土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖    夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
File5.秘宝島殺人事件
0

    さて、金田一のFile5です。

     

    今回は、金田一家の家計の危機に一が悲報島にて行われる「宝探しツアー」に参加。そこで殺人事件に巻き込まれる、というモノ。実はこの宝探しツアーへの参加理由である家計の危機は一の母ちゃんと美雪の共謀…というオチ。この母ちゃん、以降も美雪や時に明智警視と共謀して一を何がしかに参加させて殺人事件に巻き込んでいる割と厄介な親。それと美雪さん、真面目な優等生の印象が強かったけど、ブランド品のバッグやアクセサリ目当てに一の母ちゃんと共謀するとは中々の悪女です。(笑)

     

    それと、今後もちょくちょく登場するフリーライターのいつきさんの初登場エピソードですね。最初は一達とあまり良好とはいえない関係でしたが、事件後の彼の行動は以降のエピソードでの彼の行動を考えると非常に「らしい」と言えるものになってますね。

     

    今回の怪人は島に眠る秘宝を守っているとされる半分猿で半分人間の怪物・山童ですが、エピソード内での印象は割と薄い印象。と、いうのも今回の事件、ハナッから怪しいキャラクターが多過ぎるんですね。例えば何がしかの過去があると思しきオッサン3人組に、謎の外国人美少年、正体不明の木箱を後生大事に抱える妙齢の美女…と、一、美雪、剣持警部の3人を除外して半分以上に怪しい描写があります。

     

    …まぁ、そうなると作劇上で犯人は怪しくない側の人間の誰か、だという事が穿った見方をすれば分かってしまう訳ですが。ただ、今回のトリックは割と一点突破。ある一点に気づくかどうかが全てかも。この手の読み手の思い込みを利用したトリックを「叙述トリック」というんだそうです。詳しくはwikiとかこの漫画とか参照です。

     

    しかも、読者に「ずるい」と言い訳出来ないようにあるコマに決定的な"証拠"を描いていて、物語自体の評価はともかくとして推理モノとしての完成度だけで言えば漫画という媒体を上手く利用した、正に作戦勝ちしたエピソードと言えるんじゃないかと。そしてクライマックスで犯人以外にもう一人、豹変するキャラクターが出て来るのも人の欲というものの業の深さを感じさせて印象的です。

     

    しっかし今回の犯人、何と13歳。13歳で4人殺害と言う凶悪な事件を起こし、かつ一に

     

    「恐ろしいほど頭のいい奴だったよ。オレがこの事件の謎を解けたのは運が良かっただけさ」

     

    とまで言わしめている訳でね。しかも幼少期に自分の養父まで殺害してるってんだからトンデモナイ。恐らく美作碧と出会わず別の形で今回の犠牲者を殺害し、犯人として逮捕される事なく逃げ切った場合…「地獄の傀儡子」なんぞ目じゃないキャラクターになったんじゃないかと。そんな幼くして歪んだ彼に「いつのまにやら彼女のことが好きになってやがった」とまで言わしめた碧も凄いわな。事件のトリックもそうですが、数多い「金田一少年」のエピソード群の中でも印象に残る犯人の一人かと。そういえばキャラクター的な位置づけで言うと、「異人館」の犯人、六星竜一に近いものがあるかと。

     

    そんな彼が犯したたった一つのミス…いや油断が命取りとなった、というのも何とも。何事も最大の敵は油断、という事でしょうか。ただ彼の場合、このミスのおかげで真人間に戻れるチャンスをもらえた、と言えるのかも。「金田一少年」の世界が現実の法に基づいているのかはともかくとして、現行法に当てはめるならば、かの神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖人が少年法に守られてのうのうと生きている位ですから、今回の犯人も極刑は免れる公算は高い訳ですが…う〜む。

     

    ただ、「残っちまった謎」である茅さんの箱はともかく、当て馬犯人なクリスが結局訳の分からん形になっていたのは残念。結局無関係だったけど、目的はソレなの?と。こればっかりは取って付けた様で違和感あり。本筋と関係ないっちゃあないんですが。

     

    まとめですが、多少変な部分はあるものの、物語、サスペンス的な魅力に富んだエピソードかと思います。実はまだ全部基本シリーズを読破してませんが、印象に残ったエピソードの一つですね。

    | 零哭堂 | 金田一 | 10:31 | comments(0) | - |
    File4.学園七不思議殺人事件
    0

      と、いう事で今回は「学園七不思議殺人事件」です。この事件といえば、やっぱりこの人。

       

      不動高校ミステリー研究会会長 3年生 桜樹るい子

       

      う〜ん…きっと不動高校には他にも「"五木"まり子」とか「白石"瞳"」とか「"浅"岡美嶺」とか「小室友"理"」とか「河島和津"美"」とか「星野"ヒカル"」とか「朝"川"蘭」とか「"丈"麻美」「"優"木瞳」とか…色っぽい女生徒がいるんでしょうね、うん。(笑)

       

      上記した不動高校にいるかも知れない女生徒の元ネタが分かった人は…多分「ファイナルファンタジー5」に登場するある敵キャラクターの名前で何だか悶々とした気持ちになった事がある筈だ!!(笑)

       

      …「カジテツ王子」って漫画には及川奈央紀ってキャラクターがいたなぁ…アレは男だったけど。

      ちなみに公式ガイドブックによると、このエピソード連載中、講談社に「桜樹るい子、いいですねぇ」と荒い息した男から「複数」電話がかかってきたんだそうで。エロは偉大なり。

       

      それはともかく今回の事件のキッカケですが、不動高校の旧校舎は元々はとある薬剤会社の社屋。その製薬会社の新薬実験中に死亡事故が発生し、それを隠匿する為に社屋や敷地内に死体を埋められ、不動高校に社屋が譲渡された後も死体が埋められた場所に七不思議の噂を流し、人を近づけないようにした…というモノですが、この旧校舎って木造校舎とされています。まぁ木造だろうが鉄筋コンクリートだろうがいいんですが、建物の壁って案外薄いんですよね。特殊な用途でもない限り。ダムの壁体とかの厚い構造体ならいざ知らず、死体を隠すのにはちょっと無理がないかい?と。100歩譲って何らかの理由で壁を厚くしていたとしても、白骨が露出した絵を見る限り漆喰か何かで塗り固められた壁だと思うんですが、仮に死体を壁に埋め込んで漆喰等で固めたんだとしても、地震だの解体だの以前に腐敗した死体から出た諸々で壁に染みみたいなのが出て来るんじゃねぇかな、と。白骨化してから埋めた、としても、白骨化するまではどこに死体を隠してたの?という疑念が出る訳で、死亡事故起こして慌てて隠した筈なので、そもそもそんな悠長な事はしていられなかったと思うんですわ。

       

      後、犯人は今回の事件以前にも七不思議…つまりは旧校舎に隠されたモノを見つけてしまった生徒を殺してまたしても壁に埋めた訳ですが…じゃあ何でいくら緊急とはいえ露出してしまった白骨を隠すのにポスターを使うなんて間抜けをしたんですかね。だって、死体を壁に埋めたんなら、補修して埋め直してしまえばいいと思うんですわ。いや、いっその事死体を別の場所に移してしまう事だって出来たんじゃないか?教師なら「壁の損傷が激しかったからとりあえず応急措置をしておいた」なんて言い訳は出来るんじゃないか?と。

       

      そして殺されてた壁に埋められた女生徒。彼女もちょっと変。七不思議の真相を突き止め、犯人の過去まで調べ上げた彼女…何と犯人を呼び出して面と向かって告発してしまいます。

       

      …いやいやいや、2時間サスペンスの主人公じゃねぇんだからさ!!(苦笑)

      タイマンで告発なんてしたら、抵抗されるどころか口封じされるかもしれない訳で、しかも彼女には咄嗟の時に助けに来てくれる狩谷警部とかがいる訳でもない。圧倒的に危険予知が足りてません。無鉄砲にも程があります。

       

      何だか、シリーズを通してもかなり間が抜けているというか、行動に違和感があるんだよなぁ…。

       

      あ、ちなみに今回のエピソードが決め台詞「じっちゃんの名にかけて」が初登場してます。

      しかし、桜樹先輩には生き残って欲しかったなぁ〜と。キャラクターのネーミングといい、位置づけといい死んでしまいそうな匂いはぷんぷん漂わせていましたが。でも無駄にキャラクターが立っていたんだから、このエピソードだけで使い捨てちゃうのは勿体ないかと。まぁ、前回のエピソードで美雪のライバルが出てしまったので、続けてそういうポジションのキャラクターは出せないか。残念。

       

      しっかし、エピソード紹介が毎回文句みたいになってしまっている気がしますよ。

      いや、嫌いじゃないんですよ?「金田一少年の事件簿」を。

       

       

      | 零哭堂 | 金田一 | 20:50 | comments(2) | - |
      File3 雪夜叉伝説殺人事件
      0

        さて、「金田一少年」の3本目のエピソード。

        熱を出して倒れた美雪のピンチヒッターとして、とあるテレビ番組のドッキリ企画のエキストラのバイトで北海道は大雪山のふもとにある背氷村にやってきた一がまたしても殺人事件に遭遇…というエピソード。今回の目玉は半レギュラー的な形で今後もちょくちょく登場することになる明智警視とアイドル・速水玲香の初登場。

         

        美雪が不在の状態で、明智警視との初推理対決となるこのエピソードな訳ですが、3エピソード目にして金田一、美雪双方のライバル的キャラクターを一気に出してます。玲香が一に好意を抱くに至った経緯も描かれていますが、このエピソードで目立つのは明智警視の方。

         

        …なんていうか、犯人に踊らされっぱなしやんけ。(笑)

         

        ロスで犯罪学とかを学んだ超エリート…という触れ込みの割に、悉く犯人に都合よくミスリードされてしまう様は、そりゃ一の推理力の優秀さを持ち上げなくてはならない作劇上の都合と言う奴はあるんでしょうが、流石に下手くそ過ぎて優秀なエリートである筈の明智さんがもう無能にしか見えなくなってしまうレベルに。このエピソードに関してだけ言えば、彼がカッコつければつける程カッコつかなくなっています。

         

        …このイメージが強過ぎて、いまいちシリーズどんどん読み進めているんだけども、どうしても明智さんが優秀とは思えなくなってしまいましてね、ええ。

         

        後、氷橋を使ったトリックですが、理屈としては正しいんですが何となく違和感…というか説得力が薄い気が。

        氷橋が走り幅跳びで飛び越えられそうな幅、という事ですが、仮に先んじてロープを張って近くに飼葉やら枝木なんかを隠しておいた、という下準備があったにしても、女一人でやるにしてはちょーっと重労働すぎやしないかい?と。

        張られたロープに飼葉や枝木を置いていくのはまだしも、そこに谷底から汲んだ水をかけて凍らせていって…って、コレ相当大変よ?漫画の絵から察するに谷底の川まではそれなりに深さがある訳で、バケツかなんかにロープを括って引っ張り上げるったって、相当な重労働です。しかも気温は-20度でちんたら引き上げていたらバケツ内の水も氷っちゃって氷橋には使えなくなっちゃうのだからして。デカい水槽とかをクレーンでも使って一気にやる、ましてや昔ながらの人海戦術ならともかく、たかが数mの幅とはいえ、女の人一人…しかも別段体格が良かったりする訳でもない人がやる仕事量としてはかなり厳しいんじゃないかと。

         

        何といいますか、初めての美雪不在で進むエピソードで、明智警視というライバルキャラクターの登場やサブヒロイン的な速水玲香が登場…と「金田一少年の事件簿」という作品全体としては重要な要素が詰まっているエピソードの割に、出来はあんまりよくないんじゃないか?と。

         

        そういえば今回、初めて犯人が最後自害しなかったエピソードになりますね。女性が犯人の場合、男が犯人だった場合に比べて死なないパターンが多い気が。それと、犯人のポジションも一や美雪、剣持のオッサンなどの警察関係者を除外して、一達に一番近い位置にいるキャラクターが犯人、というパターンも多い気がしますね。

         

        まぁともあれ、このエピソードに関してはあんまり他に言うべきことはないなぁ。

        | 零哭堂 | 金田一 | 12:57 | comments(0) | - |
        File2 異人館村殺人事件
        0

          事件の発端は、一のクラスメイト・時田若葉が教師の小田切と共にラブホテルから出て来るところを何物かに隠し撮りされ、それを学内の掲示板に張り出された事。この件で退学になった若葉は親に故郷の青森県六角村に連れ戻され、許嫁と結婚をさせられる事に。結婚式に呼ばれた一と美雪は小田切と共に六角村に。

          六角村…通称異人館と呼ばれるこの村は教会を中心にダビデの星を描いたような村で、その頂点に6つ洋館にはそれぞれ癖のある住人が住んでいた。籠の鳥のようになった若葉の家を訪れた一達はその地下室で首のないミイラを発見する。

          その夜、花嫁は結婚前夜を村の教会で過ごす、というしきたりに従い教会に引きこもる若葉。彼女が引きこもった数時間後、葬儀の時にしか鳴らない筈の教会の鐘が鳴る。その鐘の音に不吉な物を感じた一達が教会に向かうと、そこにはベッドに横たわる若葉の首のない遺体が…

           

          …というのがあらすじ。

          この事件が「金田一少年の事件簿」の2エピソード目な訳ですが、実はこのエピソード、2エピソード目にしてやらかしちゃった事で有名ですね。

           

          と、いうのも本作のメイントリック、島田荘司氏の「占星術殺人事件」という小説で使われたものと丸っきり一緒…という事が問題になってるんですね。実は「金田一少年」のトリックは古今のミステリー小説などから拝借したと思しきものが少なくないんだそうですが、何故この「異人館村」のエピソードだけやり玉に挙げられたのか…というと、この「占星術殺人事件」というのが島田氏の作家デビュー作で、かつ斬新というか奇抜なトリックだった点。しかも比較的パクリ元の発表から10年程度しか経っていない上、その評価が非常に高かった点。その評価は2014年にイギリスの大手新聞社の「世界の密室ミステリーベスト10」という企画で2位になっている程だったりしている位ですからね。

           

          …トドメに、島田氏が「占星術殺人事件」の映像化を許可していなかった所に実写ドラマ版で本エピソードを第一話に据えてしまったからさあ大変!!一時は裁判沙汰になる可能性まであったんだそうで。一応、和解してトリックの使用許可も下りたんですが、ドラマ版の1stシリーズ第一話はDVDに未収録で欠番という「ウルトラセブン」12話的な扱いになった他、漫画の文庫版でも「トリックは『占星術殺人事件』のものを使っています」的な、ミステリー、推理漫画の元祖としてはかなり恥ずかしい文言が書き加えられる羽目になってます。

           

          ミステリー小説なんかの所謂「トリック」という奴は、突き詰めてしまうと何某かの古典のパクリと呼ばれかねない形になってしまう。その為「ミステリーの生命線」なんて言われがちなトリックのパクリに関しては割と寛容な部分がある、と聞いた事があるんですが、今回の「異人館村殺人事件」では少しばかり使い方は変えてはいるもののパクったのか?と言われれば間違いなくパクったんでしょう。ただ、使うなら使うにしても経緯が絶対的に足りなかった…この点が一番の問題点なのではないかと。許可が出たかどうかはともかくとして、漫画の題材、トリックとして使うにあたって根回しと言うか、一言あってしかるべきだったのだとは間違いないでしょうし、パクられた側が騒ぐのはともかく、パクった側のファンが開き直って「宣伝してやったんだ」的に居直るのは間違いですわな。

           

          ん?今回も中身に触れてないな。

          そんな訳で少し触れておくと、今回の怪人は「七人目のミイラ」…ですが、事件自体が「金田一少年」シリーズでも屈指の残虐非道な殺人ながらホラー的な怪人のインパクトはあまり表立っていない印象。と、いうのも最後のネタ晴らしと真犯人の豹変っぷりが見事過ぎて全部持ってかれている印象ですね。それと、あからさまに怪しい、「犬神家」のスケキヨチックな

           

          この人、そこかしこで怪しい行動をしてはいたものの、最後はフツーに良い人…というか、可哀想な人に。

          「金田一少年」におけるこの手の"あからさまに怪しいキャラクター"って、大抵犯人の隠れ蓑だったり、そうでない場合は何がしかの訳アリなだけのキャラクターってパターンが多いんですが、この人みたいなオチのついた怪しいキャラクターって、シリーズ通しても珍しいよね、と。

           

          …しっかし、金田一の通ってる学校、殺人犯多過ぎねぇか?

          もうすぐ「Fileシリーズ」読み終わるけど、人殺しの学校関係者が何人いるんだよ。(笑)

          | 零哭堂 | 金田一 | 21:10 | comments(0) | - |
          File1 オペラ座館殺人事件
          0

            さて、前回のお知らせ通り、「金田一少年の事件簿」の記念すべき最初のエピソード。

            これ、連載開始時は私はまだ学生。当時のマガジンといえば、名言「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった」でお馴染み「疾風伝説特攻の拓」を始め、「湘南純愛組」や「カメレオン」などのヤンキー漫画や「はじめの一歩」「シュート!」「オフサイド」といったスポーツ物の漫画が大勢を占めていました。そんな中毛色がやや変わっていたのは、競走馬の世界を描いた「風のシルフィード」やご存知ハードボイルド医学伝説「スーパードクターK」、「将太の寿司」や、一話完結スタイルの恋愛オムニバス「BOYS BE…」とかもやってましたっけ。

             

            …「オペラ座館」のエピソードそのものより、巻末の好評続巻シリーズ、絶賛完結シリーズに出ているタイトルがもう懐かしくて懐かしくて…。(笑)

             

            当時の週刊少年マガジンという雑誌の毛色からすると、この「金田一少年」って正に新企画!!的な感じで面白かったんですよね。漫画雑誌、それも少年誌で推理モノ、なんて当時は無かったですし、かなり新鮮なイメージがありましたよ。

             

            ちなみに、この「金田一少年」の原作者として名前が挙げられる金成陽三郎氏は他にも「銀狼怪奇ファイル」として実写ドラマになった「超頭脳シルバーウルフ」や、ミッチー主演でドラマ化した「ミステリー民俗学者 八雲樹」、特殊メイクやSFXを題材にした「ギミック!」といった作品も手掛けています。

             

            更に、初期作品ではクレジットこそありませんが後年原案や原作という形で名前が挙がる天樹征丸という人物、有名な話ではありますが

             

            この人。正確には、このキャラクターのモデルになった人です。(笑)

             

            ちなみにこちらも有名な話ではありますが、この人、編集者でありながら漫画の原作みたいな事を色々やっていた人。クレジットされていない作品もある様ですが、

             

            天樹征丸

            安童夕馬

            青樹佑夜

            有森丈時

            亜樹直(これは姉との共同ネームらしいです)

            伊賀大晃

             

            等などはこの人の事。

            他にも最近じゃあワイン漫画の「神の雫」で日本でのワイン普及に貢献したとかで「騎士」の称号を贈られていたり、ゲーム「ファイアーエムブレムif」の原案まで担当したんだよ!!

             

            お約束。(笑)

             

            …まぁ、とにかくすごい人ですわね。

             

            ん?「オペラ座館殺人事件」の内容に触れてないな…。

            一言で言えば、金田一を始めとするキャラクター紹介がメインのエピソードなので特筆すべきことはあんまりないかな?という印象。マガジン掲載時は他にない試みだった事もあり、仲間内で犯人予想とかしてました。でも、今回で言う包帯姿の謎の宿泊客・歌月のように、毎回読者をミスリードさせようとあからさまに怪しい奴が配置されていて、そのあからさまっぷりからみんなで

             

            「こいつだけは絶対犯人じゃない」

             

            とすぐ除外されてましたね。(笑)

            ともあれ、何だか懐かしさばっかり先行しちゃってトリックがどうたらとか考えられませんでしたわ。

             

            あ、そういえばこのエピソードで金田一君のIQが180である事が明かされましたが、原案のMMR隊長・キバヤシ氏はIQ170、という設定があります。(笑)

             

            さて、初回ですからこんなもんで。

            続けるか続けないかは、私次第。(笑)

            | 零哭堂 | 金田一 | 19:42 | comments(2) | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE