嫌なら見るな」を実践したからだ…というのは間違っていないんじゃないかと。数字取れないのはテレビ局側が、いやテレビ番組の制作に携わる多くの人達が見ている方向が明後日の方向で視聴者側とずれているから…これに尽きるんじゃないかな。まぁ、トップ自ら視聴率不振を天災に責任転嫁する発言しちゃうような局じゃ、何にも変わんない気がしますけどね。

                 

                え?私は見てないですよ、「イッテQ!」は。マトモに見てると言える番組なんて、「もやもやさまぁ〜ず2」とレースダイジェストの時の「SUPER GTプラス」だけだもんなぁ…。

                | 零哭堂 | 時事ネタ | 22:42 | comments(0) | - |
                時事ネタ(11/13追記)
                0

                  相変わらず出張中なんですが、今日たまたま見ていたニュース番組で、混雑時の電車で子供がもみくちゃになって乗客が緊急停止ボタンを押そうとしている映像が出ていたんですが…その際、多くの乗客がスマホ掲げて動画撮っていてドン引きです。事故現場とかでもスマホ構えて写メなり動画なり撮ってる奴等を見かけますが…それで何するの?SNSとかに挙げて何が面白いの?と。

                   

                  一億総野次馬時代だな、いやはや…ついていけません。

                   

                  …と、思ったらコレ、千代田線でのある車両のラストランに集まった「葬式鉄」による車内の混雑で発生した騒動みたいです。ただ、スマホ構えていた人はラストランの動画を取っている人だけではなくこの騒動を撮影していた人もいるんじゃないかと。実際ニュース等で車内動画が使われている訳ですし。

                   

                  次。

                   

                  「文化報復」「政治的悪用」=BTS出演取り消しで韓国紙

                   

                  ワールドカップで、「竹島(独島)は自分達の領土」と書かれた紙を掲げたどこぞの国の代表選手がいたんですよ〜。

                  なぁ〜にぃ〜!!やっちまったなぁ!!

                   

                  …我ながらネタが古いね、ウン。

                  まぁ、この件や徴用工判決の件もそうですが、感情的になって相手の国に対して暴言を吐くのでは相手と同レベルだと国際社会から思われてしまいますから、冷静に、かつ淡々と実力行使していくのがいいと思います。

                  でも、こんな記事も。

                   

                  日本の大企業が韓国人学生の青田買いを開始。「中核外国人材」に脚光

                   

                  こんなんだから、日本の企業は目先の事にとらわれ過ぎだなんて言われるんじゃないか?

                  先端技術をいいように盗まれて終わり、とか数十年後に強制徴用されたから謝罪と賠償を、とか言い出して裁判沙汰…なんて事にならなきゃいいんですが。

                   

                  ちなみにこの輩、ナチスのハーケンクロイツがついた帽子とかも被っている写真とかがある様で、高須クリニックの高須克弥さんが秋元軍団のコスチュームがナチスの軍服に酷似…なんて騒がれた際に騒いでいたユダヤ系団体に通報している様です。他にもプロモーションビデオでは東日本大震災の津波を揶揄するような事もしている様で、コレ確信犯なんじゃないかな、と。

                  でも東京ドーム公演では相変わらずファンに対して甘い言葉を吐いている様子。

                   

                  …この件でやらかした輩を庇っている日本のファンは多いみたいですが、まぁ…好きにしたらいいかと。でも多分この連中、アンタらファンに甘い言葉を吐きながらも内心では舌だしてバカにしてるぜ、と。

                   

                  と、いうか関係ないですが…「防弾少年団」ってネーミング、嫌韓とかの感情なしに「ダサい」と思ってるのって私だけ?

                  日本のアイドルグループの名前も大概な気がしますけどね。ジャニーズとか。

                   

                  次。

                   

                  ミュージカル「まいっちんぐマチコ先生」初日開幕 初座長の和地つかさ「母性に目覚めました」

                   

                  和地つかささんという方は存じ上げないんですが、私がガキの頃でさえアニメは再放送だった「まいっちんぐマチコ先生」…案外廃れねぇなぁ…とちょっと感心してしまいました。

                  アニメ版もガキの頃はドキドキしながら、親の目を盗んで見たもんですが、この作品のエロ、スケベなんて今となっては健全もいい所ですわなぁ。

                   

                  次。

                   

                  「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

                   

                  専門医の発言、提言として面白い記事です。

                  ただ、確かに薬物依存患者に対する差別的な揶揄ワードに使われかねない、という危惧はそうだと思いますが、薬物依存患者の場合、発症してしまい治療するよりも順番としては危険薬物を使わせない方向に持っていく事がより重要だと私などは思うんです。勿論、薬物依存患者への差別は許される訳ではないという前提で、ですが。

                   

                  そういう意味で言えば、昔あった「あんまり悪さばかりしているとサーカスに売り飛ばす」なんてのと同じように、子供達への啓蒙としては有用な気がします。そもそも海外に比べ規制薬物の生涯摂取率が低いとはいえ、有名な芸能人なんかが薬物で逮捕されるケースはそれなりに話題になる訳で、そうなるとそういうのにキョーミ持ってしまう可能性と言うのは否定できない筈。薬物に対して「危険だから手を出すな」という啓蒙は必要な訳です。

                  ただまぁ、薬物依存者できなく薬物自体の危険性を訴える形にした方がより効果的ではあるとも思うので、この辺は色々と考えていかなくはならない部分かも。

                   

                   

                  出川哲郎 イッテQ騒動で神対応、退場後自ら再登場「面白いもの作ろうと…」と釈明

                   

                  昔は「抱かれたくないタレント」で1位だったりした出川さんですが、ここ数年の人気、好感度は凄いものがありますね。出川さん、基本的に真面目なのでしょうね。元々は老舗海苔屋のおぼっちゃんですから、根っこに育ちの良さみたいなのがあるのかも知れません。

                   

                  やらせの是非?基本的にどうでもいいです。

                   

                   

                  ついでに、昨日やっていたテレビ東京の自衛隊特集で、最新鋭の16式機動戦闘車の射撃訓練シーンで、「とある科学の超電磁砲」のアニメ主題歌のイントロが流れたのにちょっと笑ってしまいました。16式に装備されているのは超電磁砲(レールガン)ではなくて52口径105mmライフル砲なんだけどね。(笑)

                  | 零哭堂 | 時事ネタ | 19:41 | comments(0) | - |
                  時事ネタ
                  0

                    泉谷しげる、流行語大賞は「楽しいものだけにしたほうがいい

                     

                    まぁ、こんなこと言うと、はた山ハッチ氏辺りが「世相を反映してこその『流行語』だ」とか言って反論するんでしょうが、去年は「保育園落ちた、日本死ね」を選出して騒動が起きましたが、今年も一悶着あるんでしょうか。

                     

                     

                    吉岡里帆、主演映画の大不振で戦犯扱い…業界から"擁護論"も

                     

                    私は別に彼女のファンという訳ではないんですが、基本的に映画がコケた原因は主演女優が原因…と言い切ってしまうのはヘンですわな。例えばロクに演技など出来ない売り出し中のアイドルを事務所のごり押しで主演に据えて、その演技が大根なんていうレベルじゃなかった、というのなら戦犯扱いされても仕方ないとは思うんですが、吉岡さんの場合はこれとは違う訳で、結局の所大不振だった理由は単純に

                     

                    「つまんないから」

                     

                    に尽きる気がします。それは主演女優だけではなく監督、主演俳優、脚本家、演出家といった作品に関わった人全員が戦犯たりえる、という事の筈。いくら映画にとってのマスコット、客寄せパンダ的な立場もあるとはいえ、ちょっと違うよな、と。

                     

                    しかし、ネットでちょっと調べただけでごろごろ出てきましたが…吉岡さんの嫌われっぷりは何だかスゴイ、というかヒドイ、と言いますか。特に女性からはネガティブな意見が多い様で、ちょっと引きますわ。いや、吉岡さんにではなく、ひたすら彼女に噛みついている女性と思しきネット住民に。(苦笑)

                     

                    正に「女の敵は女」でしょうか。ネット界隈ですと、別に非の打ち所のない意見という訳でもない、ただの意見、感想にも関わらず、それを正論として声高に叫ぶ人がいて、その声の大きさが目立つが故に、別の意見だって確かにあるんだけど結果としてその大きな声が「世間の主張、評価」になってしまうケースは少なからずある気がします。

                     

                    彼女の場合、グラビアの仕事に対してネガティブな発言をした事が嫌われるキッカケ、なんてのも耳にしましたが、コレに関して文句言っているのがグラビアの主要ターゲットである男ではなく、むしろ女性からの批判の声が多い、というのが何だか不思議。個人的な意見と前置きさせてもらいますが、グラビアやってる人の中にも、口に出さないだけでホントは人前で肌晒すのは嫌、と思っている人はいっぱいいると思うんですよ。吉岡さんの場合、それを口に出しちゃったのは不用意だったかも知れませんが。

                     

                    この件に言及した別の記事内では彼女の発言に対して吉高さんや綾瀬さんの作品内での露出を引き合いに出したものもあったんですが、ドラマや映画の物語の一環としての、例えばシャワーシーンとかの肌を晒すシーンやラブシーンと、自身の肌を晒して身体を見せる事が目的のグラビアでは状況は違いますよね。

                     

                    私としましては、例えばAV女優…今風に言うとセクシー女優って奴ですか?なんかではよく売り文句的に「AV出演を決めたキッカケ」を聞かれて「中高生の頃からセックスに興味があってオナニーばかりしていた」とか「昔から裸を見せるAV女優に憧れがあった」的な淫乱、スケベアピールの回答をする女優さんより、何らかのバックボーン…例えば「実は他に夢があって(芸能関係以外の)」とか「家や家庭の事情があってやむを得ず」という回答をする女優さんの方が、なんかこう…クるモノがあるんですよね。エロで売っている人には何と言いますか…地下に潜っていて欲しいというか、あまり表立ってしまうのは避けて欲しいというか…ですから人気AV女優が深夜のテレビ番組でトークしたりするのは…正直違うと思ってしまうんですよ。

                     

                    …いやコレただの私の趣味嗜好じゃねぇか!!(苦笑)

                     

                    例えが悪かったなぁ。

                    他にも…そう、女優の高島礼子さん。この人は女優デビュー前にレースクイーンをしていた事は有名なんですが、実はこの人、国内A級ライセンスを所持するアマチュアレーサーでもあったんです。レースクイーンの仕事も実は自分のレース活動費を捻出するためだったんですが、当時のレース仲間は彼女がレースクイーンとして活動する事を快く思わない人が多く、「あいつも所詮…」的な陰口とかを結構言われていたんだそうです。この時の疎外感について何かのインタビューで高島さん本人が言及していたのを見た事があります。

                     

                    ともあれ、最近も吉岡さんに関しては、「父親がテレビ局か何かの関係者でバイトの掛け持ちなど苦労話をしていたが実はコネだった」という報道が誤報だった、なんて話があったばかりで、何だか…本名すら奪われて現在もあまり表立っての活動が出来ていないのんさんと同様、何だかいじめられ過ぎじゃねぇか?という気がしなくもないんです。

                     

                    外からも内からも、なんだ゛か陰険な体質のある世界だよなぁ…芸能界ってのは。

                    しっかしこの記事、吉岡さんのファンだから擁護してるみたいになってしまったなぁ。まぁ、どん兵衛のCMは可愛いと思うけども。

                    | 零哭堂 | 時事ネタ | 17:26 | comments(0) | - |
                    時事ネタ
                    0

                      自己責任論を否定できないマスコミの欺瞞

                       

                      確かに、紛争地帯などに命がけで真実を伝えるジャーナリストと言う職業は尊い職業なのでしょう。でも、程度は違えど命がけの仕事をしている人はいる訳です。例えば警官、自衛官、消防署員、航空機や船舶のパイロットなどは言うに及ばず、製造業や建設業だって危険な場所や危険な化学物質を使ったりする業務は多い訳です。勿論、戦場や紛争地帯に赴くジャーナリストと違って一方的に誰かから危害を加えられたり、殺されてしまう状況は警官や自衛官以外では少ないとは思いますが、この記事でも少なからず見え隠れしている

                       

                      「お前らの為に危険な場所に踏み込んで真実を伝えている俺達は偉いんだ」

                       

                      的な論調は、正直反吐が出ますわ。

                       

                      国民がなんなく手に入れている日々の情報には、安田さんたちのようなジャーナリストが、危険を顧みず、命を懸けてとってきたものがたくさんある。しかし、享受している人たちは、見ている情報が届くまでに、どれだけのジャーナリストたちの汗や涙、時には血が混じっているかに思いを致さない

                       

                      という言い廻しからしてそう感じてしまいます。だったら日々美味しいご飯が食べられるのは農家が暑い日も寒い日も作物の世話をしてくれるからで、快適な家で寝られるのは泥や埃、汗にまみれて日々肉体労働する建設現場の仲間のおかげ。平均寿命が長くなったのも医療従事者のおかげ…でも殆どの人はそういう便利、快適な生活を享受しても、それを生み出す人達の汗や涙、血が混ざっているかになんか思いを致さない…ってのは、殆どの職種で同じ事が言えるのではないか。そんな中でこれ見よがしに恩着せがましい事言ってるのはマスコミだけだろ、と。

                       

                      前も書きましたが、英雄というのなら安田氏ではなく、彼を解放に導く為に水面下で動いていた人達でしょう。安田氏は言い方は悪いですが…仕事を失敗した人です。拘束時の体験を赤裸々に語っていてシリア過激派に拘束された人々が受ける仕打ち、という真実を発表できているのも、彼自身というより彼を解放させる為に努力した人達のおかげの筈。でもマスコミの論調が「安田氏は立派なジャーナリストなんだ」という風だから世間とのズレが出ているんじゃないかと。

                       

                      そもそも、慰安婦問題然り、福島第一原発の件然り、他にも相次ぐねつ造報道騒ぎ然り、今回の安田氏解放以降噴出した自己責任論という奴は、自分達の都合の良い形でばかり「言論の自由」という刀を振り回すマスコミへの不信…もっと言えば嫌悪感みたいなものが少なからず影響しているのではないかと思うのです。

                      | 零哭堂 | 時事ネタ | 22:53 | comments(0) | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE