土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖 夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
所ジョージという人
0

    以前紹介したマック堺さんの動画ですが、タレントの所ジョージさんの「世田谷ベース」にお呼ばれしたんだそうで。

     

     

    所さんと言えば、芸能界でも屈指の好感度を誇る人で、クルマを始め様々な分野に手を出している趣味人としても有名ですね。

    実はワタクシ、所さん監修で刊行された雑誌「Daytona」を中学生の頃愛読してまして、DAB会員にもなってたんです。まぁ、会員証とかもう紛失してしまいましたが。(苦笑)

     

    所さんの趣味は私の趣味?と言える程本格的にはやってませんが、私も好きなジャンルが多くて好きなんですが、実の所、所さんの…例えばアメ車やバイクのカスタムとか、1/16RC戦車の改造とか、トイガンの改造とか…その筋にどっぷりと浸かったファン…いや、オタクとかマニア、といった人達には実の所必ずしも評判がいい訳では無かったりするんですよね。

     

    例えばアメ車とかバイクのカスタムに関しては、センスが悪い、という人は少なからずいますし、ノーマルの状態を意地した方が価値が出る様な希少車まで自身で好きなようにカスタムしてしまう事を批判している人もいます。RC戦車の場合は生粋のミリオタから常套句とも言える「資料に基づいていない」「そんな戦車は存在しない」という批判を受けそうな改造をしていますし、トイガンなら単純にカッコ悪い、センス悪い、という個人的嗜好に基づいた勝手な批判をされてしまうケースって結構目にするんです。

     

    ただまぁ何と言いますかねぇ…私自身、正直う〜ん…と思うカスタムとかもあるんですが、それは飽くまで私と所さんの嗜好の違い、という奴なので割とどうでもいい事。むしろどんな趣味に対しても全力で楽しんで、かつ自身の世界観をちゃんと持っている所が良いと思うんですよ。財力や自身の器用さ、それから伝手とかがあって成立している部分は勿論あるんでしょうが、自ら先陣切って「コレって楽しいんだぜ!!」と全力で遊んでいる姿がね、たまらなくカッコいいと思うんですよ。

     

    なんて言うのかな…趣味に対して「あれはダメ」「これはダメ」と自ら制限して道を狭めていくオタク・マニアとは違って、「こうした方がカッコいいぜ!!」「こうならもっと面白いぜ!!」と自らの楽しみ方で、その趣味に更なる付加価値を与えていくような…懐の広い遊び方が、何とも粋だと思うんですよ。そういう意味では自分が色々カスタムした品物とかを、割と気軽に人に譲ってしまったりもして楽しんではいるもののそれそのもの自体への執着が薄い…というのも粋に見える理由の一つなんじゃないかな?

     

    金持ちだから出来る、とか金さえあれば俺だって出来る、なんて事をいう人もいるかも知れませんが、少なくとも私は有り余る金があったとしても、所さん程は趣味を全力で楽しめない気がするんですよ。それは私がどっちかというとオタク・マニア寄りな性格をしているからかも知れません。でも…憧れてしまうんですよね、所さんの様な生き方は。

     

     

    コレなんか、企画として凄く面白そうですよ。

    でも私が仮に参加したとしたら…勝つことばかりに執着したカッコ悪いミニ4駆にしちゃうんだろうな、とも思ったり。

    | 零哭堂 | トイガン関係 | 20:03 | comments(0) | - |
    タナカワークス G33/40マウンテントルーパー その3
    0

      今日は細部を見ていきます。

       

      ボルトレバーの後ろには肉抜き穴が。

      これは実銃もそうなっているのを再現しています。

       

       

      タンジェントサイトはちゃんと可動します。

      タンジェントサイトの裏にはホップ調整のレバーが。元々タナカワークスはモデルガンメーカーなので、マガジンキャッチにしてもそうですが実銃にはないトイガン固有のパーツを極力晒さない、晒しても目立たない様に処理しているのがグッドです。

       

      シリンダーは何故かブラックメッキで処理されてます。

      コレは普通の黒で良かった気がしますが。

      ちょっとピンボケですが、刻印も再現されています。

       

      こんなところにもドイツの国家鷲章の刻印。芸が細かいです。

       

      フロントサイトのカバーは取り外せます。

      クリーニングロッドはほぼダミーになっています。

       

      G33/40の外見上の最大のポイントとも言えるストックエンドの補強。

      コレは山岳猟兵がブーツに付着した雪をそぎ落とす為のものなんだとか。

      ストック中央にある丸い穴はバードアイというもので、ボルトシュラウドからファイアリングピンを外す際に使うんだそうで。

      M1カービンと同じくスリングを取り付ける為の穴が開いています。

       

      ストックの反対側はこんな感じ。

      取り付けているスリングはKar98k用レザースリングのレプリカ。WW2関連やウエスタンの銃用装備品…ホルスターやスリングなんかを販売している琥花堂さんがリリースしているものです。皮が固いので取り付けに難儀しました。皮伸ばし用の油でもその内塗ってみようかと思ってます。

       

      いやいやいや…しかし良い仕上げのストックです、ええ。

      ダットサイトだのレイルシステムだのとゴテゴテとしたタクティコーな現代銃にはない、金属と木だけのシンプルなスタイルが何とも渋くて良いですよ、ええ。

       

      タナカ製品は一度ガスガンでひどい目に遇ったので敬遠していたんですが、長物は良いですね、仕上げとかが特に。まぁ、高額商品ばかりなのでほいほい手は出せませんが。

      | 零哭堂 | トイガン関係 | 18:53 | comments(0) | - |
      タナカワークス G33/40マウンテントルーパー その2
      0

        そんな訳で、タナカワークス製G33/40です。

         

         

        至ってシンプルです。中にはビニールに包まれた本体とBB弾数発、6角レンチにローダーが入ってます。

        割と高額な部類のトイガンなんですが、箱には殆ど拘りがない模様。

         

        全景

         

        先日のと同じ写真です。(笑)

        長さはM1カービンよりは少し長いですが、これでも大本のKar98kに比べると大分切り詰められています。タナカ製のトイガンには正直あまりいい印象が無いんですが、このG33/40の仕上げはかなりキレイです。特に木部は大陸製のフルメタルリアルウッドなトイガンのそれとは雲泥の差。ストックの色合いも正にウッドストックとはこんな色!!という様ないい感じの色になっていて、木目も大変キレイ。カッコいいです、ハイ。

         

        ちなみにこの銃の実物はドイツのKar98kの原型であるM1898ライフルをチェコスロヴァキアのブルーノ社がマウザー社の認可の元製造していたVZ33という銃を、チェコ併合後にドイツがGew33/40(t)という外国製兵器番号を与えて正式採用していた銃。「ガールズ&パンツァー」を見ていた人には、カメさんチームの38(t)戦車と似た経緯、と言えば分かり易いかも。

        所謂カービン銃であるKar98kより更に全長が短く、軽量な事から山岳猟兵などが使用した事からマウンテントルーパーという呼称がつきましたが…コレは実はモデルガン時代についた日本固有の呼称なんだとか。タミヤがヤークトパンターに「ロンメル」って付けたのと似てますね。

         

        マガジン

         

        24発入ります。付属のローダーは15発程度しか入らないので2回弾込めの必要があります。ローダー使わなくとも給弾スプリングを固定できるので手で1発1発込めても可。本体には先に前の方を引っ掛けて入れる感じ。AKとかに似たやり方、と言えばトイガン弄った事がある人には分かり易いかな。

         

        トリガー周辺

         

        トリガーの前にある小さな突起がマガジンキャッチ。本物は5連のクリップ給弾ですからトイガンだけに存在するパーツ。極力目立たなく、かつ使い勝手も良い上手い処理かと。マガジンキャッチを手前側に引っ張るとマガジンは自重で落下します。(笑)

         

        構えるとこんな感じ

         

        持ってみるとずっしりといい感じの重量感です。

        大本のKar98kは生産性と信頼性が高く精度も良い優秀なボルトアクションライフル、と評される事が多い気がしますが、実の所命中精度を左右するサイトの作りには欠点もある、と評する人も。確かにリアサイトが遠く、フロントサイトとリアサイトとの距離が短くなっているので実は遠距離の狙撃には不向きなのかも。

         

        ちなみにワタクシ、手足は右利きですが目が左利きなんです。利き目は指でわっかを作って何かを両目にらみ、左右片方ずつ目をふさいで指のわっかの中が両目で見た時と同じように見える方が利き目です。更にワタクシの場合ガチャ目という奴でして右の視力が左に比べて極端に悪いんですよ。

         

        …で、ボルトアクション銃というのは基本ボルトを右手で操作する様に作られているのですが、右構えで利き目が左だともう狙いにくい事この上ありません。だからと言って左構えだとボルトの操作が左手では非常にやり難い…。映画「プライベートライアン」に左利きの狙撃兵が登場するんですが、彼が狙撃をするシーンを見てもらえば左手でのボルト操作のやり難さがわかるかと。まぁ彼は元々左利きらしく、左手で素早い操作をやってますが。結構コレ、サバゲーとかでは死活問題で、利き手が左、とか利き目が左、という人は使いたいけど断念…というのは実際あるみたいです。

         

        坂崎ふれでぃ 「サバゲっぱなし」 2巻

        この巻でもボルトアクションあるあるとしてネタにされています。ちなみにこの表紙の子が手が右利き、目は左利きという私と同じ境遇の人。物欲に極めて忠実なのも私と一緒です。(笑)

         

        そんな訳で私の場合、左構えで左手はグリップしたまま右手を使ってボルト操作してます。ボルトを引く際に左手の指がボルトに当たらない様ずらす必要はありますが、元々は右利きな訳ですから意外と操作はしやすいですし、依託射撃(本体を何かに乗せたり固定して撃つ方法)ならこのやり方だとそこそこ連射も可能です。

         

        やっぱトイガンなんて本物じゃないんだし、性能云々より好きな銃使いたいよね。

        あ、ちなみに撃ってみた感触は精度もそこそこあり、弾道も素直なのでWW2ドイツ装備とかでサバゲーやろうって人にもいいんじゃないかな?エアーコッキングはランニングコストかからないし季節選ばないし、トドメに故障もしにくいし。

         

        …キレイなウッドストックが傷つく覚悟があれば、ですけどね。(苦笑)

        | 零哭堂 | トイガン関係 | 20:36 | comments(0) | - |
        衝動買い
        0

          つい買ってしまいました。

           

          タナカワークス G33/40マウンテントルーパー エアーコッキング

           

          いやね、聞くところによると、中華トイガンメーカーのS&TからのKar98kが年末辺りにリリースされるらしいんです。コレ、エアーコッキングでマガジン給弾式なので恐らくはタナカワークス製Kar98kのコピーだと思われます。

           

          中華トイガンはすぐ故障する、精度が悪い、組み込みが粗雑…等々でトイガンの分込スキルの無い人にはそもそも不向きで、大人しくマルイ買っとけ、というレベルだったんですが、最近リリースされるトイガンに関しては基本国内メーカーのコピーだったりはするんですが、例えばS&TのM870シリーズなんかはコピー元のマルゼン製CA870の良好な素性はそのままに、インナーバレルの固定とかがより強固になっている等改良されていて、かつ金属製アウター&ストックやフォアエンドがリアルウッド、かつ値段も手ごろ、と意外に侮れなかったりします。

           

          電動ガンなんかでも金属の外装のおかげで剛性がコピー元のマルイ製品より良かったりするメリットがあり、相変わらず使われている異臭を放つグロい色のグリスの除去やホップパッキンの交換程度でサバゲーでも使える個体もある様で、進化しているんですね。通販店なんかでも最初から用途に応じて調整や改良して販売している所も増えましたし、そもそも絶対にマルイとかは出さないラインナップとかも魅力な訳ですし。

           

          そんな訳で、タナカ製G33/40の1/3程度で買えるS&T製Kar98kは大変惹かれたんです。

          …でも、S&T製は樹脂製ストックのものしか今の所リリース予定がないんですよね。

           

          そんな訳で、気が付いたらポチってしまっていました。

          良いんですよ、前々から欲しかったのも事実ですし、どうせいつか買っちゃってたでしょうから。

           

          …どうせならG33/98じゃなくてフツーのKar98kが欲しかったんだけどね。

           

          細かいレビューめいたモノは次回。

          | 零哭堂 | トイガン関係 | 20:56 | comments(0) | - |
          マルシンEXB2 M1カービン
          0

            以前紹介したマルシン工業のEXB2版M1カービンにスリング取り付けてみました。

            やっぱり軍用銃にはスリングが似合いますね。

             

             

            こんな感じ。

            M1カービンのスリングはレプリカでも出回っているモノは割と高額なんですが、このスリングはM1カービン用としてオークションにかなり格安で出品されていた怪しげなスリングです。形状とかを見る限り確かにM1カービン用っぽいんですが、中古品との事で布地に錆とかが付着していてあまりきれいではありません。

             

            …まぁ、M1カービン自体、かなり古い銃ですから多少スリングも汚れとか付着してくたびれていた方が合ってるから結果オーライかな、と。

             

            やっぱりスリングつくとなんか引き締まったように感じます。

             

             

            M1カービンのスリングの取り付けはちょっと特殊でして、こんな感じでストックに彫られた穴に入れて

             

             

            こんな風に専用の金具で固定します。フロントにはちゃんとスイベルがついてるんですけどね。

            ちなみにこの金具、実銃ですとオイラーと呼ばれる銃の手入れをする際に使うオイルを入れておけるケースになっていて、トイガン用スリングでもわざわざオイラーまで再現したタイプのものもあります。私が買ったのはそういう高級バージョンではないのでオイラーは再現されておらず、形状だけは似させた単なる鉄の棒ですが。

             

            ちなみにストックが写真だとテカテカになってますが、コレは家具用の蜜蝋ワックスを塗っている為かと。

             

             

            CO2ボンベを数本使い切った状態まで作動させているので、可動部に擦り傷がつきました。

            ウェザリング加工とかダメージ加工まではやれないので、ちょくちょく弄って作動(発射)させていって、その内いい感じにくたびれてくれるのを期待したいところです。

             

            あ、ついでに書いておきますと、WW2レプリカのこの銃のマガジンポーチが結構出回ってますが、このEXB2には使えません。と、いうのも実銃と比べるとマガジンが一回り太くなってるんですね。CO2ボンベをマガジンに収納する弊害ですが。しかも太いだけではなく、長さも本物より長いので、U.SとプリントされたWW2レプリカのマガジンポーチにはマガジンを差し込む事は出来ますが蓋が出来ません。予備マガジンの収納には、CONDORとかのダブルカァラムマガジン対応ピストルマグポーチがサイズ的に丁度良いですよ。

             

            それから同様にWW2コットン製レプリカホルスターも出回ってますが、このタイプは-脱落防止用ベルトのボタン等が金属むき出しなので木製ストックに傷がついてしまう可能性大。よって保管時の銃の保護とかには不向きです。ストックに傷がつくのは嫌、という人は使わないのが賢明かと。傷は気になるけどどうしても使いたい!という人は、フローリングの傷防止で家具の足元に張り付けるタイプのフェルトが100均とかで売られてるので、それを大きさ合わせて切り取って金具に貼ったりすれば傷対策になります。

             

            更に余談

             

            ワタクシ、よくモノを無くす悪癖がありまして、注意していたつもりだったんですがCO2ボンベをマガジンにセットする際に使う冶具…ボトムレンチというんですが、コレをどこかに紛失してしまいまして…仕方なしにマルシン工業さんにメールで在庫確認して取り寄せる事に。

             

            そしてこのボトムレンチ、何と税抜1800円!!

            た…高い!!(苦笑)

            でも、無い状態ではボンベの取り外し出来ません。ラジオペンチの先っぽをベビーサンダーで削れば使えそうなモノが作れそうな気がしますが、今回は戒めの為に取り寄せる事に。

             

            …で、届いたので今度は無くさないように

             

             

            こんな感じに余っていた携帯用のストラップを付けときました。

            これで少しは紛失の可能性が減るでしょう。

             

            ちなみに、EXB2のM1カービンですが、近々樹脂製ストックバージョンが発売されるという噂が。しかもオリーブドラブとタン、フェイクウッドの3種とか。未だCO2ガスガンに業界内で偏見が根強いので、使えるかはフィールド毎のルールになるんでしょうが、サバゲーでこのM1カービン使いたいけど、せっかくのきれいなウッドストックが傷つくのは嫌だなぁ…なんて人には朗報なんじゃないかな?多分ストックのばら売りとかもやってくれるでしょうし。

             

            では本日はこんなところで。

            | 零哭堂 | トイガン関係 | 21:26 | comments(0) | - |
            それではスティールチャレンジのラウンドアバウトを撃っていきます
            0

              何だか先日、普段の10倍近いアクセスがあって、何かの間違いじゃないかと思っている零哭堂です。

               

              youtubeではヒカキンさんを始め数多くの人気ユーチューバーがおられますが、ワタクシはあんまりそういったユーチューバー配信の動画とか見ないんです。ただ、唯一見るのがマック堺さんの動画

              この方、エアガンを用いた射撃競技のベテランで、実銃射撃の世界大会でも優勝した事がある方。youtubeでは各種トイガンのレビューや実銃射撃、エアガンが絡む法律についての話を配信しておられる方で、エアガン好きの中ではかなり有名な人。ファンには

               

              「マガジンは自重で落下します」

               

              のフレーズでお馴染みです。(笑)

              最近ミョーに多い気がするサバイバルゲームを描いた漫画「サバゲっぱなし」でも名前が出ています。

              氏の動画でこんなの見つけました。

               

              ガス不要のBB手榴弾 SP製 GR02グレネード

               

              今までもガス式のBB手りゅう弾ってそれなりにあったんですが、セットが面倒だったり不発があったりする割に、値段は高いわすぐ壊れるわ、性能は最早ネタレベルだわ…というモノが殆どだったんですが、コレはバネの力で弾を飛ばすのでガス不要でランニングコスト&環境負荷の点で優れてますし、何より実売価格3000円程度なのでお財布にも優しいですね。動画を見た限りだと、投げ方さえつかめばサバイバルゲーム…野外フィールドではダメだろうけど屋内フィールドとかだったら使えるんじゃないかなぁ。

               

              というか、こういう変わったグッズは好きなので実は欲しかったり。(笑)

              仕事仲間にサバゲーにハマってるのがいるから、勧めてみようかな。

               

              他にもこんなキワモノもあります。

               

              BB弾バズーカ AT-4対戦車無反動砲

               

              バカですよね、勿論いい意味で。

              結構こういうネタグッズ…好きだなぁ。自分じゃ買わないけど。(笑)

               

              オマケ

              こんなの見つけました。バーチャルユーチューバーという奴らしいんですが…需要あるんだろうか。

               

               

              そもそも、バーチャルユーチューバーってのはアレだ…テライユキみたいなモンだろ?(我ながら古っ/笑)

              でも何でアテナなんだ?不知火舞とかナコルルあたりの方が人気あるイメージなんだけども。

              | 零哭堂 | トイガン関係 | 20:39 | comments(0) | - |
              物欲に積極的に負けてみました
              0

                買っちゃったよ。前から欲しかったんですけどね。

                 

                 

                マルシン工業 EXB2 U.S.M1カービン

                 

                 

                この商品、ウォールナット(クルミ)とブナの2種類のウッドストックがリリースされてまして、私が買ったのは値段が安いブナストックの方。ガスガンで一般的に用いられているHFC134aではなく、Co2(炭酸ガス)をパワーソースに使うシリーズの1本です。Co2をガスガンのパワーソースに使う事に関しては以前、主にデジコンという会社の固定ガスガンにCo2を減圧せず使い、ボールベアリングの球などを発射する改造とそれを悪用した事件が多発し、遊戯中の威力に法規制が入り、業界全体も自主規制する事になったという経緯があり、未だ賛否あるようです。

                 

                ただ、気温の低い冬季ではロクに動かないHFC134aに比べて気温に関わらず安定した動作が望める上、代替フロンであるHFC134aより圧倒的に環境負荷が少ない長所も。このマルシンのEXB2はCo2をパワーソースとする危険性を鑑みて警察等とも協議して開発されており、改造等への対策もなされたれっきとした合法品です。

                 

                 

                M1ガーランドを寸詰まりにしてトリガーガード前に箱型弾倉を突っ込んだようなデザイン。元々は小銃では重い上に取り回しが悪く、短機関銃では重い上に射程が短い、拳銃は軽く便利だが射程、威力共に乏しい上熟練には訓練が必要、という事で、下士官や後方部隊、戦車等の車両搭乗員の自衛用といった用途向けに開発された小銃。ある意味最近で言うPDWのはしりと言えるのかも。

                 

                形状はM1ガーランド等のフルサイズ小銃と比べるとややずんぐりむっくりした印象ですが、その分取り回しは楽そうな印象。リアルウッド仕様で金属を多用している見た目の割に、構えてみると意外と軽量です。剛性も結構ありそうな感じです。

                 

                自衛隊創立期…警察予備隊発足時に米軍から貸与されたので、古い怪獣映画などでその姿を見る事が出来たり、現在では自衛隊に89式小銃を供給している豊和工業が民生用としてこのm1カービンをベースにした豊和M300を開発していたり、と日本には割と縁のある銃かと。

                 

                 

                トリガー周り。

                マガジンの付け根にある突起がマガジンリリース。その後ろの小さいレバーが安全装置です。

                この辺は同じ国の後輩にあたるM14とかにも似てますね。

                 

                 

                パワーソースの12gCo2ボンベはマガジンに挿入します。蓋をして専用冶具で奥までねじ込めばオーケー。

                この辺は同シリーズのFive-seveNと共通。

                ついでにスペアマガジンがクソ高いのも共通。(苦笑)

                 

                 

                サイトピクチャ的な構図。

                リアサイトはヴィンテージ、エレベーション共に調整可能です。

                 

                …で、撃ってみたんですが…いや、笑っちゃいます。笑っちゃう程凄い。

                カービンとはいえ長物なのでそこそこ重さがある分反動は然程感じないんです。むしろFive-seveNの方がハンドガンだけあってブローバック時の反動は強く感じる位。でもなんだ、期待外れか…なんて事は全然なく、先ず発射した時にバスッという音が迫力満点!!機関部から噴き出るガスの飛沫と相まって、玩具ながらも「銃を撃ってるんだ!!」という気にさせてくれます。

                この辺、次世代とかはともかく電動ガンはほんっとツマラナイですからね。ありゃあ銃じゃなくて電動工具ですよ。

                 

                さて、Co2ガスガンの是非に関してですが…私はアリだと思います。いくら改造防止策を講じても、ある意味天才な奴がそれすらも乗り越えて改造する、だからCo2は不可、みたいな意見は少々建設的でない気がしますし、それを言い出したら現行のHFC134aガスガンにだって危険性というのはゼロじゃない。そうなると結局はファンの使い方、モラルになっちゃう訳でね。

                ただ、今後環境負荷の高い代替フロンであるHFC134aを使用し続けるのは、環境負荷によりガス自体の製造停止、ガスガン用ガスの値段が高騰…なんて事になったらおしまいですし、一応東京マルイは「これで満足しとけ」と言いたげな代替ガスをリリースしてはいますが、性能的にはいまいちってのが現状。HFC134aに代わるパワーソースとしてCo2の可能性を閉じちゃうのは、少なくとももったいない気がしてしまうんですよ。

                 

                と、いいますか…なんだかんだ言ってもガスが将来的にコケても、東京マルイには電動ガンのシェアがある訳でね、殆どガスやエアーコッキングのその他メーカーとは状況が違いますよね。その本気度にいささか疑問があったりするんです、個人的に。

                 

                「ガスがダメなら電動ガン買えばいいじゃない」

                 

                的に根っこの部分で考えているんじゃねぇかな、と。実は昔、マルシン工業がUZIの電動ガンを発売した事があったんですが、コレに関してもマルイが嫌がらせまがいの事をした、なんて話も聞いた事がありますしねぇ…。

                 

                ともあれ、マルシン工業は埼玉県川口市の会社。同郷として応援しています。

                | 零哭堂 | トイガン関係 | 21:13 | comments(0) | - |
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << October 2018 >>
                + SELECTED ENTRIES
                + RECENT COMMENTS
                • ゴルゴムの仕業?
                  零哭堂 (10/01)
                • ゴルゴムの仕業?
                  1 (10/01)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  零哭堂 (09/24)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  進撃の無職 (09/24)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  零哭堂 (09/23)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  進撃の無職 (09/22)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  零哭堂 (09/22)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  進撃の無職 (09/22)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  零哭堂 (09/22)
                • ビルに飲み込まれ、街にはじかれて、それでもその手を離さないで
                  進撃の無職 (09/21)
                + CATEGORIES
                + ARCHIVES
                + MOBILE
                qrcode
                + LINKS
                + PROFILE