土建屋探偵シリーズ17 建設小町純子の推理日誌 再開発事業に潜む殺意の連鎖    夜の現場に消えた死体と敏腕所長の隠された過去

自己満足ブログ
上司が何を考えているのか分からない件
0

    時間がある時にせこせこ書いとかないとな!!

    今度はコレ、見てみました。

     

    テレビアニメ 「旦那が何を言っているかわからない件」

     

    クール教信者氏の作品は本作を皮切りに「小森さんは断れない」「小林さんちのメイドラゴン」と立て続けにアニメ化されてますね。この「旦那が何を言っているかわからない件」は自身のHPやpixivに投稿していた作品が原作で、以降の作品に比べるとかなり作画が砕けているというか、落書きライクな書き方…枠線ですらフリーハンド、という作風です。そんな見栄えをあまり考慮していない作品でも、今の時代はアニメ化されるんですから凄い時代ですね。

     

    …ネタの面白さは勿論なんだけども、慢性的な原作不足ってのもあるんだと思うんだ、アニメ業界って。

     

    ちなみにこのアニメ、この前記事書いた「大家さんは思春期」と同じくショートアニメ。こちらは5分枠アニメです。

    制作したのはやっぱりショートアニメだった「森田さんは無口」を作った所と同じアニメーションスタジオ・セブンという所。「森田さん」も大して話題にはならなかった気はしますが、実は2期が制作されましたが、本作も2期「旦那が何を言っているか分からない件 2スレ目」が制作されてます。

     

    中身は、基本的には大きく原作を逸脱したネタはありません。作画面でも大きな変更や冒険は無く、手堅い作りのアニメではあるんですが、カオルさんが泥酔しちゃうエピソードは確か原作にはなかった気がします。ただこのエピソードでのカオルさんの可愛さは尋常じゃなかったり。こんな可愛いヨメなら私でも欲しくなっちゃうぞ、と。(笑)

     

    ただ、コミックスで5巻分を端折って2人が子供を授かるまでを1クール…しかも5分アニメでやっているので、原作の主要エピソードを引っこ抜いたダイジェスト的な作りになってしまっている印象はアリ。尺自体が短く話もポンポン進むのでテンポが良いんですが、人によっては慌ただしく感じてしまうかも。

     

    私の場合、アニメ化する前に原作読んでたクチなので個人的な印象だけで言ってしまうと、カオルさんと旦那の声はキャラクターにもマッチしているし、やり取り自体もホントの夫婦みたいな感じで好印象。特にカオルさんの可愛さは何といいますか…原作以上に感じられて、原作読んだ時の個人的なイメージだけで言えばもうちょっとハスキーな声だったんですが、アニメ版のカオルさんの声を聴いていたら…うん、コレで…いやむしろコレがいいな、と思ってしまった次第。

     

    カオルさんを演じたのは田村ゆかりさん…ここ10年近く、マトモに見たアニメは「ガールズ&パンツァー」位なワタクシ…当然、最近の声優にはとんと疎い私でも名前くらいは知っている方ですが、具体的に何やってる人なの?と思い立ったら吉日、wikiで調べたら…ほうほう、HPの方で取り上げた事があるゲーム「東京魔神學園剣風帖」で主人公達をサポートしてくれる新聞部の杏子とか、「ステラグロウ」で一番おいしいポジションのヒロイン・ヒルダ…え!?「爆走デコトラ伝説」の最初の奴で文次郎さんに一目惚れされるキャラクターもこの人じゃねぇか!!

    オッサンビックリですわ。

     

    他のキャラクターも大体違和感は感じませんでしたが、唯一…ディスティニーファッカーこと三木さんの声はもうちょっと低めの声の人の方が良かったんじゃないかと。アニメ版の声だとやや女の子っぽく感じてしまいました。後、エンディング曲がデュエット曲なのが良かったです。尺の都合でサビしか流れないので、フルで聴いてみたいなぁ…流石にCDまでは手が出ませんが、Amazonのデジタルミュージックとかでないか探してみるかね。

     

    アニメの曲でデュエット…と言うと、私は

     

    コレなんですよね。(笑)

     

    ともあれ、原作…というか、クール教信者氏の作品全般で言える物語の上下動…ネアカとネクラが混在している様な振れ幅もちゃんとあって、コミカルなだけでなく時に重かったり、と面白く見られました。全話見ても一時間程度だし気楽に見られましたしね。

     

    2期の方もそのうち見てみようかな、と。

    | 零哭堂 | アニメ | 01:06 | comments(0) | - |
    管理者は壮年期
    0

      まぁ人それぞれではあるんでしょうが、ワタクシの年齢になりますと…例えば30分アニメのマラソン視聴とか1クールくらい平気でいけた20代と違って、2時間の映画1本見るのにも気合が必要になってしまいます。ダラダラ見る分には大丈夫なんですが、真剣に見るとなるとね、案外体力を使うもんですから。

       

      そんな訳で、今回はコレ、見てみました。

       

      テレビアニメ「大家さんは思春期!」 全12話

       

      …ロロロロリコンちゃうわっ!!(笑)

       

      原作は芳文社系の4コマ漫画で、内容は、新卒社会人の前田さんが就職の為上京、不動産屋に勧められたボロアパートに転居するとそこには美少女中学生大家さんのチエちゃんや巨乳美人のお隣さんが…というコメディ。この手の設定ですと、ハーレムモノやラブコメ的なイメージを抱きがちだと思うんですが、この「大家さんは思春期」はヒジョーに健全な作風で、一応銭湯のシーンなんかはあるもののエロ要素は薄目…皆無に近いレベルです。美少女JC大家さん萌え漫画…と言われれば半分正解で半分違っている様な感じ。前田さんも作中で言及してますが、どちらかというとチエちゃんを愛でる漫画…って、それじゃあ萌え漫画って事じゃねぇか!!(笑)

       

      う〜ん…基本的に「萌え」という言葉がそのアバウトさ故にあまり好きではない私には説明が難しいんですが、チエちゃんの可愛らしさを愛でる、というだけではなくその成長っぷりなんかをまとめて見守る的な、言うなれば劇中での前田さんや麗子さん…いや、むしろご近所のお年寄りの方々と同じような視点といいますか。

       

      例えるなら、姪っ子、もっと言えば自分の娘とかを見守る感じでしょうか。そこには当然性的な視点はない訳で、私などは「大家さんは思春期」で検索すると結構な頻度で本作を題材にしたエロ同人誌とかが引っ掛かって、なんだか娘とか姪っ子が素人AVに出ているのを見つけてしまったような…そんな感覚を。(苦笑)

       

      で、このアニメ…全12話で1巻です。ええ、ショートアニメです。1話辺りたった2分です。12話で30分行きません。(笑)

      そういう訳で、さらっと見れてしまいます。「森田さんは無口」とか「旦那が何を言っているのか分からない点」とか「北斗の拳イチゴ味」なんかと同様です。

       

      中身は…原作に忠実ですね。声優さんも各キャラクターにマッチしているかと。前田さんと麗子さんの漫才的なやり取りはワタクシの脳内イメージにかなり近く好印象でしたね。後、オープニング…ショートアニメのお約束で主題歌が大幅にカットされているんですが、オープニングの映像の最後の方、「思」「春」「期」の文字がパッパッパッて切り替わるシーンがあるんだけども、コレってラブコメの傑作「めぞん一刻」のアニメの最初の主題歌、斎藤由貴さんが歌っていた「悲しみよこんにちは」の冒頭シーンのパロディですよね。同じおんぼろアパートを舞台にした作品、という事でのリスペクトでしょうか。

       

      後、オープニングで大体30秒くらいでしょうから、実質尺は1分半位な訳で、その尺に合わせようと声優さんがかなり頑張ってるのが伺えますね。チェちゃん役の人なんか、台詞が多いから結構な早口になっちゃってます。まぁそこも微笑ましいかも。

       

      まぁ、流石に2分は短すぎかな、とは思うんだけども、こういうショートアニメって嫌いじゃないのでもっと色々やって欲しいかな、と思ったり。中々見れない私が言うのも何なんでしょうけど。

       

      ついでに原作の方の最新刊も。

       

      水瀬るるう 「大家さんは思春期!」 9巻

       

      出たばかりの9巻です。

      チェちゃんは林間学校でアパートに不在…という、意外な事に今まで描かれなかったパターンが登場。チエちゃん不足で禁断症状状態の麗子さんがヒドイ事に。他にもチエちゃんと料理部4人娘&麗子さん、アサミちゃん、なっちゃんの浴衣姿など見どころの多いエピソード多数でした。カバー裏のフォークダンスでは佐々木君に悲劇が。(笑)

       

      それと今回、小倉なるチエちゃんの同級生の男の子キャラクターが追加。今まで名前付きの同級生キャラクターはストーカーの佐々木君位しか出てませんでしたから、今後どう絡めるのか、それとも使い捨てになっちゃうのかが気になる所。浴衣会でも出番があったので、「森田さん」で言う所のクラスメイト二人みたいにちょくちょく小ネタで出て来るんですかね。 

       

      次は大台の10巻、長寿作品になりつつありますが果たして何処まで続くのか。

      出来る事ならこのほんわかとした作品、ず〜っと見たい気もしますが、まさかサザエさん時空にする訳にはいかない訳で、不安と期待が半分半分…どうなりますやら。

       

      そんな訳で、アニメと漫画のダブル解説でした。

      | 零哭堂 | アニメ | 22:06 | comments(0) | - |
      懐かしい
      0

        ブログを本格始動させてから毎日記事を書けてます。

        環境が変わると筆も進む、という事でしょうかね。

         

        今回はコレ。

         

        「BLUE SEED」 1994年 テレビアニメ

         

        島根の片田舎に住む少女・藤宮紅葉は実は奇稲田姫の末裔で、自らを人柱にすることで荒神を鎮める力を持っていた。その事で彼女を狙う荒神に襲われた所を謎の男・草薙に救われる。各地で活発化する荒神の活動の影に、死に別れた筈の姉・楓の姿を見た紅葉は、国土管理室の一員となり、人柱という自らの運命に葛藤しながら荒神と戦う。

         

        …というのが概要。

        原作者に「3×3EYES」で人気を博していた高田裕三氏を迎え、漫画版も「碧奇魂ブルーシード」の名前で連載。主役の藤宮紅葉には当時人気絶頂だった林原めぐみさん…という強力布陣で、しかもテレビ放送するにはややマニアックなきらいがあるネタを持ってきた…という事で、後年続く、所謂オタク向けアニメの先駆けといえる作品でした。

         

        特に林原さんは、今の若い子は「エヴァ」の綾波レイの印象が強いんでしょうが…特に90年代後半の活躍はもう凄いもんでした。もう、アニメ見てれば彼女の声を聞かない日はない…というレベルで、あかほりさとる氏の作品なんか、もう彼女が主演する前提でアニメ化されたのでは?と疑う程の主役率の高さで、主題歌とかもバンバン歌ってましたね。声優としてだけではなく、アルバムCDとかもバンバンだしてたんですよね。今じゃ声優が歌手としてレコード会社と契約したりするのは当たり前、アイドル声優が紅白に出る時代ですが、彼女はそのはしりと言える人です。

         

        …といっても当時の知り合いに林原さんの熱心なファンはいたものの、私自身はあまり…基本声優とかに拘りがないので、別段ファンだったりした訳ではないんですが、ただ彼女、本業はあくまでも裏方としての声優、という矜持を持ち続けている人で、歌手としてのコンサート活動をアフレコに支障が出ると断っていたり、ファンを区別する事を嫌い歌手として人気を得てもファンクラブを作らなかったりした、という逸話にはプロとして立派だな、と思っています。

         

        で、なんでこの作品を紹介したのか?というと、部屋を掃除していたら机の裏から埃まみれになったこの作品の主題歌シングルCDが出てきたからだったり。買っていた事すら覚えてませんでしたが。いつ買ったんだっけ?

         

        「CARNIVAL・BABEL 〜カルナバル・バベル〜」という歌。オープニング映像とかもyoutube探せば見つかるかと。

        最初のCGのチープさが時代を感じさせますが、チラッと映る自衛隊のOH-1とか、90式戦車がカッコいい一品です。(笑)

         

        ちなみにこの歌を歌っているTAKADA・BANDの特徴ある男性ボーカル、実は声優の立木文彦さん。「エヴァ」の碇ゲンドウや「銀魂」のマダオ、「世界の果てまでイッテQ」のナレーションとかやっている人です。

         

        この「ブルーシード」は私なんかの世代にはコレがキッカケでオタクの泥沼にはまった…という人が少なくないんですね。実は元々はOVAとして企画されていた作品を強引にテレビアニメにした作品らしいですから、そういう素養を持つ人を引きずり込む魅力があったのでしょう。

         

        ただなぁ…肝心の私は中身、あんまり覚えてないんだよなぁ…この作品。(苦笑)

        | 零哭堂 | アニメ | 21:25 | comments(0) | - |
        好きな「アニメ」なんかある?
        0

          好きな「アニメ」なんかある?
          はじめたてにつき色々機能をお試し中です。

           

          「ドラゴンボール」も「Z」になる前…マジュニア戦までなワタクシですが、あれだけ若い頃はまっていた「ガンダム」も今は割とどーでもいい存在に。

          まがりなりにも"ロボットアニメの感想サイト"をやっていた身なので、その中で印象に残っているのを挙げると

           

          「装甲騎兵ボトムズ」(OVA「赫奕たる異端」まで)

          「伝説巨神イデオン」(劇場版「接触編」「発動編」含む)

          「蒼穹のファフナー」(劇場版「HEAVEN AND EARTH」まで)

          「ジャイアントロボ the annimation 地球が静止する日」

           

          といったところ。その辺の感想は「大惨事」でも見てもらうとして、非ロボで揚げるとすれば、

           

          「あしたのジョー2」

          「シティーハンター」

          「ルパン三世」(part2まで)

          「未来警察ウラシマン」

           

          とかこの辺。後、現行で患っているのは「ガールズ&パンツァー」ですわ。

          番外編で「北斗の拳 イチゴ味」とか良かったです。

           

          | 零哭堂 | アニメ | 22:34 | comments(0) | - |
          「シティーハンター」の曲と言えば
          0

            本家掲示板の方でちょっと話が出ましたが、アニメの「シティーハンター」といえば、やっぱり初代ED曲「GET WILD」が有名だし人気。でも、OPとED合わせて「映像」で一番私が好きなのはコレだったりします。

             

             

            まぁ、曲は正直あんまり…なんですが。(笑)

            でも、効果音が入ってるOPとかEDって、良いよね。

            | 零哭堂 | アニメ | 21:37 | comments(2) | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE